FC2ブログ

2019.03.08 (Fri)


官僚の言葉尻を捉えて激怒する野党の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国会の劣化はテレビ向け演技をする野党のせい

6日の衆院予算委員会で千葉の恥、ダイビング小西が質問に立って安倍首相の人身口撃を行った。

20190308001.jpg

20190308002.jpg

これに対し、横畠内閣法制局長官が「声を荒げて発言する」と揶揄し、それに野党が「ニヤニヤ笑って答弁したから馬鹿にされた、思いあがっている」と怒って謝罪を求めた。

20190308003.jpg

それは馬鹿にされるだろう。

いまの国会はとても子供に見せられるようなものではない。
野党が与党や官僚の言葉尻を捕まえて、国会で罵詈雑言を浴びせたり、一斉に議長席に詰め寄ったりする様は日本の恥である。

今日、横畠長官は収拾を図って委員会で謝罪した。

20190308004.jpg

しかし、立憲民主党の杉尾議員が大袈裟に「憲政史上に一大汚点を残した」と辞任を要求した。
安倍一強政治で野党の存在感が一層薄れるなか、野党が展開する国会論戦こそ憲政史上の一大汚点である。
野党は政策論争で安倍一強政治に立ち向かわなければ、有権者はますます野党を見限ることになるだろう。
それに気づかぬ野党はもう見捨てるしかない。

「横畠裕介内閣法制局長官が野党質問を「批判」したとされる問題でも、実際には横畑長官が「このような場で声を荒らげて発言」と、やや皮肉めいた発言をしたとされる、それだけのことである。皮肉には皮肉で応酬する、といった洗練されたやり取りくらいはあってもいいと思うが、「どっちが偉いか分かってんのか、貴様」といわんばかりに官僚イジメをする国家議員の行動から、国民が何か利益を得られるとは思えない。
これによって安倍政権の驕りが見えた、とか大げさな結論を導き出そうとするのも、いただけない。挑発して相手の失点を狙う、というのは、ほとんど炎上ビジネスのようなものなのではないか。⇒(アゴラ横畑内閣法制局長官発言と国会における炎上ビジネス篠田 英朗)

まさに正論である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:48  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |