FC2ブログ

2018.08.23 (Thu)


石破候補をめぐる朝日と産経の戦い


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

石破氏、今日は日刊スポーツに露出して愚論

石破茂総裁候補のメディアへの露出を意図的にしている。
21日のテレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」への出演で反日パヨク評論家の青木理や玉川徹コメンテーターと意気投合していたことは文字越しをして既にご紹介した。

⇒「石破候補 パヨクTVで大演説の愚」

このなかで青木理は「産経新聞」という名前を具体的に取り上げて批判した。
それに対して石破は・・・

「ご指摘の新聞はそうだ。メディアと権力は一定の距離を持つべきだ。メディアと権力が一体になった時は凄く怖いと思っている。民主主義のためにあってはいけないことだ。」

悪乗りした。

これに対し、今日の産経新聞で阿比留瑠比論説委員兼政治部編集委員がかなり抑え気味に反論していた。

安倍首相の葬式を出すのが社是の朝日新聞は石破候補を利用し安倍首相を追い落とそうとしている。
安倍首相さえ追い落とせば石破を落とすのは赤子の手を捻るように簡単だ。

石破はそれを知ってや知らずや朝日新聞に手もなく利用されている。

⇒産経新聞(2018/8/23)
【阿比留瑠比の極限御免】
残念な石破茂氏の現状


自民党総裁選をめぐり、異なものを見た。21日のテレビ朝日番組で、ジャーナリストの青木理氏が産経新聞の20日付朝刊記事「首相『石破封じ』牽制(けんせい)球次々」について「ある種異様な記事だ」と述べると、出演していた石破茂元幹事長がこう同調したのである。

 「今の指摘の新聞がそうだが、メディアと権力は一定の距離を置いていたはずだ。代弁人ではなかった」

 まるで産経が権力の代弁人だと言わんばかりだが、いったい何の根拠があってどの部分がそうだというのか甚だ疑問だった。

 当該記事は、総裁選に関する当事者たちの生々しい発言を複数の記者が取材してまとめたインサイドストーリーである。現在の自民党内の空気と実情を、具体的なエピソードを通して描いたものが、どう「異様」だと言うのだろうか。

 確かに、石破氏にとってはあまり歓迎できない内容だったかもしれない。とはいえ、事実を書かれたら新聞社を「代弁人」扱いするというのは、石破氏のこれまでの主張と矛盾する。

 石破氏は総裁選に向け7月に出版した新著『政策至上主義』で、わざわざ「マスコミのせいにしない」という見出しを立ててこう記しているではないか。
「『マスコミが悪い』と言いたくなる気持ちは本当によくわかりますし、マスコミ自身が批判されるべき場合には、きっぱりとした抗議や申し入れも必要だと思います。しかし、私は経験から、それだけでは理解が広がらないとも思っています」

 不都合な真実を指摘されて報道のせいにするようでは、鼎(かなえ)の軽重が問われる。

 現に、最近の石破氏の言動をめぐっては、党内にも疑問の声が多い。今回、石破氏支持の立場を取る竹下派(平成研究会)の参院側をたばねる吉田博美氏も、21日の記者会見で石破氏の安倍晋三首相批判をこう強く牽制した。

 「相手への個人的なことでの攻撃は非常に嫌悪感がある」

 また、総裁選での投票先を明らかにしていない竹下派の中堅衆院議員も首をかしげていた。

 「石破さんの出馬記者会見をみると、正直引いてしまう。あれじゃ野党と同じだ。同じ党なのに、あんな人格攻撃みたいなことを前面に出してどうするのか」

 石破氏は新著で「異論と『足を引っ張る』はまったく違う」と書いているが、周囲に個人攻撃、人格攻撃と受け止められていることをもっと反省すべきだろう。

 もう一つ、違和感を覚えたことがある。北朝鮮情勢が激変している時期だというのに、新著では拉致問題が論じられていない。

もう政界でも忘れてしまった人の方が多そうだが、石破氏は平成14年4月から9月ごろまで拉致議連の会長を務めたことがある。石破氏に会長就任を要請した故・中川昭一元財務相が当時、うれしそうに筆者にこう語っていた。

 「(中国や北朝鮮に宥和(ゆうわ)的なイメージがある)橋本派(現竹下派)の石破さんが受けてくれたのは大きいよ。インパクトがある」

 ところが、石破氏は第1次小泉純一郎改造内閣の防衛庁長官に抜(ばっ)擢(てき)されると、拉致問題から手を引いていく。それどころか石破氏はこの6月には、北朝鮮に宥和的で拉致被害者家族から警戒されている日朝国交正常化推進議員連盟(衛藤征士郎会長)の会合に姿を現している。

 ずっと総裁候補であり続けてきた石破氏の現状が、残念でならない。(論説委員兼政治部編集委員)


「故・中川昭一元財務相」
この名前が出るたびに悲しみを禁じ得ない。
ある意味、不審な亡くなられ方をした中川氏が在りせば安倍首相と二人三脚で・・・といつも思う。

「石破氏は朝日新聞と組んで虎の尾を踏んだ。しかし、朝日新聞は骨を拾ってくれまい」

八幡 和郎氏は書いている。

石破候補の支持者が似非保守からパヨクになった小林よしのり、中指立ての香山リカ、オバカコメンテーターの室井祐月、籠池氏を利用した元シバキ隊のノイホイこと菅野 完、アイアムノット安倍の古賀茂明、「安倍よお前は人間じゃない、叩き斬ってやる!」の山口二郎センセ、二重国籍の蓮舫・・・

と来れば、それが何を意味するか明々白々である。

石破氏は今日は日刊スポーツにご登場。

①石破氏はゴルフやらない その時間あれば地方に

石破茂
「地方創生大臣になった時、会見で『自民党は感じ悪いよねと言われないようにしなければ』と何度か言いました。」


「感じ悪いよね」と言い出して世論誘導したのは野党。
この時は野党の有権者に媚びた姑息な方法に腹が立ったものだ。
それに乗っては駄目だろう。

「自民党は今、圧倒的多数を持っているように見えますが、投票率は5割、得票率は4割。かけ算をすると、積極的な自民党の支持者は2割くらいしかいない」

滅茶苦茶な統計理論。

②石破茂氏「批判を許さない自民党」

「あと80年で日本の人口は半分に、高齢化の比率は倍になる。設計図を書き換えないと、この国は持続できない。そういう時に、正面から向き合わないでどうしますか。「信用できない」といわれてどうしますか。そこを、いちばん訴えたいと思います」

やっぱり政策論争よりモリカケを追及して「信用回復」か。

③石破茂氏「小泉純一郎さんは天才」

石破茂
「お仕えした総理では、小泉純一郎さんは、本当に天才。私は小泉さんと徹底的に対立していましたが、突如として私を防衛庁長官にすると。


媚中派の石破氏が防衛庁長官とは危なかった。
国家観も安全保障観もなく単なる兵器フィギュア収集の軍事オタクで危なかった。

いまでも憲法9条2項を廃止しろと出来もしない理想論を唱えて憲法改正には時期尚早と反対している。

「戦争体験者が生きているうちに憲法改正をしたい」(石破茂)

だったら公明党と維新の党を抱き込んで早く国民投票に持ち込みたい安倍首相のリアリズムに学ぶべきだ。

参院のドン青木幹雄は今回は石破候補が負けても、来年の参院選で安倍政権が負けた時に安倍首相を降ろして石破を担ごうと画策している。

しかし八幡和郎氏は「安倍首相は参院選敗北でも退陣しない公約を」(2018/8/13)と早くから警告を発していた。

「自民党総裁選挙は、安倍首相と石破茂氏の一騎打ちになりそうだが、石破氏の立候補宣言も野党並のアンチ安倍一強だけしか内容がなく、著書の売れ行きも悪く、朝日新聞など偽リベラル系マスコミにもてはやされているだけに留まっている。」

「ただ、竹下派などが、参議院選挙の結果次第では、安倍首相の信任が問われるとかいう古くさい派閥闘争的揺さぶりをかけることはありえないわけでない。しかし、大阪でのG20など参議院選挙後の外交日程は、政争などやっている状況ではない。また、参議院選挙に勝てば安倍退陣かとなれば、野党だってファイトが燃える。
それを考えれば、安倍首相は、総裁選挙を通じて、来年の参議院選挙でもし不調だった場合にも、総理総裁交代は必要ないということを明確にしておくべきだ」

「第一次安倍内閣のときは、参議院選挙は政権交代に結ぶ付くべきでないのに、安倍首相自身が食言気味に『政権選択の選挙』といって野党を鼓舞してしまった経緯がある」


思い返せば、安倍首相が国会で「仮に自分や妻が関係していたならば即刻国会議員を辞める」と答弁したために野党と朝日新聞などの反日勢力を鼓舞してしまい一年半以上も国会を空転させてしまった。

【追記】国民民主党に離党届を出した柚木道義議員は除名処分となった。
立憲民主党は除名された柚木議員を受け入れるだろうか?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:49  |  2018総裁選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |