FC2ブログ

2019.06.28 (Fri)


文在寅はサミボッチと嘆く韓国メディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

身から出た錆とも気付かずに

大阪G20で文在寅が安倍首相に冷遇されていると韓国のメディアが嘆いている。
2国間の国際条約を一方的に破るような国に対する当然の対応である。
その恨み節の抜粋をご紹介すると・・・

中央日報(2019/6/26)
「安倍首相、文大統領除く首脳19人と会談」…きょうマクロン仏大統領からスタート


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談はスケジュールから抜けている。

中央日報(2019/6/28)
略式会談さえなかった…文大統領-安倍首相、「8秒握手」で終わり


20190628009.jpg

8秒間の握手がすべてだった。主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれている大阪で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相は首脳会談はもちろん、他の会議中にしばらく席を移して対話をする略式会談もなかった。

会話もせずに8秒間の握手とは長すぎる。
それに安倍首相は文在寅を見ているのに文はカメラ目線だ。

中央日報(同上)
東アジア平和会議「韓日首脳会談を避ける安倍首相に失望感」


東アジア平和会議は李洪九元首相や李富栄元議員ら社会元老が参加している韓国の市民団体だ。
最近の韓日関係に関しては「G20サミットの主催国である日本の安倍晋三首相が東アジア平和のために共に動いている隣国・韓国の文大統領との首脳会談を避けようとしている姿勢に、韓国国民は深い失望感を感じている」と指摘した。


なんだ反日市民団体か。
韓国国民は失望する前に、その原因は何か胸に手を当ててよく考えるべきだ。

安倍首相は韓国を冷遇し、中国とは関係を深めていると嫉妬心をメラメラと燃やしている。

中央日報(同上)
韓国をパッシングする日本「中国は永遠の隣国」


G20議長国の日本が韓国とは首脳会談も行わない半面、中国とは「大国関係」を強調してスキンシップを強化しているという懸念も出ている。

安倍首相も集金ペイの一帯一路の危険性は十分承知の上で金ペイを手なづけているのである。

中央日報(同上)
韓日米首脳会談は立ち消え、日米印の首脳同士が集結


北朝鮮の核問題に関し、日米vs中露朝の構図が強まるなか、日米両首脳がかなりの時間を割いて北朝鮮問題を議論したという意味だ。
日米協調と日本側の会見で頻繁に登場した「日米韓共助」という表現は今回は使われなかった


韓国は蚊帳の外だと嘆いている。
なぜなら中露朝の「朝」は北朝鮮ではなくて今や「朝鮮半島」になったからである。

中央日報(同上)
文大統領、激しい雨の中で屋根なしタラップ…日本冷遇論に青瓦台「礼を尽くすため」


20190628006.jpg

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日午後、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれる大阪に到着した。激しい雨が降りつける中、文大統領が自ら傘を差したまま、屋根がないタラップ(階段)から空軍1号機を降りてきたことに対して、一部では「日本側が冷遇した」という指摘が出たが、青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこれを否定した。
青瓦台はこの日、記者団に送ったSMS(文字メッセージ)を通じて「空港到着時、開放型タラップを設置したのは写真取材の便宜などを考慮した韓国側の選択」としながら「雨に少々打たれても、歓迎に出てきてくださった方々に礼を尽くすためのものでもある」と説明した。


日本のテレビもこの様子を報道していたが、何ともブザマで哀れな姿だった。
せめて随行員が後ろから傘をさすとかできなかったものか。
他国の首脳が屋根付きのタラップを使ったというのに、青瓦台の明かなチョンボだ。
高価なカメラなどの器材が濡れる事をおそれて、カメラマンなど一人も居ないではないか。
その上、文は自分だけは濡れまいとして傘をさしているから、夫人の半身がずぶ濡れではないか。

本当は日本政府が冷遇したのかも知れぬ。

産経新聞系のZAKZAKが文在寅の発言に呆れている。

ZAKZAK(同上)
せっかく首脳が集まってるのに…韓国・文大統領は“身内”在日同胞と晩餐会
日韓関係について仰天発言も


 G20で来日した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、大阪市内で在日同胞と晩餐(ばんさん)会を開いた。世界各国の首脳らが集まる絶好の外交チャンスでありながら、身内といえる同胞と夕食をとるあたりに「韓国の孤立」がにじむ。自身が壊した日韓関係についても、仰天の発言をしていた。
 「両国は隣人であり古くからの友人」「どんな困難があっても『揺らぐことのない韓日の友好協力関係を築く』ために努力する」


レーダー照射、天皇陛下(当時)への謝罪要求、徴用工などの反日行動を指摘した上で・・・

G20に合わせた安倍晋三首相と文氏の日韓首脳会談が見送られたのは、至極当然のことだ。
 前出の晩餐会には、在日本大韓民国民団(民団)の幹部や韓国人経済人、有識者ら約400人が招待された。民団幹部が文氏を歓迎するあいさつで、現在の日韓関係悪化が同胞の生活に大きな影響があると指摘したという。その原因の大半は韓国・文政権にある。


「原因の大半」ではなくて「原因のすべて」である。

一方、朝日新聞系の「論座」は安倍首相コテンパンである。

論座(同上)
安倍外交は採点不能、よくて赤点 参院選前に総括
現場取材20年の記者が憂う日本外交の劣化
藤田直央朝日新聞編集


「採点不能」のわけ
 評価のベースが「採点不能、よくて赤点」である理由は、安倍政権が官邸主導の名のもとに、日本外交に関する国民への説明責任を著しく劣化させたからだ。


国民はいちいち安倍首相に説明して貰いたいとは思っていない。
第一、今迄の首相はいちいち日本外交について語ったことがあるのか。
それに比べて、安倍首相は日本の外交スタンスを遥かに具体的に説明しているではないか。

安倍首相の考えを国民に伝るのは朝日新聞などのメディアの仕事だろう。
朝日新聞は安倍首相の葬式を出す事しか考えていないので「採点」出来ないのだ。
採点できない朝日新聞はメディア失格である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:03  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |