FC2ブログ

2019.01.05 (Sat)


LGBTは腫物(はれもの)か?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

触ってはいけない

もう何度も書いたが、日本は昔からの大和ごころを失いつつある。
嘆かわしい事だ。
そのひとつは言葉狩り。

片目、めくら、チンバ、びっこ、片手落ちなどの言葉は身体障碍者を差別(侮蔑)する言葉だから使用禁止。
テレビなどで「侮蔑」とはまったく無関係にうっかり誰かがこう言うと、番組の終わりに・・・


「先程、不適切な表現がありました事をお詫びいたします」


と必ず局アナが謝罪する。

例えばパソコンで「ドストエフスキーの名作白痴」とキイ入力しても、「白痴」という言葉は出て来ない。
名作「座頭市」で勝新太郎が悪者に「このドメクラ奴!」と言われて悪者を叩っ斬る爽快な場面は最後に「この映画は当時の原作をそのまま再現したものです」とか何とか弁解している。
それとも最近は伏字になっているのかな?
椅子の足を斬りすぎて片チンバになっちゃったなどと間違えて言おうものなら警察が飛んでくる。

暮らしにくい世の中になったものだ。
もうこういう放送禁止用語には慣れてしまったが、最近、特に感じるのはカタカナや英語。

セクハラ、パワハラ、ヘイトスピーチ・・・

こんな横文字が世間に横行したために、おおらかな昔に比べて住み難い世の中になったものだ。

たとえば昔はホモ、レズと言った言葉はLGBTという英語となって市民権を獲得し、大手を振って歩いている。

LGB(T)には生産性が無いと本当の事を言った自民党の杉田水脈議員は世間から袋叩きに遭った。

そして、今度、また一人哀れな人身御供が出て来た。

自民党の平沢勝栄議員である。

朝日新聞系のパヨクサイトBuzzFeedJapanが槍玉にあげた。

BuzzFeedNews(2019/1/5)
自民・平沢議員「LGBTばかりになったら国はつぶれる」に批判の声相次ぐ
当事者や支援者らからは「多様性を排除する国の方が危うい」などという意見


20190105000.jpg

自民党の平沢勝栄議員(東京17区)が「(LGBTの)人たちばっかりになったら国はつぶれちゃう」と発言し、批判を浴びている。

日本テレビの報道によると、発言は1月3日、山梨県で開かれた集会のあいさつで、少子化問題に言及するなかで飛び出したもの。

「LGBTで同性婚で男と男、女と女の結婚。これは批判したら変なことになるからいいんですよ。もちろんいいんですよ。ただ、この人たちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ」

「同性婚パートナーシーップ証明書」などを出している東京の渋谷区や世田谷区にも触れ、「先進区だとか自慢しているが、私にはその考え方はよくわからない」と述べたという。

昨年には、同じ自民党の杉田水脈議員が雑誌「新潮45」に「(LGBTは)生産性がない」などと寄稿し、問題となっていたばかり。

自民党本部は当時、「個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」「本人には今後、十分に注意するよう指導した」などとする見解を発表していた。

「多様性を排除する国のほうが危うい」

この発言をめぐり、当事者や支援者らから、様々な批判の声が上がっている。
自らレズビアンであることを公表している、立憲民主党の尾辻かな子議員は「多様性を排除する国の方が危うい」とコメント。

「同性婚を認めたら、LGBTばかりになるという主張のようですが、制度を作ることでその方の性的指向や性自認が変わるという不思議な説」としている。
(以下略)

LGBTなんて、そんなにみんなで囃し立てて、共生だのなんだのと取り上げる事なのか?
同性婚を制度にするなどは人類に対する冒涜だろう。
自衛隊は憲法違反だという憲法命(いのち)のパヨクに言いたい。
憲法24条には「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し」と書いてある。

つまり憲法上、同性の結婚は認められていないのだ。

同性愛者は好きにやってくれ、でもあまり表立って騒がないでくれ。見て見ぬふりをするから。
政治家でも芸能人でもカミングアウトするのは自由だが、権利を大声で主張しないでくれ。

同性婚の証明書を発行した渋谷区長や世田谷区長は時代の先端を行ったつもりだろうが、阿呆である。

大方の批判は承知の上で申し上げる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:12  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |