FC2ブログ

2019.03.01 (Fri)


米朝首脳会談決裂 各紙社説を読み比べてみた


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

やはり産経新聞がいい

喧嘩両成敗、高みの見物、上から目線が得意の朝日新聞はトランプ大統領の会談失敗と断じている。
その部分を抜粋すると・・・

朝日新聞
米朝首脳会談 実質交渉を仕切り直せ


 ベトナムで開かれた2回目の米朝首脳会談は、事実上決裂して終わった。あれほど楽観していたトランプ大統領の言葉は何だったのか、空しさが漂う。

 国同士の問題の解決は本来、事務方の地道な交渉の積み重ねを要する。それを経ずにいきなり首脳会談に踏み切ったトランプ流の外交を本紙社説は「賭けに近い実験」と評した。

 金氏は核・ミサイル実験については今後も控えると述べたという。だが、国連の専門家による調査では、北朝鮮は開発をひそかに続けているとされる。

 そのうえで対米交渉に強気で臨む金氏は、米国の内政で苦境に立つトランプ氏の足元を見たのかもしれない。そもそも、核を本当に完全放棄する用意があるのか疑念は尽きない。


(足元を見たと言うよりも世間知らずの傲慢な餓鬼大将というべきだろう。
お土産も持たずに最初から「全面的な」経済制裁の停止を求めた金正恩は世間知らずのお馬鹿さんである)


 このまま膠着(こうちゃく)状態が長引けば、結果として、北朝鮮が自称する核保有国としての地位固めにつながりかねない。非核化をめぐる交渉が核軍縮協議になれば、北朝鮮の思うつぼだ。

(朝日新聞が疑問視する経済制裁をより一層強化することだ。国連決議を守らずに北朝鮮を援助する韓国も徹底的に締め上げる)

 会談後の記者会見でトランプ氏は、日本と韓国との連携に触れ、「築いてきた信頼を損ねることはしたくない」と語った。そう考えるのなら、今後は拙速な外交を改め、堅実で周到な朝鮮半島政策を進めてほしい。

(同盟国アメリカの大統領に「拙速な外交」と批判するより、手ぶらで会談に臨んだ金正恩を批判すべきだろう
トランプ大統領が「俺はニューヨークタイムズに勝った」と言い、それに応じて安倍首相が「私は朝日新聞に勝った」と言ったという逸話がある)。

毎日新聞
不首尾の米朝首脳会談 非核化で見えた深い「溝」


大統領再選をめざす同氏がノーベル平和賞を意識して朝鮮戦争(1950~53年)の終結宣言、あるいは南北経済交流を一部認める方向へ踏み出すとの観測もあった。
 こうした「前のめり」の姿勢を察知した北朝鮮は制裁全面解除という強気の要求を突きつけ、裏目に出た格好だ。
トランプ氏が非核化に向けて妥協しなかった点は評価したい。


とトランプ大統領を評価。
かと思うと・・・

「にもかかわらず決裂に近い結果に終わったことは謙虚に反省する必要があるだろう。」

と上げたり下げたり。

「トランプ氏は自らを交渉の達人のようにみなし、過去の米政権の北朝鮮対応を軽んじる言辞も目立った。今回、対北朝鮮交渉の難しさを思い知らされたのではないか。核をめぐる交渉では特に慎重さが求められる。まずはトランプ氏自身が自信過剰の傾向を反省しトップダウン方式を見直す必要があろう。」

とやっぱり落ちはトランプ批判。
そして最後は・・・

内政も難問山積だが、トランプ氏は米朝交渉に引き続き力を入れ、北朝鮮非核化の約束を守ってほしい。

と期待を示した。

読売新聞
米朝首脳会談 完全な非核化へ仕切り直しを


 「米国が拙速な合意を避け、協議継続を決めたのは当然である。交渉戦略を練り上げ、仕切り直しを図らねばならない。」

と安易な妥協をしなかったトランプ大統領を評価する一方・・・

「部分的な非核化と引き換えに、制裁の全面解除を求める金委員長の主張は到底容認できない。」

と金正恩を批判。

「日本は、核・ミサイルと拉致問題の包括的解決に向けて、米国との連携を深めていかなければならない。」

と日米連携の深化を提言。

産経新聞
【主張】米朝合意見送り 最大限圧力の原点に戻れ トランプ氏の退席は妥当だ


「北朝鮮が示した非核化措置は極めて不十分だったということだ。米国が制裁の完全解除要求をのまなかったのは当然である。」

・・・と冒頭から北朝鮮を批判。

「浮き彫りになったのは、微笑を前面に「非核化する」と言いながら、実際には核・弾道ミサイル戦力の保有にこだわり続ける北朝鮮の頑(かたく)なな姿勢である。」

「金委員長は、対北制裁の完全解除を要求した。核・ミサイルの放棄を求め、国際社会が国連安全保障理事会などで積み上げてきたものだ。容易に応じられない。」

 「今回の首脳会談に対する大きな不安の一つは、最小限の措置を小出しにして、米国から最大限の譲歩を引き出そうとする、北朝鮮得意の「サラミ戦術」にトランプ氏が取り込まれることだった。そこに至らなかったのは幸いだ。」

「北朝鮮の時間稼ぎが続けば、トランプ政権の対応が軍事的圧力へと傾斜する可能性もある。金委員長のとるべき道は一つしかない。世界が納得できる非核化措置を示し、速やかに実行することだ。それなしに北朝鮮の未来はない。」


こうして読み比べると、朝日新聞の異様さが分る。
やはり産経新聞が一番妥当と思うのは思い過ごしか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:02  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.01 (Fri)


米朝首脳会談決裂 日本のメディアの報道姿勢で分ること


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

金正恩に妥協しなかったトランプ大統領は正解

トランプ大統領はハノイからワシントンに向けて帰国するエアフォースワンから安倍首相に米朝首脳会談について電話で報告した。

安倍首相
「安易な譲歩を行わず、建設的な議論を続け、北朝鮮の具体的な行動を促していくトランプ大統領の決断を日本は全面的に支持する」


産経新聞は26日の社説【主張】で「米朝首脳再会談 政治ショーなら要らない」と題して・・・

「昨年6月の初会談は米朝の緊張緩和をアピールした。だが、「政治ショー」はもはや不要だ。その後、非核化で何ら進展のない事実を直視すべきである。

(中略)

 金氏から納得できる言質を得て停滞を打破する。そうでなければ交渉全体を失敗と認める覚悟がトランプ氏には必要だ。
 北朝鮮は、米国による「相応の措置」を求めている。制裁緩和などの見返りを要求するものだが安易に取引に乗ってはなるまい。


(中略)

 歴代米政権の二の舞いを演じたくないというなら、いまがトランプ氏の正念場だ。対北制裁の厳格履行を中心とする圧力路線を最後まで貫くべきである。」

と主張していたのは正しかった。
トランプ大統領は産経新聞の主張通り北朝鮮に対する圧力路線を譲らなかった。

しかし朝日新聞は米朝首脳会談が何ら成果を生まなかったことを・・・

「米朝首脳会談、合意見送り 準備不足の稚拙なトップ外交」

と揶揄し批判している。

トランプ大統領が金正恩に安易な譲歩をしてもらっては困るという日本人の視点ではない。

TBS「Nスタ」(2019/2/28)

津川卓史(TBS外信部長)
「やっぱりホワイトハウスはちょっと、ちゃんとした、体をなしていない」


とアメリカ批判。

しかし金正恩がトランプ大統領を甘く見ていたというのが真相ではないのか。
トランプ大統領は海千山千のビジネスマンで、お世辞たっぷりで相手を油断させるのは常套手段だ。

津川
「日本は出来れば韓国とも徐々に関係を作って行かないと、なかなか、ちょっと外されたりというような事が起きかねない。
今回は日本政府としてはちょっとホッとしたのではないか」


反日をますます強める文在寅との関係を改善せよと?
日本を貶める常套句、「日本は蚊帳の外」がまた反日メディアに復活しそうである。

20190228001.jpg

しかしトランプ大統領は北朝鮮に対する経済制裁は国連や日本も重要だから止めるわけにはいかないと発言している。
蚊帳の外に追い出されるのは北朝鮮に前のめりの文在寅の韓国の方だろう。

反日メディアはトランプ大統領が帰国すれば女優との不倫口止めを計った弁護士の証言で立往生するだろうと嬉々として報道しているが、金正恩こそ首脳会談に失敗して手ぶらで帰国すれば顔は丸潰れ、国民に対し示しが付かないだろう。

もっとも独裁政権の独裁者だから得意の処刑をほのめかせて批判封じをするだろうが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:32  |  -北朝鮮  |  TB(1)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |