FC2ブログ

2018.12.29 (Sat)


タレントの稚拙な政治活動には反対だ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

スポンサーはローラを使うか

もはや旧聞に属するが敢えて書く。

女性芸能人のローラが何を血迷ったのか、沖縄の辺野古への基地移設に反対して米ホワイトハウスへの反対署名運動を呼びかけた。
すでに10万筆を超えたとか。

タレントが政治について何を言おうが勝手だが、知名度を生かして運動を起こすとなるとそれは違うだろうと思う。

有名なだけに利用される危険がある。

例えば古谷経衡あたりが早速「ローラは真の保守で愛国者だ」と褒めそやしている。

不勉強なタレントが稚拙な発言をすることが多いが、大体において左翼系である。
いや左翼と言うより、単なる思いつき、稚拙な正義感、エエカッコシイにすぎない。

タレントはスポンサーと密接な関係がある。
スポンサーがあってのタレントである。

TBS「サンデージャポン」でローラの発言について口先男のテリー伊藤が「この程度の発言でCM降ろす会社って何なの?」と批判し、西川史子が反論した。
西川はご存知のようにDHCがスポンサーの「ニュース女子」のサブキャスターとして活躍している。

これに絡んで来たのがテレ朝の「朝まで生テレビ」に初登場した物議を醸したウーマン村本大輔
不勉強で青臭い発言をして顰蹙を買っているのにまだ生きている。
本当にバカな男だ。

不適切な政治発言をしたタレントは自分がスポンサーなら解約だと高須クリニックの高須克弥氏がツイートすると・・・

「おれはそもそも高須さんのその考えは好きではないので高須クリニックがスポンサーの番組一生出なくていい。」

とホザいた。

しかし高須院長に・・・

「スポンサーが選ぶ側です。逆はありません」

・・・とアッサリ返り討ちに遭った。

最近、テレビでタレントが青臭い政治的発言をして見苦しい。
爆笑問題の太田光など、その最たるものだ。
お笑いの癖にお笑いのセンスがまったくない。
なぜあんなに売れているのか不思議なくらいだ。
相棒の田中のフォローに救われているようなものだ。

知ったかブリする大竹まこと、最近政治的な発言が多いカンニング竹山・・・

リベラル系というとカッコいいが、早い話、二重の意味で左巻き。

一方、評価できるタレントはエジプト人のフィフィデビ夫人など。
残念ながら最近亡くなった津川雅彦氏も。

そしてロンブーの淳もいいこと言っている。

サンスポ(2018/12/29)
ロンブー淳、韓国軍のレーダー照射問題で日本政府に期待「ガンガン詰めていってほしい」


「韓国サイドが認めて謝罪をしてくれることを僕は願いますけどね」と語る淳に対し、萱野氏は「(韓国の)根本には、日本には何をやっても許されるっていう感覚があるんじゃないかと思うんですよ。これまでも国際的なルールを守らずにいろいろなことを言ってきた」と推測し、「やめさせられるのは日本の対応しかない」と補足した。淳は「もうガンガン(韓国を)詰めていってほしいですけどね。期待しております、日本政府」とまとめた。

ロンブー淳に拍手!

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:45  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2018.12.29 (Sat)


防衛省のロックオン映像公開を無視した朝日社説


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経社説をこき下ろし、読売社説を褒める紗鴎一歩とかいう男

紗鴎一歩というジャーナリストが居る。
新田哲史氏をして朝日新聞の現役記者かとツイートで言わしめるほどの嘘日(朝日をキータッチミスして嘘日になってしまった)の臭いがプンプンする輩である。

安倍首相をdisる紗鴎一歩とかいう男(2018/9/27)

その男が「連載 社説を読み比べる」で韓国に怒りをぶっつける産経新聞を批判し、読売新聞を評価している。

President Online(2018/12/29)
照射事件をはぐらかす韓国は "敵性国家" か
日本の主張と韓国の言い分は平行線


「今回は初めに韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権はこんな程度でしかないということを改めて頭に入れてから今回の記事を読み進めてほしい。それともうひとつ。沙鴎一歩は北朝鮮と融和政策を推し進める文大統領を評価したこともあった。だが、それが大きな間違いだったと強く反省したい。」

常識ある人間なら、文在寅が大統領になった時、今日(こんにち)あることを十分予測していたはずだ。
おのれの無知丸出しである。
ジャーナリストを名乗る資格も無い。

「この事件には北朝鮮がからんでいるのではないか」

いまさら何を。ネットでは背取りと関係があるのではと早くから言われている。

「それとも文政権に嫌気を起こした軍部が暴走したのだろうか。北朝鮮にしても何(か)をたくらんでいると思う。」

もともと韓国は官民ともに日本嫌いだ。
いまさら北朝鮮が何をたくらもうと関係ない。

「経社説は分析・解説がなく、冷静さに欠ける」

「まさに怒り心頭に発すといったところだろう。ただ残念なのは、少し書き過ぎだ。もっと冷静に筆を動かすべきだ。
社説で肝心なのは、冷静な分析である。韓国軍がなぜ火器管制レーダーを照射したのかについて分析・解説したうえで主張すべきだと思う。
単に怒りをぶちまけているだけだと、書いている論説委員の道徳感までが疑われる。社説には品性が必要だ。」


韓国軍がなぜロックオンしたかなど分るわけはない。知る必要もない。
理由や原因よりも結果である。
そしてその原因は慰安婦問題、徴用工(正しくは朝鮮人戦時中労働者)など一連の抗日運動以外の何物でもない。
何いまさら「分析・解説」する必要があるのだ。
産経社説の怒りはそのまま日本人の怒りである。
韓国の横暴に怒る日本人の「道徳感を疑い」「品性が必要」というのか。

紗鴎一歩は恐らく日本人ではないだろう。

「同じ保守の立場を取る新聞でも読売新聞の社説(12月26日付)は割と冷静だ」

「言い分や見解の違いを並べて書く。読んでいてスッと頭に入ってくる分かりやすい社説である。」

「『文在寅大統領は、自ら事態の打開に動くべきである』と主張しているが、これもうなずける。」

「韓国軍の統率が乱れているのではないか。読売社説も沙鴎一歩と同じように韓国軍部の暴走を疑っている。韓国の文政権にはしっかり政治力を発揮してもらいたい。」


「軍部の暴走」で手を打とうとする沙鴎一歩。
文在寅が軍関係者の処罰を公表するまで分るものか。

慰安婦問題の日韓合意違反や新日鉄住金その他の財産差し押さえについても、態度を明らかにしない文在寅はウヤムヤのうちに終わらせようとするだろう。

これまでの韓国に対する日本の曖昧な態度が韓国をつけあがらせているのだ。

さて、それでは日本唯一のクオリティ・ペーパー(上質紙)の朝日新聞の社説は今日、何と書いているか?

「消費増税 あまりに問題が多い」

「大阪ダブル選?そうかいな、といかぬ」


おいおい、海自哨戒機がロックオンされた証拠映像が防衛省によって公開され、韓国の国防省が「証拠とは認めない」と反論して世間が騒然としているのに知らぬ顔の半兵衛か?

朝日新聞は落とし紙にも使えない新聞と見た。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:59  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |