FC2ブログ

2019.01.21 (Mon)


金を落とさない韓国人には入国規制で報復を


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

防衛省の発表に韓国が反論

日本の防衛省がネットで韓国国防省の嘘を完全に暴いた。
これに対し、韓国側はデータは証拠にならないと反論し、「謝罪を重ねて求める」と反論した。
どこまで行っても平行線だ。
韓国の言い分はレーダー照射音は具体性に欠けるというが、日本の防衛省は百も承知だろう。
全てを公開しないで、皮一枚を残して韓国の首を斬るという武士の情けすら理解できない韓国。
実務者協議の打ち切りは当然である。

時事通信(2019/1/21)
韓国、深い遺憾=照射音は「実体不明」


【ソウル時事】韓国国防省の崔賢洙報道官は21日、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題で、防衛省が日韓の実務者協議を打ち切る方針を示したことに「深い遺憾」を表明した。防衛省が発表した「音」については「探知日時、方角、電波の特性などが確認されておらず、実体の分からない機械音だ」と批判した。
 韓国側はこれまで、人道的な救助活動中の駆逐艦に哨戒機が脅威を与える「低空飛行」をしたと主張。崔氏はこうした立場を繰り返し、日本側に「謝罪を重ねて求める」とも強調した。


韓国への報復制裁のひとつは韓国人の入国制限だが、韓国は安倍首相が外国人観光客を増やそうとしているから日本は入国制限などしないだろうと高を括っているらしい。
日本国内の反日メディアも韓国からの観光客を制限すると日本経済に大打撃になると盛んに宣伝している。

金を落とさない韓国人は20カ国中最下位の7万8000円

しかし、韓国人観光客は数はそこそこ多いが、ケチで金を落とさないからそれ程打撃にならないと言う説もある。

FNNプライム(同上)
韓国に喝!ビザなし渡航を制限する制裁は有効か?
(渡邉康弘FNNソウル支局長)


日本への理解を深めるという意味で、訪日外国人の数は重要ではあるが、経済的に重要なのは、彼らが日本で落とすお金だ。そこで、どの国の人がどのくらい日本でお金を使ったのかを比較してみると、興味深い事が分かった。検証は観光庁が今月発表した2018年の訪日外国人消費動向調査のデータを使用する。
訪日外国人が日本で使った1人当たりのお金(宿泊費、飲食費、国内での交通費、娯楽費、買い物代)を見てみると、1位はオーストラリアで24万2050円、以下スペイン23万6996円、イタリア22万4268円、中国22万3640円と続き、アメリカ、カナダ、シンガポール、そしてベトナムが19-17万円ほど、タイ、マレーシア、フィリピンは12万円前後になっている。ベトナムを筆頭に、近年増加する東南アジアの旅行客も、かなりのお金を落としてくれていることが分かる。ありがたい事だ。
では韓国はどうか?実は国別データが示されている20の国と地域の中で断トツの最下位である7万7559円なのだ。韓国人観光客は大勢来るが、お金は使わない。訪日外国人が2018年に日本国内で使ったお金の総額は4兆5064億円だが、そのうち韓国人が使ったお金はおよそ5842億円であり、全体の13%だ。もちろん大きな金額ではあるが、人数ベースでは24%を占める韓国人の存在感は、金額ベースで考えるとかなり小さくなるのは否めない。

韓国人のビザなし渡航をやめて、渡航を制限する制裁を科すメリットとしては、韓国政府に日本の本気度を示す事が出来る点が挙げられる。
最近の韓国政府の対日政策は、反日というよりは「日本軽視」の色彩が強いとみられるため(文在寅大統領は大半のエネルギーを北朝鮮問題と国内経済問題に向けている)、制裁実施が韓国政府を日韓関係改善に向けて動かす圧力になる可能性がある。
また、韓国の世論調査によると20代の若者はほかの年代に比べて政権支持率がかなり低い事もあり、ビザなし渡航制限という日本の制裁への不満の矛先を、文在寅政権に向ける人が出てくるだろう。これも、対日政策改善圧力になる可能性がある。
(以下略)

筆者はデメリットも述べているが、「制裁は荒唐無稽ではない。韓国政府には冷静な判断を期待したい」と結局は韓国頼み。
ソウルで飯を食っている支局長の限界か。

経済制裁に関しては、精密機械や半導体の原材料、テレビの有機ELなどの輸出停止がある。
原材料が不足すればサムソンその他の韓国メーカーにとっては大打撃になる。

後は官邸の決断次第である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:21  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.21 (Mon)


日本の防衛省は韓国に遂に匙を投げた


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

難破魚船の救助ではくて脱北者の拿捕だった?

防衛省は今日、韓国のレーダー放射について完全な反論をホームページに掲載し、韓国の嘘を完膚なきまでに打ちのめした。
その上で、嘘つき韓国をこれ以上相手にするのは止めたと宣言した。

産経ニュース(2019/1/21)
「韓国との協議、もはや困難」防衛省がレーダー問題で最終見解 「音」も公開


 防衛省は21日夕、韓国海軍艦艇による海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題に関する「最終見解」を公表し、防衛省のホームページ(HP)に掲載した。これまでの韓国側の対応について「客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」と強調。その上で「本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難」だとして、協議を打ち切る方針を示した
 また、火器管制レーダーの探知音も初めて公表した。一般的な捜索用レーダーの探知音もあわせて公表し、両レーダーの音の違いを明らかにした。
 「最終見解」では、韓国側が説明を二転三転させ、データに基づく検証の呼びかけにも応じていない状況を詳述し「一連の韓国側の対応ぶりや、これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返している」と結論付けた。
 その上で「改めて強く抗議するとともに、この事実を認め、再発防止を徹底するよう強く求める」とした。日韓・日米韓の防衛協力の重要性も強調し、引き続き協力継続へ「真摯に努力していく」とも記した。
 韓国側は「海自機が低空で脅威飛行した」「通信が聞き取れなかった」などと主張しているが、こうした個別の論点についても改めて反証を示した。
 最終見解とあわせて「補足説明資料」も公表し、火器管制レーダーの特性や、照射を受けた海自哨戒機の飛行経路などを図示して解説した。


防衛省のホームページに詳細が載っている。

防衛省(同上)
韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について


韓国側に、相互主義に基づく客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、レーダー照射の有無について、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。

20190121000(1).jpg

火器管制用レーダー探知音は緊急事態を示す耳障りな警報音であり、韓国側の主張する探索用レーダー探知音はアンテナの回転による断続音なのでまったく違う。

韓国側の主張する「韓国駆逐艦に脅威を与えるような飛行」も完全否定された。

となれば、韓国側の言う「人道主義的救助作戦」は真っ赤な嘘である。

フジテレビ「報道プライムサンデー」(2019/1/20)

20190121001.jpg

荒木和博(拓大教授)
「遭難している船なんていくらでもあるのに、なんであの船のために海洋警察最大の警備艦と海軍の駆逐艦で出て行く必要があるのだろうと、その組み合わせにすごく違和感がある」


しかもこの北朝鮮の船には無線アンテナとみられる設備がある。
いままで瀬取りの疑いが噂されていたが、これは北朝鮮のスパイ船だろう。

山田吉彦東海大学教授は北朝鮮からの重要な脱北者が乗っていたのではないかと推測している。
金正恩の依頼を受けた文在寅がこのような小船を救助するためではなく拿捕するために最大の警備艦と駆逐艦を派遣した
そこへ日本の哨戒機が飛来してきたのでレーザー照射で威嚇した。

真相は恐らくこういう事だろう。

荒天でもないのに、難破船をレーダーで捜索していたと嘘を付き、その時すでに難破船は確保されていたのである。
海自の哨戒機が低空飛行で脅して来たと嘘をつき、日本に謝れと言う韓国の姿を日本人はしっかりと直視すべきである。

しかし白髭のおじさんの締めのコメントは酷かった。

20190121002.jpg

鎌田 實
「ちょっと怖いですよね。しかし、中国、ロシア、北朝鮮を文脈で考えていく時、日本と韓国はもっと仲良くしないといけないので、やはり、日本の政治力が、外交力がこのところ弱っていることが大きな問題のような気がするのでもうちょっと民間のつながりみたいなものも大事かのなと。
なんか嫌いというのでぶっつかり合っちゃってる。これはとても平和を守っていくのに怖い状況になっている」


こういう御仁が居るから韓国に舐められるのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






19:26  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |