FC2ブログ

2019.01.06 (Sun)


レーダー照射、日本は感情的になるなとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今年も相変わらずの反日コメンテーターたち
過激なネットメディアが悪いと


今年最初のTBS「サンモニ」。
まず韓国駆逐艦の日本のP1哨戒機に対するレーダー照射問題を取り上げた。
その内容は予想通り、事を荒立てるな、冷静に話し合えということだった。
そしてネット上での韓国批判を批判した。

TBS{サンモニ」(2019/1/6)
海自哨戒機へのレーダー照射
韓国が映像公開して反論


20190106001.jpg

まず冒頭に、朝鮮半島問題となると必ず出て来る辺真一コメンテーターがVTRで・・・


「もう韓国としても引くに引けないというか、慰安婦の問題、徴用工の問題、そして今回のレーダー照射の問題が起きたわけだから、ここで文在寅政権が弱腰に出ればまた国内で突き上げにあうと」


まずここで引っ掛かる。
〇〇の問題が「起きた」ではなくて、韓国側が「起こした」と言うのが正しい。

関口 宏(司会)
「急に日韓関係が変な感じになって来ている。ちょっと心配なんですが」


急にではない。文在寅が大統領になった時、予測していたことであり、反日運動は北朝鮮との融和が進むにつれて激しくなってきたというだけである。

寺島実郎
大人気(おとなげ)ある対応がこういう時には腹を括って重要だと思う。静かに、米軍の専門家の目線から見てどちらの国が言ってる事が正しいのか三者協議みたいな形で静かにセットル(解決)して行くような在り方をリードしていくのが日本の行き方として正しいと思う。
要するに問題を問題化させない知恵を近隣との間にしっかり作っておくことが重要だと思う」


「腹を括る」ことがお好きな寺島センセ相変わらずの空理空論。
「問題を問題化させない知恵」?
滅茶苦茶な韓国を相手にどんな知恵があるのか具体的に教えて欲しい。

3者協議などする必要はさらさら無い。

ポール・ジアラ氏(元米軍パイロット)は「韓国艦艇は、火器管制レーダーを使用したと思う」と明確に言っている。

何よりも海自がレーダー波形を韓国側に示せば終わりだ。
もっとも、それでも韓国はシラを切るだろうが。

韓国は慰安婦問題や徴用工問題のように、この問題を世界各国にそれぞれの言語を用いて宣伝工作するという。
自国の愚かさを世界に示すばかりだが、世界の国々は必ずしもそう受け取るとは限らない。
日本も負けじと各国の言葉に翻訳して真相を訴えるべきだ。

この問題も含めて、ようやく10日に文在寅が記者会見するそうだから楽しみだ。

田中優子(法政大学総長)
「いつも日韓関係は残念だと思う事が多い。
たとえば慰安婦問題、つまりこれは女性への性暴力問題ですね。徴用工問題つまり企業での過酷労働問題ですね。それから竹島問題は国境問題ですよね。そういう問題は今でも世界中にあるし、これからも起り得る非常に普遍的な問題なんですよ。
だからこそ、隣同士の日韓でこのようなとても大事ないわば人類の問題と言ってもいいような問題ですが、常に向き合って、世界的な問題、人類の問題なのだというぐらいの位置づけで、常に話し合って解決策を探って行くということが出来ればほんとに世界に貢献できるのになと思うのですが、いつも結局は自分の国の内政のために動いてしまうというのは残念な事ですね」


韓国側が引き起こした慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題を一般論にしてしまう田中センセには日本人という立ち位置がない。
法政大学はこの総長になって、大学の軍事研究を拒否した。

安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
「今回の件に限らず、例えば外交上の問題や防衛上の問題が発生するたびに、相手側の国民まで一括りにしてそれを否定していくような言葉をどうしても、特にネット上では目立ってしまうと思う。
そういう書き込みは極く一部であるとしても、こういった緊迫した状況こそ冷静に切り分けて向き合っていく必要性がある」


国家とは国民の集合体であり、一体である。
韓国を批判し、優柔不断な日本政府を叱咤する国民の声がネット上に現れて何がいけないのか

アメリカが日本を占領した時、アメリカが日本国民は悪くない、戦争を起こした日本の軍部が悪いのだと慰撫作戦を取ったことを思い出す。
中国も同じ手を使って、日本国民は悪くない、悪いのは日本政府だと分断作戦をとって日本人を騙そうとした。
だから、日本国民は騙されてはならない、

古田大輔(バズフィードジャパン創刊編集長)
「日本と韓国でこの問題すごく取り上げられているが、諸外国の報道ではあんまり取り上げられていないのが非常に残念だ。
安田さんが言ったようにネット上で言葉が過激化して行き、お互いの国を批判する言葉が出ていると
こういう時にこそ、当事者同士のメディア側が冷静な客観的な報道をして行かなければいけないと思う」


それが出来ない事を証明しているのがオールドメディアのTBS「サンモニ」である。

青木理
「心配なのは、日韓のトップの政治的なスタンスの違いがかなり出てきている。
文在寅さんは人権派で弁護士出身で、貧しくて、苦労して、進歩派、リベラルだ。
過去の軍人出身の政権に対して物凄い反発がある。
一方の安倍さんは保守であり右派であり、過去の韓国の経済と結びついてきた岸さんの直系だ。

(苦労人の文在寅に対して安倍さんは金持ちのボンボンだと言いたいらしい)

その違いが徴用工問題とかレーダー照射の問題に出てきている。
報道を見てるとビデオの公開もかなり首相の意向があったりとか、首相の意向に韓国が反発したりとかあるとなると、どうも政治的スタンスの違いがかなりここにきて出来てしまった。
それで深刻なのは安田さんも言ったように、こうなるとナショナリズムが盛り上がって行く。
日本のメディアを見てると、この件に関しては普段は対立している新聞もほぼ韓国批判一色になる。
そうするとネットも盛り上がる。
韓国も同じような状況になると、それをきっかけに相互の嫌韓と反日が盛り上がって行くというのは、政治指導者のスタンスの違いが国民やメディアに影響しちゃう。
そういう状況になって行くと、事実関係の精査も大切だが、日本と韓国の隣国同士がこれでどんどん溝が深まってしまうので、皆さんの繰り返しになるが、ここは冷静になって、韓国の主張もちゃんと見て、なぜこういう事が起きているのかということも含めて、あまり感情的にならずに見つめることが大切だと思う」


青木センセは民主主義の選挙制度というものをご存知ないらしい。
韓国が民主主義の国かどうかは別にして、日本では民主主義のもとに総選挙を行い、「保守で右派」の安倍総理が生まれた。

この問題、中途半端なところで韓国と手を打てば日本の国民は黙ってはいまい。
その矛先は韓国ではなくて安倍首相に向かうだろう。

青木センセの言うように、安倍首相が「韓国をやってまえ」と言ったとすれば、そのような心配は無用だろうが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

14:52  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |