FC2ブログ

2018.12.23 (Sun)


韓国海軍レーダー照射事件 産経社説だけが激しく非難


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

他紙社説は完全スルー

日本に対して度重なる敵対行為を続けている韓国。
それに対し、厳しく批判している日本のマスメディアは産経新聞だけである。
今回の日本の哨戒機に対する韓国海軍のレーダー照射事件とその弁解に日本は我慢の限界に達している。
文在寅政権が如何に北朝鮮に傾倒し、北朝鮮と共に日本を敵国視しているかの証左と言える。

産経新聞(2018/12/23)
【主張】射撃レーダー照射 韓国は過ち認め謝罪せよ


 韓国の政府と海軍は過ちを正直に認めて責任者を処分し、日本に謝罪すべきである
 まるで敵性国家の所業ではないか。反日行動がこれ以上続けば、韓国と友好関係を保つことは難しい。
 海上自衛隊のP1哨戒機が、石川県能登半島沖の海上で通常の警戒監視活動をしていたところ、韓国海軍の駆逐艦から火器管制用レーダーを照射された。
 場所は日本の排他的経済水域(EEZ)内で、P1は回避行動を強いられた。照射は、目標物をミサイルなどで正確に射撃するための準備行為だ。人に銃口を向けることと変わらない
極めて危険かつ、敵対的な行為だ。国際社会においては、照射された側が自衛権の行使で直ちに反撃しても問題ないとされるほどの事案である。
 北朝鮮の核・ミサイル問題で日米韓の防衛協力が必要なときに、これを踏みにじる行為であり、言語道断だ。 日本政府が韓国側に厳重に抗議し、再発防止を求めたのは当然だ。韓国側が非を認めようとしないことには、怒りを覚える
 政府は、24日にソウルで予定されている外務当局の局長級協議で改めて抗議する方針だが、それで足りるのか。安倍晋三首相も文在寅大統領に対して謝罪を求めるべきだろう

 中国海軍のフリゲート艦が平成25年1月、尖閣諸島沖で海自護衛艦などに火器管制用レーダーを照射した。冷戦期には旧ソ連軍が自衛隊に照射していたとされる。
 これに並んだ韓国海軍は、敵か味方かの区別すら分からなくなっているのか、それとも日本を敵国とみているのか
 韓国国防省は「(海自)哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない」と表明した。韓国メディアは同省関係者の話として、レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶の捜索のためと報じた。
 だが、防衛省は「火器管制用レーダーは広範囲の捜索には適さない」とし、周囲に船舶や航空機がいれば、韓国も採択している国際的な基準からみて照射は「控えるべき動作」だったと反論した。
 韓国は見え透いたウソで言い逃れようとしても駄目だ。ことは軍の行動に関わる。日本のみならず世界からも特異かつ異常な国とみられよう


朴槿恵前大統領時代にセウォル号沈没事件で加藤達也支局長を韓国内に1年以上も軟禁され、今回の日韓議連の訪韓団の記者会見から取材拒否されたことで産経新聞の怒りは収まらない。
このような非礼かつ非常識極まりない韓国への当然の対応である。

他紙は完全にスルーし、朝日新聞などは防衛費の増大とIWC脱退を批判している。
まさしく今朝のTBS「サンモニ」と示し合せたかのように、まったく同じ反応である。

朝日新聞社説
●防衛費の拡大 米兵器購入の重いツケ


●IWCと日本 脱退は短慮に過ぎる

日本人ならば朝日や毎日ではなく、ましてや東京新聞ではなく、産経新聞を購読すべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:40  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.12.23 (Sun)


韓国軍のレーダー照射事件を軽視したTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日も反日番組は花盛り

201810280002.jpg

今日のTBS「サンモニ」は韓国駆逐艦の空自哨戒機へのレーザー照射という大きな国際問題をテーマに取り上げずに、スポーツ関係の後の一週間の出来事の中で軽く扱ったのは予想通りだった。
親愛なる韓国に不利なニュースは本来ならばスルーしたい所をやむをえず取り上げたという感じだ。

姜尚中
「ロックオンして照準を定めて、これから撃つというところですねよ。
非常に危険な行為で、北朝鮮漁船の幾行不明を探していたからという理由があるにしても、これは一触即発だったわけですよね。やっぱりこれは韓国側はきちっと説明をして再発防止を何らかの形でやらざるを得ないと思いますね」


いつも薄ら笑いを浮かべて猫撫で声で喋る気色悪い男だが、今回は特にテレ笑いが酷かった。

関口 宏(司会)
「ねえ。なんかちょっと韓国はおしかしいなあということが起こりますねえ、最近」


20181223001.jpg


「エへへ」


今日のサンモニの相変わらずの反日姿勢を取り上げると・・・

【徴用工(正しくは「朝鮮人戦時労働者」)問題】

20181223002.jpg

安田菜津紀(フォトシャーナリスト)
「日韓両政府の見解がどうあったとしても、これをもってして、じゃあ徴用工の問題を私達が知る必要がない、知らなくていいという事にはならないと思います」


「知らなくていい」なんて誰も言っていない。
日本が個人賠償すると主張したのに韓国政府が自国でやるからいいと嘘をついてその金をインフラ構築につぎ込んで今日の韓国が出来たという歴史の真実を韓国民は知るべきである。

安田
「私達に、起きてしまった責任は負いきれないかもしれもせんけれど、繰り返さないためには、やはり背を向けられない歴史だと思うんですね。
で、こうした訴訟が起きてから日韓の自治体同士の交流が取り止めになったりということが起きてしまっていますし、むしろこういう時だからこそ互いを知るために道はむしろ開かれていくべきだと思います」


あなたこそ歴史の真実を勉強しなさい。
こんな青臭いコメントをするこの写真家の活動を調べればサクヨかぶれであることがわかる。

安倍首相は次の世代が謂れなき理由で支那人や朝鮮半島人から責められることを危惧して様々な発言をしている。

【日本がIWC脱退】

20181223006.jpg

大崎麻子(関西学院大学客員教授)
「商業捕鯨を再開したとしても、いま食文化って、それこそもう変化してますから、ほんとに商業的に成り立つのかという疑問が一つと、あともうひとつ、世界の動きで言えば、世界の地球環境とか、それから自然資源を次世代にちゃんと持続的に残していかなきゃいけないという意識が物凄く高まって来ていて、持続可能な開発、SGTというのが出来て日本政府も民間企業も取り組み初めてるんですね。
IWCは海洋資源をちゃんと国際的に管理するという枠組みですから、そこから脱退しようという、今この世界に逆行すると捉えられても仕方がないと思います」


まず商業的には立派に成り立つ。
戦後の食糧難時代は牛肉の代用品としての鯨肉は臭くて不味くて敬遠された。
しかしいまや調理方法が発達し、鯨肉の刺身は珍味として食通に歓迎されているのを知らないのか。
伝統的な食文化は脈々として息づいているのである。

しかも鯨は鯨油や骨まで全て捨てることなく活用されている。
IWCも当初の理念を捻じ曲げたシーシェパードのような過激な活動家を生んでいる。

【原発の輸出反対】

青木理
「足元で安全をコントロール出来てないものを外に出して、それを成長戦略というのはちょっと間違っていたのではないか思いますがね」


【防衛大綱の見直し】

20181223004.jpg

北澤俊美(民主党政権時の防衛相)
「150機なんてねえ、一度に決める必要は全くない」

民主党政権の時、アンタが最初に決めたんだよ。

姜尚中
「日本を取り巻く環境は国民にとっては非常に脅威感が増しているという意識はあると思うんですね。ただ、これを見るともう専守防衛を越えようとしている

(中略)
全体的な基本方針が見えないまま既成事実だけがどんどんどんどん広がって行ってるのではいか内外から思われるとむしろ逆に日本の安全保障にとってはマイナスになるのではないか」

関口 宏
「なんだか知らないうちにどんどん拡大して行ってねえ。
ほんとに専守防衛の国はどこへ行っちゃったかなと私も思っております」


専守防衛では国が守れなくなってきているという現実から逃避している。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:19  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.12.23 (Sun)


ロックオンは韓国軍の意図的な挑発行為と判明


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日のTBS「サンモニ」のコメンテーターのコメントが楽しみ

韓国の駆逐艦からのレーダー照射に関して詳細が少しずつ明らかになってきた。
それはそうだろう。
空自とて記録はちゃんと保管している。
産経新聞によれば照射は2回、数分間。
最初に照射された日本の哨戒機が緊急退避して、再び現場に戻ったらまた照射された。
「一体どういうつもりか」と韓国艇に問い合わせたが応答はなかった。

これは偶然とか、韓国艇のミスとか日本の哨戒機の「誤解」(韓国側の言い分)とかいうものではないだろう。
明らかに敵対行為であり戦闘行為である。
これほど歴然としているのにシラを切る韓国防衛部と文在寅大統領には心底から怒りを覚える。

産経ニュース(2018/12/22)
韓国艦レーダー照射は2回、数分間「意図的な事案」


20181223000.jpg
海上自衛隊のP1哨戒機(上)と海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国海軍の駆逐艦(防衛省提供)=写真はコラージュ

 韓国海軍駆逐艦が石川県・能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、照射が2回にわたって行われていたことが22日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。防衛省は同日、レーダー照射に関し「極めて遺憾であり、韓国側に再発防止を強く求める」との声明を改めて発表した。
 政府関係者によると、P1は最初の照射を受け、回避のため現場空域を一時離脱した
その後、状況を確認するため旋回して戻ったところ、2度目の照射を受けた。P1は韓国艦に意図を問い合わせたが、応答はなかった。照射は数分間に及んだとみられる

 韓国側は火器管制レーダーの使用について「哨戒機の追跡が目的ではなく、遭難した北朝鮮船捜索のため」などとしているが、海自幹部は「意図しなければ起こりえない事案だ」と指摘した。
 防衛省によると、レーダー照射は20日午後3時ごろ、日本の排他的経済水域(EEZ)内で発生した。韓国駆逐艦は対艦、対空ミサイルを搭載していた。岩屋毅防衛相が21日夜の緊急記者会見で公表し「極めて危険な行為」と批判した。


しかし韓国メディアは逆ギレしている。
逆ギョレ新聞は次のように報道した。

ハンギョレ新聞(同上)
日本「韓国軍が自衛隊哨戒機に射撃統制用レーダー照射」抗議


韓国側の説明にもかかわらず、日本の防衛相が事件の翌日に記者会見まで開いたことは、この問題を外交的に争点化する意図を明確にしたものと分析される。韓日関係の冷却局面の中で、韓国の立場を弱体化させうるカードと判断したものと見ることができる。

「韓国の立場を弱体化させうるカード」?

盗人猛々しいとはまさにこのことだ。
「米軍なら即座に撃沈」(産経新聞)である。

外務省の金杉アジア大洋州局長が23日から徴用工(正しくは朝鮮人戦時労働者)問題で韓国を訪問する。
当然この問題も俎上に上げて韓国側を厳しく追求することを期待している。

そして今日のTBS「サンモニ」が果たしてこの事件をどう解説するかも別の意味で期待している。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







00:23  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |