FC2ブログ

2019.02.24 (Sun)


モリカケの夢をもう一度とTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

死語「忖度」を追い続けるメディア

国会は連日のように統計不正問題で安倍政権を追及している。

厚生労働省の勤労統計調査は前から杜撰だった。
民主党の事業仕分けで人手不足になりますます杜撰になった。
麻生財務相らが厚労省に精度を上げろと言われて数値を入れ替えた。
その結果ますます悪い数字が出て来た。
それだけの話である。
それを野党が新しいメールが出て来たなどと国会で政権与党を追求している。
明らかにモリカケ問題、古くは「消えた年金」問題の繰り返しであり、デジャヴ感に襲われる。

TBS「サンモニ」(2019/2/24)
統計手法の変更なぜ急転?


20190224001.jpg

寺島実郎
「政治セクターのあまりの自堕落という事にぞっとする。
統計不正と言うのは何となく上手く行ってるように数字が出ないだろうかという誘惑みたいな中にいつの間にか引き込まれ、さらに忖度がそれに掛け合わされるみたいな構図になってるんじゃないかという不安が多くの国民が感じてる所ではないか」

関口 宏(司会)
「そうかもしれません」

目加田説子(中央大学教授)
「政権が長期化するとこういった問題が出てくる。政治の責任だと思う。
直接指示があったとか無かったとかは関係ないと思う。
知らなかったでは済まされない」

20190224002.jpg

関口
「松原さん、有権者も多分辟易としてると思うんですがねえ」


賢い有権者は野党の下らない追求と反日メディアの大騒ぎに辟易しているだけ。

松原耕二(BS-TBS「週刊報道LIFE」キャスター編集長)
「何度も同じパターンを見せつけられるという感じがしますよねえ。
この政権は秘書官とか補佐官とか官邸官僚が如何に力が強いかということなんだと思いますね。
官邸官僚が総理の意向を受けて、あるいは忖度する事で下に忖度させるという構図が生まれているのではないか。
今回こそ事実関係を明らかにして欲しいとホントに思います」


忖度という言葉は聞き飽きた。
一年半以上も続いたモリカケの「忖度論争」で結論は出たのか。

薮中氏が問題の本質を突くコメントをする。

薮中
「国会自身が、野党もだらしないなあと思いますね。
もっと本格的な議論というものを、少子高齢化などの大きな議論をもっとやって欲しいなと思いますね」


関口 宏(アシスタントに向かって)「続けましょう」

水野真裕美アシスタント
「はい。EU離脱の道筋が定まらないイギリス。そんな中・・・」


完全に無視された(笑)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:23  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |