FC2ブログ

2018.10.11 (Thu)


韓国の観艦式に出席した海自幕僚長の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相は韓国にガツンとやれ

今日、韓国で国際観艦式が開催され村川豊海上幕僚長が出席した。
関連行事のシンポジウムの出席とはいえ、海自の旭日旗の掲揚を禁止した非常識な主催国の韓国に対し、満身の怒りを込めて欠席すべきだった。

韓国は甘やかすとつけあがる。
凛とした態度を取らなければいつまでも舐められる。

韓国に対する怒りを社説で表明したのは産経新聞だけだ。

産経新聞社説(018/10/11)
【主張】旭日旗の掲揚 日本の「誇り」は譲れない


政府は、韓国により11日に開かれる国際観艦式への海上自衛隊護衛艦の派遣を見送った。韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたためである。受け入れられないのは当然だ。
 韓国は近年、旭日旗に「戦犯旗」というレッテルを貼り、排斥の動きを強めてきた。旭日旗ヘイト(憎悪)は、いわれのないもので国際的にも非常識極まる。排斥を直ちにやめてもらいたい。
 河野克俊統合幕僚長(海将)は会見で「誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と語った。海自はもとより、日本の主権と誇りにも関わる問題だ。
 国際法上、海自は海軍の位置付けだ。軍艦(護衛艦)と一般船舶とは区別されなくてはならず、国連海洋法条約は軍艦に、所属国の軍籍を示す「外部標識」を義務付けている。これが軍艦旗(自衛艦旗)で、国の主権の象徴として最上級の敬意が払われる。
 日本は帝国海軍、海自とも一貫して旭日旗を採用し、国際社会で受け入れられてきた。先の大戦で日本と戦った米軍や英軍も尊重している。7月のフランス革命記念日にパリで行われた仏軍のパレードでは、シンガポール軍と一緒に招かれた陸上自衛隊の隊員が連隊旗である旭日旗を掲げて行進し、拍手を浴びた。南北朝鮮以外で問題視する国など見当たらない。
 韓国が過去2回主催した観艦式に海自護衛艦は旭日旗を掲げて参加した。3年前の海自観艦式には韓国海軍の駆逐艦が参加した。
 韓国の鄭景斗国防相は1日、国会で護衛艦が観艦式のある済州島に入港するなら「国際慣例に従うほかない」と語った。本当は日本が正しいと分かっている。反日色が強い文在寅政権と世論に屈したのだろう。
 北朝鮮の脅威を眼前にしてなお韓国政府が旭日旗排斥に乗り出した影響は深刻だ。日本は、国旗に準ずる重要な旗を敵視するような国の政府や軍と、まともな安全保障協力などできない。
 未来志向をうたった「日韓共同宣言」から20年を迎えたが、踏みにじってきたのは韓国である。安倍晋三首相は反日活動をやめるよう文大統領に説いたらどうか。 海自トップの村川豊海上幕僚長は訪韓して観艦式関連行事の西太平洋海軍シンポジウムに出席する。韓国に自らの非常識を悟らせるためにも取りやめるべきだ


韓国の文在寅大統領は明らかに北朝鮮の金正恩に従属しようとしている。
彼が大統領になった時から今日あることは予測されていた。
核開発を止めようとしない金正恩に対して国際的な経済制裁が続く中、文在寅だけが包囲網を破って金正恩にすり寄り、板門店付近の地雷を撤去し、経済支援を約束し、アメリカに相談することもなく勝手に朝鮮戦争の終了と平和条約締結を急いでいる。

日本としてはもはや韓国は北朝鮮に呑み込まれたものと断じ、南北合わせた朝鮮半島を仮想敵国として対応を検討する必要がある。

同時に国内の人権主義を主張する政治家、評論家、マスコミの面々に、日本国民を拉致し、国内では公開処刑をする北朝鮮の人権問題を論じないのかと詰問し、似非人権主義者の化けの皮を剥ぐことが必要である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:13  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |