FC2ブログ

2019.01.23 (Wed)


韓国がまた威嚇飛行と難癖つける


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

広報おばさんの代わりに兵隊さんが出て来た

韓国駆逐艦の日本偵察機に対するレーダー照射事件は、韓国側が主張を二転三転して日本を非難した。
そもそも韓国の防衛部の広報担当のおばさんが「非常に無礼」などと日本に喧嘩を売るような発言をすること自体が異例である。

 日本の防衛省は22日、もう馬鹿らしくてやってられないと、レダー照射された録音を公表して日韓間の協議打ち切りを宣言した。

収まらないのは韓国。
今日、今度は離於島付近で海上自衛隊の哨戒機が高度約60~70メートル、距離540メートルに接近して威嚇飛行したと難癖をつけて来た。
証拠写真など一切無い。
前回、証拠のつもりで公表した写真が、逆に低空飛行していないことを証明してしまったので、出せないのだろう。
まるで駄々っ子である。自衛隊が担当者会議を中止したのは正解であった。

いままで度々露出していた広報おばさんの代わりに、軍服姿の韓国の兵隊さんが出て来たのも韓国側のあせりが見える。

朝日新聞(2019/1/23)
「日本の哨戒機、低空で威嚇飛行した」韓国国防省が抗議


20190123001.jpg

韓国軍合同参謀本部は23日、日本の哨戒機が東シナ海の暗礁「離於島」付近で同日午後2時3分ごろ、韓国海軍の艦艇に低空で接近する威嚇飛行を行ったとして強く抗議すると発表した。「明確な挑発行為」と認定したうえで、「再び、このような行為が繰り返される場合、我が軍の対応行動規則にしたがって強力な対応を取る」として、対抗措置の可能性を示唆した。 鄭景斗国防相は同日、韓国記者団に対し、「(今後同じことを防ぐためには)使える手段をすべて利用して警告し、一定の範囲内に入った場合は自衛権的措置をとることを正確に日本側と合意し、実行しなければならないのではないか」と述べ、武力使用を含む対抗措置に言及した。
 発表によると、哨戒機は海軍艦艇が明確に識別できる状況にありながら、距離約540メートル、高度約60~70メートルの「低高度の近接威嚇飛行」を行ったとしている。
 さらに同省は「昨年12月20日に日本が低高度の近接威嚇飛行をおこなったことに関し、わが海軍は忍耐し、抑制した対応を取ってきたにもかかわらず、日本は今年1月18日、22日にも海軍艦艇に近接威嚇飛行を実施した」と主張。日本政府に再発防止を要求したが是正されなかったとし、「今日、再びこのような低高度の近接威嚇飛行を行ったことは友邦国の艦艇に対する明確な挑発行為で、日本の真意を疑わざるをえず強く糾弾する」とした。(ソウル=武田肇)


百歩譲って韓国側の言い分が正しいとしても、ミサイル攻撃が可能な韓国の駆逐艦が、丸腰に近い日本の哨戒機の接近をなんでそんなに恐れるのか?
確かに日本には特攻隊という奥の手があるのは違いないが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:34  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |