FC2ブログ

2018.09.20 (Thu)


総裁選 石破氏「大善戦」と褒めるメディアの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

TBS「ひるおび」で田崎史郎氏 孤軍奮闘

予想通り総裁選は安倍首相が石破候補を下した。

20180920007.jpg

どうせ消化試合である。
後は石破候補がどれくらい地方の党員票を伸ばすかという事でしかなかった。

石破茂の「冷や飯を食わせるな」だの、斎藤健の「辞表を書けと言われた」などの泣き言は見苦しかった。
どうせ今後も安倍首相の足をひっぱる所存なら離党を促した方がいいだろう。
斎藤健に圧力を掛けたのは大物議員ではなくて、同じレベルの議員だったと田崎史郎氏は斎藤氏から直接聞いたという。
だったらなおのこと、口外するのは大人げない。
世間の同情を引く目的だと言われても仕方あるまい。

小泉進次郎も土壇場に来て石破支持を表明した。
勿体ぶって今更なんだと言いたい。
ダメな男だ。
石破のどの政策に賛同したというのか。
もともと石破には政策は勿論、歴史観や国家観などありはしない。
小泉進次郎もそうである。

総裁選を実況中継したTBS「ひるおび」は完全に石破応援団。
毎日新聞だからムリはないが。

TBS「ひるおび」(2018/9/20)
自民党総裁選 安倍首相3選
石破氏250票超え 善戦

コメンテーター

星 浩(News23 キャスター 元毎日新聞記者)
伊藤惇夫(政治評論家、元民主党事務局長)
田崎史郎(政治ジャーナリスト)


星、伊藤という反安倍コメンテーターの間にただ一人、安倍支持派の田崎史郎氏が紛れ込んで頑張っている。
TBSのアリバイ作りに利用されているようなものだ。

田崎史郎
「石破さんの弱点は6年前から国会議員の支持が上がらないということだ。5倍近い開きは多分出るので、このあと国会議員の支持が広がらないと、なかなか次を狙うのは難しいと思う」

星 浩(キャスター)
「石破さんは一回目にこういう実績を持ったというアドバンテージはある」

恵 俊彰(MC)
「これだけ石破さんが地方で人気があるという数字になると、安倍さんは石破さんを取り込んだ方が得ですねよ」

八代英輝(国際弁護士)
「目先に選挙を控えていて、安倍総理が今回限りということになった場合には、やはり特に地方に人気がある石破さんを党内の要職に付けておいた方がオール自民党というイメージが植え付けやすい気がする」


オール沖縄じゃあるまいし、やめてくれ。


石破さんが大善戦した
国会議員では20人位が『安倍さん』とメディアなどに答えていたのに石破さんに投票した人が居た。
いわゆる隠れ石破派だ。これは意外に多かった。国会議員票でもやや善戦したという状況だ」

伊藤敦夫
「石破さんは半分には届いていないけど、はっきり言って私の予想より大幅に獲得している。
決まった直後の安倍さん見ても、全然笑ってなかった。
やっぱりちょっとショックだったのではないか


それは思い過ごしだろう。安倍さんは余裕の微笑を浮かべていた。
安倍首相はここで大喜びして笑っても大人げない。当たり前の結果を冷静に受け止めたという印象だった。


「そこはさっき田崎さんがおっしゃった、安倍さんの圧勝も感じ悪いからそれを止めようみたいな流れが・・・」

田崎史郎
「流れがあったと思います。いつも総裁選で起きることなんで、73票、まあこれくらいかなとは思います。
ただ安倍さんの票が68%なんです。7割に達しなかった。
小淵恵三さんの時は現職として戦った時は68.1%なんです。ちょうど同じくらい。
現職有利ですけど圧勝するわけではない」


「あえて圧勝を避けたという感じで・・・」

田崎
「そういうバランス感覚が議員や地方の方に働いた。参院選に向けてこれはプラスだ。安倍さん一色ではないということを見せたという」


伊藤コメンテーターに比べて分析が鋭い。

伊藤惇夫
「安倍政権は選挙戦で経済の成果を強調していたが、経済がうまく回っているのは都市だけで、地方は疲弊している。この面でも安倍一強が盤石ではないことが示された。
この選挙結果は『終わりの始まり』となる。今日から『ポスト安倍』のレースが始まる」(アエラ)


朝日新聞系のアエラだから言いたい放題。
安倍一強だと今迄散々批判して置きながら、手の平返して「終わりの始まり」か。

安倍首相は最後の3年と言っているが憲法改正がうまくはかどらなかったら、次の3年も続けてもらいたいものだ。まだ十分に若い。

田崎
「いま安倍政権が続いている。その中で安倍さんを変える必要があるのかと思う人が多かったということだ。
総裁選挙は権力闘争だ。そこは脅かしたりすかしたりいろんな事がある。
角福戦争は本当にすごかったけど、小渕さんが勝った時に官房長官は梶山静六さんが推した。あの時、野中広務さんが菅(スガ)だけは絶対に政治家にするなと言われた。それを受けながらこうやっと政治家としてどんどんやっていく。そういうものだ」


権力闘争おおいにやるべしという話になった。

伊藤
「一般の方から見ると自公の安定政権にして欲しい。でも必ずしも安倍政権でなくてもいいという意志がちょっと透けて見える気がする。積極的に安倍さんに政権を維持して欲しいと思っている人は果たしてどのくらい居るのかそこが見えてきた感じだ」


どうしても安倍政権を否定したい伊藤惇夫。

伊藤
「来年の参院選は安倍自民党が苦戦する可能性が高い。安倍総理が退陣する可能性もある。安倍さんの周辺はマイナス10は覚悟しているという。マイナス10になると憲法改正の発議で自公が3分の2を切る。それ以上大幅に議席が減ると追い込まれての総選挙もあり得る。選挙の顔として安倍さんどうなのと。
全面的に安倍さんを支持している派閥も一日でころっと変わる」


「逃げ足早いですから」

田崎
「そこまで負けるかなと思う。多少の負けでも安倍総理は乗り切って東京オリンピックまではどうしてもやりたいと」


その前の10月に消費税10%引き上げをすれば安倍政権はガタガタになるのではないか。
橋本政権の二の舞になってはならない。
増税は絶対に避けるべきだ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:39  |  2018総裁選  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.20 (Thu)


テレ朝「報ステ」安倍総理の秋葉原動員を批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テレ朝の巧みな印象操作に要注意

明日の総裁選を控えて安倍・石破の訴えもヒートアップ。
石破候補を応援するテレ朝もヒートアップした。
その中で、テレ朝「報ステ」の巧みな視聴者への印象操作をご紹介しよう。

テレ朝「報ステ」(2018/09/19)
安倍vs石破 最後の演説
自民党総裁選あす決戦


総裁選は明日の投票を控えて安倍・石破が最後の街頭演説をした。
安倍氏はゲンの良い秋葉原で、石破氏は渋谷で。

秋葉原では動員された安倍支持者と一般の聴衆とが鉄柵で仕切られていると報道。
しかし鉄柵の外にも安倍応援団にあふれていた。

ナレーション
「各地から集められた安倍総理の支持者です。中には会場の地図を手にした人も。応援する場所が決められているそうです」

テレ朝記者
「いつもこうして来てるんですか?」

安倍支持者
「動員かかってるんだよ。大変だよ、川崎から来てるんだから。一万人最低集めないといけないんだから」


人の良さそうなおじさん。テレ朝の誘導質問に嵌ってボロっと言った。
でも一万人は嘘だろう。
テレ朝の回し者か?

安倍総理の支持者をインタビューする。

20180920001.jpg

安倍総理の支持者(女性)
「やっぱり継続して具体的なことをおっしゃってるのと、私、憲法を改正したいので」


20180920002.jpg

安倍総理の支持者(女性)
「かっこいいからです」

ドラえもんの声優大山のぶ代似の可愛いオバちゃん。
でも残念がらなテレ朝に安倍総理の支持者はミーハーだという印象付けに使われている。


20180920004.jpg

「うちわ問題」で大臣を辞めさせられた松島みどり議員にインタビューして「世の中には変な人が居る」と言わせて自民党のいメージダウンを図っている。

ナレーション
「秋葉原と言えば2012年の政権復帰の時、安倍総理が熱狂で迎えられた場所です」


Ponkoもこの時、この場所に居た。

ナレーション
「ただ去年7月の東京都議選では聴衆から批判を浴びました」


安倍総理の「こんな人達に負けるわけにはいかない」発言のVTR

安倍総理
「みなさん、あのように人の主張を訴える場所に来て演説を邪魔するような行為を私達自民党は絶対にしません。こんな人達にみなさん、私たちは負けるわけにいいかない」


聴衆といってもごく一部の反日パヨク達で、メディアがその一角をあたかも聴衆の全てであるかのような映像を切り取りしたのものだったのは周知の事実。

「自民党は絶対にしません」の部分は無視されて「こんな人達に負けるわけにはいかない」の部分だけが切り取られて問題とされた。

ナレーション
「今日、多くの支持者を動員して街宣車を取り囲んだのは、去年の反省を受けてという事なのでしょうか」

20180920003.jpg

麻生副首相
「冷や飯を食わせるなとか何とかかんとか言ってる人達がいるみたいですが、覚悟が足りないんだ、覚悟が。冷や飯を食うぐらいの覚悟を持って戦って当たり前でしょうが!」


麻生節はいつ聞いても痛快だ。
しかしテレ朝の意図は「麻生の暴走」を印象付けようとしている。
石破候補の「圧力に屈しない」という演説の「前振り」である。

20180919105.jpg

安倍総理
「みなさん、批判だけしていても何も生み出すことはできないんですよ。みなさん!
私達に求められているのは具体的な政策です!
具体的な政策を前に進めていくことこそ私達に求められている。
私達は無駄な批判はしません


具体的な政策を示せない石破候補を明らかに批判している。

支持者の後ろでは反安倍の「アベ辞めろ」コール。

犯罪者の菅野 完に嵌められた犯罪者の籠池前理事長も出て来た。
モリカケを忘れるなというテレ朝の暗示である。

20180919101 (2)

反安倍派の声を紹介しているが、「安倍支持者」のインタビューをしたのだから、「石破支持者」のインタビューとすればいいのに、「安倍政権に反対する人」と表現を変えている。
ここにも姑息なテレ朝の意図が見える。

20180918102.jpg

「支離滅裂過ぎて、安倍さんは今日は国民が怖いんですかと聞きたい」

「国民」という言葉を使うのは石破候補の作戦である。

20180919101(3).jpg

「今まで日本が大事にしてきた民主主義も平和主義も当たり前だと思って来たことが安倍政権になってからどんどん壊れてしまっているので、それに一番危機を感じます」

朝日新聞の意図を代弁している。

20180919103.jpg

石破
「私は国民を信じて、つねに真実を語りたいと思っています。権力があろうが圧力があろうが国民のためにそのようなものを恐れてはなりません。
私が恐れるのはたった一つなのであります。
国民のみを恐れて私は政治をやってまいります」


自分を「安倍一強」の被害者に仕立てて英雄化しないでくれ。
安直に国民、国民と言って国民にゴマをするな。
政策を語れ。

それにしても祟られそうな怖い顔だな。
国際会議に日本の総理として出せないな。

ナレーション
「石破陣営では国会議員票では劣勢であるものの、党員票では独自調査の結果、拮抗した戦いに持ち込めると分析しています」


明日(もう今日になってしまった)の結果を御覧じろ。

20180919500.jpg

富川悠太(キャスター)
「安倍総理は三千人以上動員したという・・・」

小川彩佳(サブキャスター)
「数が集まったということですね」

富川
「一般の人は近づけなかったみたいですね」

小川
「ねえ、一番近い所には一般の方ではない方が沢山いらっしゃったという」

富川
「そうですね。まあ総理総裁を選ぶ選挙と考えると、一般の方も聴きたいだろうなとは思うんですけどね」


一般の人もマイクがあるから聞こえるだろう。

後藤謙次(ジャーナリスト)
「去年の都議選であの会場で『こんな人達に負けるわけにはいかない』と発言して物議を醸した。
それを今回やめると『怯んだのか』と言われ兼ねないという要素もあったのではないか」


これを下司の勘繰りという。

20180919104.jpg

2012年の総裁選では石破候補に敗れた。
それにしてもこの安倍候補の写真にはテレ朝の悪意を感じる。

安倍候補は同じ派閥の長だった町村信孝氏も出馬したので遠慮して地方にはほとんど行かなかったという。
今回は地方票も安倍候補が取るだろう。

後藤
「安倍さんが55%を超えるかどうかがポイントだ」


安倍総理が55%を超えない場合の伏線を張っている。
越えなければ安倍完勝ではなく、石破に次のチャンスがあるとしたいのだろう。

明日(今日)の結果が楽しみである。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

タグ : 日本精神

00:48  |  2018総裁選  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |