FC2ブログ

2019.04.03 (Wed)


新元号「令和」にケチつけるテレ朝「モーニングショー」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

坊主(安倍首相)憎けりゃ袈裟まで憎いと

新元号「令和」に速攻でチャモンを付けたのは石破茂センセと左翼政党。
それと反日サヨクメディアだった。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(2019/4/2)
「典拠は国書がいい」安倍第一次政権からこだわり


20190403000.jpg

青木理
「そもそも元号というのは政府というか、時の支配者が時まで支配するというある種の歴史を持つもので、それをどう捉えるかというのは人それぞれだと思うが、ちょっと残念だったのは、昭和から平成の改元の時は昭和天皇の死去を伴ったので、なにか凄い自粛ムードで自由な議論はあまり出来ないような雰囲気だった。
今回は生前退位だからいろんな事が議論できる余地があるのに、天皇制そのものとか、皇位の継承の問題とか女性天皇の問題とか、ほんとはもっと議論すべきだったのに、なんか元号フィーバーみたいになって終わっているところがボクはちょっと残念だなという感じがしてる」


「天皇制」は共産党用語であり、そんな制度はない。
女性天皇を論じたいのはやはり共産党や反日サヨクだけである。

20190403002.jpg

菅野朋子(弁護士)
「日本由来の物から取りたいという思いが強いということは聞いている。
ただ万葉集でも元々は中国の文化を受け継いでいる。影響は多分出ている筈だと思うので、まったく関連していないという訳ではない」


中国との関連を強調したい弁護士。

20190403001.jpg

玉川徹
「巧言という字は知ってる。後ろは知らないけど」


おいおい、タマガワくん、そんな常識も知らないでよくコメンテーターが務まるものだ。

20190403003.jpg

本郷和人(東大教授 歴史学者)
「皇太子殿下は今度天皇陛下になるわけでしょ。
それで『令』の字は相応しくないんだよね
皇太子殿下は日本史の研究者だから古文書を読んでいる。絶対知ってる。
だから『うーん、俺には合わないなあ』と思ってらっしゃると思う」

菅野
「そんなに詳しくなくても、一般的に、昨日テレビ観てたら、『令』はやっぱり命令の『令』だよと言ってる人が一番多くて、感覚的にも一般的にそう思う。
例えば「逮捕令状」とか。「令状」を私は一番思いついた

『和』は昭和で最近使っていたのでちょっとなんか新鮮味がないなと思った」


一番多いとは何を根拠に言っているのか。
否定的なパヨクテレビのフェイクニュースを信じている。
弁護士などというものはこの程度か。
あっ!職業差別になるので訂正。

青木理
「辞書を引くと一番最初に出てくるのは「命令」だったりとかある言葉だ。
今日の朝刊でも各紙分析しているが、令というのは上が人でかしづくというものから来ているということだから、そっちの印象を持つ人は明らかに居る」

菅野
「人の名前なら全然いいと思うけど、内閣が、権利側が使うというのはちょっとどうなのか


「全然いい」などと日本語もろくに使えない女が何を言うか!

あ、これは女性蔑視のヘイトだから後ろに手が回る。訂正。

本郷
「なになに「せしむ」の『使役』だ。だから『和せしむ』。
どっちみち、なんか、自分から何か自発的にやるんじゃなくて、上から何かを、平和になりなさいという風に指示されてる感じになっちゃう

羽鳥慎一(CM)
「そうかあ!そうなんだあ!」

本郷
「それと元ネタが中国と関係無いというが、日本の古典で花といったら桜だ。
中国では梅だ」

20190403006.jpg

玉川
「結局、名は体を表すということかなあというのが第一印象だ
どういう風な意味を込めたかは別にして、自然と表れてしまうんだろうなと言うのが第一印象だ。
何で国書から選びたいのかなと考えると、今迄の歴史と伝統は中国の古典から取るという事が正に歴史と伝統だったわけだ。
それが嫌だったわけだ。簡単に言えば。
なんで嫌だったんだと言ったら、中国に典を取るということが嫌だったという感覚だと思うで、そういうものでいいの?という感覚だ」

羽鳥
「何か前向きのコメントはないですか?このままでは心が折れそうで続けられない」

心が折れそうと言いながら、嬉しそうな羽鳥。

青木
「もっと早くても良かった。なぜ4月1日になったかと言えば保守派の人達、つまり右派は天皇の即位と同時に発表せいと言ったのを折衷案でこうなった
年号をこの時期に発表したことで、いろんな混乱が起きているということも考えるべきだ」


(中略)

青木
「中国との結びつきは歴史的、伝統的なものであって、本来の保守であれば、そこを守っては然るべきだ。安倍総理自身もそれを強く支持する安倍さんのコア層も保守ではなくてナショナリストだ。
それが今回分かった」


4月1日の当番組の玉川徹のコメントとまったく同じ。

青木
「令和も結局、おおもとは漢籍ということだ」


などなど、一般庶民は「令和」歓迎しているのに、テレ朝などに反日サヨクメディアはネガティブな演出に必死という感じであった。

万葉集の本が飛ぶように売れているという。
それだけでも朗報である。
日本人なら万葉集は必読だからである。

伝統などどうでもいい反日サヨクのテレ朝コメンテーター達は万葉集など恐らく読んでいないに違いない。

いずれにしてもパヨクテレビが必死になって否定しようとしている「令和」は、それだからこそ、素晴らしい元号であることは間違いない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:28  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |