FC2ブログ

2018.07.27 (Fri)


子供を産まないと産めないは違う


↓↓↓クリックをお願いします

政治ランキング

自民党本部前で「杉田は辞めろ」デモ

自民党の杉田水脈議員の「LGBTに生産性はない」発言はまだパヨクの餌食になっている。
共産党の機関紙もこの時とばかりに「自民党の危険な思考だ」と攻撃している。

⇒しんぶん赤旗(2017/7/27)
LGBT「生産性ない」/人権否定の暴言/杉田議員と自民の危険な思考


 LGBT(性的少数者)のカップルについて「生産性がない」(『新潮45』)という杉田水脈衆院議員の主張は、「ナチスの優生思想にもつながりかねない」(「毎日」25日付社説)と批判される危険なものです。 そもそも、子どもを産むかどうかは、LGBTに限らず、あらゆるカップルのさまざまな事情で決まることで、杉田氏の暴言は子どもを産まない、産めないすべてのカップルの人権を否定する侮辱的攻撃です。(以下略)

日本共産党は「子供を産まない」と「産めない」を頭が悪いのかそれとも意図的かは知らないが、混同している。
そもそもLGBTなどという英文字を使うのは他の自称進歩的なリベラルが好んで使う横文字と同じで胡散臭い。

日本にも衆道の歴史があるから同性がよければ勝手にやってくれ。
しかし同性間では子供ができないのは事実であり、正常な夫婦で子供を作りたくても出来ない人達にこそ国が予算を講じて無料で治療に専念できるようにすべきである。
少子高齢化の進む日本ではそれが正しい予算配分である。
性同一性障害(トランスジェンダー)に悩む人達もその中に含めていいだろう。

子供を作るのは面倒だし、金もかかるから夫婦二人で人生を楽しめばいいやという身勝手な夫婦は許せない。
一方では、お笑い芸人のカンニング竹山のように、「俺たち夫婦には子供ができないから非生産的で、オレが外で浮気すれば生産的かよ」などというトンチンカンニングも出て来る始末だ。

今夜、自民党本部前で「杉田は辞めろ」のデモがあったという。

イザ(産経新聞系)(同上)
「LGBT差別するな!」 自民党本部前で杉田水脈氏の議員辞職求め抗議

2018072705.png

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が月刊誌に、性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問を呈する寄稿をしたことをめぐり、杉田氏の議員辞職を求める抗議活動が27日、東京・永田町の自民党本部前で行われた。「LGBT差別 許さん」などと書かれたプラカードを手にした人たちで歩道が埋め尽くされた。
 会員制交流サイト(SNS)などを通じて集まった参加者は、「差別はするな」「杉田は辞めろ」などと党本部に向かって叫んだ。
 杉田氏は18日発売の月刊誌「新潮45」(8月号)に寄稿した論文で、LGBTは「『生産性』がない」などと持論を述べた。


「アベ辞めろ」と同じ連中ですな。
5000人が集まったとパヨクサイトのリテラが報じているが嘘だ。
水増しが当たり前の主催者発表ですら4000人である。

「編集長ら3名の社員が30人程度の外部執筆者の原稿を受け取り、1日10本程度の記事を更新している。契約前に取材や記事執筆の経験がなくとも執筆でき、編集部ではニュースの真偽についてチェックしない、所謂コタツ記事である。最新ニュースを独自の切り口で伝えると自負するが、中傷やいわゆる飛ばし記事・誤報も散見され、掲載後に当事者側に否定され、謝罪を求められるケースも出ている。週刊文春は「報道ではなく、クリックを稼ぐためのモンキービジネス」と批判している(⇒ウィキペディア)

パヨクに変身してしまったあの週刊文春にすら批判されている。

いま杉田議員を批判、攻撃している人達を見れば、LGBTを利用したパヨクの連中であることが分かる。


>



ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓


FC2バナー2



22:57  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.27 (Fri)


安倍を倒すにゃ石破も使え?と朝日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


産経新聞は簡潔・正確

自民党の総裁選で安倍総裁と一対一の直接対決に追い込まれた石破茂氏が悲鳴を上げている。
岸田候補が出馬を断念し、野田候補が20名の推薦者集めに苦労している間に夫関連の問題で出馬どころでなくなってきたからだ。

安倍政権を倒すためには何でも利用したい朝日新聞はこの石破茂氏に焦点を当て始めた。
自民党の内部分裂を煽る意図もある。

朝日新聞(2018/7/26)
石破氏「『岸田派を干せ』とは何ですか、自民党は」
石破茂・自民党元幹事長(発言録)

 (党政調会長の)岸田(文雄)さんが、(党総裁選への)出馬表明を見送られたことはものすごい苦悩があったと思う。かつて、中川一郎先生が総裁選にお出になった後、自ら命を絶たれたことがあった。それほどつらく、苦しい決断の末に岸田さんの判断があったと思う。
 新聞報道でしか私は存じませんが「今さら何だ」「扉が閉まる前に駆け込んだのか」「岸田派なんて人事で徹底的に干せ」、何ですか、この自民党は。すべて自民党の同志です。一部の人たちのために自民党はあるのではない。すべての国民に対し、自民党はある。謙虚で誠実で正直な自民党、私たちはそれを作っていかなければならない。(東京都内のパーティーでのあいさつで)


「新聞報道でしか私は存じませんが」とあらかじめ逃げ道を作っておく石破氏は卑怯である。
こういうところが彼の嫌いな所だ。

産経新聞はどう伝えているか。

産経ニュース(同上)
【自民党総裁選】
石破茂氏「損得や保身は捨てる」出馬に重ねて意欲


(今日の産経新聞の同記事の見出しは「石破氏『保身捨てる』」)

 自民党の石破茂元幹事長は26日、東京都内で講演し、9月の党総裁選出馬に重ねて強い意欲を示した。「選挙は行われるべきだ。自分の損得や保身は捨てなければいけない。異を唱えなければ出る意味は全くない」と述べた。
 石破氏は、岸田文雄政調会長の不出馬表明が遅かったために「岸田派を人事で干す」といった声が党内にあるとの報道を紹介した上で「そのような自民党であってほしくない。同志をさげすむ党であってはならない」と語った。連続3選に向けて優位に立つ安倍晋三首相(党総裁)陣営が念頭にあるとみられる。


こちらの記事の方が簡潔であり正確である。
朝日新聞は石破氏を利用して自民党内の御家騒動的な印象操作をすればするほど「贔屓の引き倒し」にならないか。

⇒過去記事「歴史観なき石破茂防衛大臣」(2008/5/5)から・・・

石破大臣の国賊行為を叱る
渡部昇一

中国共産党の新聞「世界新聞報」(1/29)に駐日記者が石破茂防衛大臣の執務室でインタビューした記事を載せた。

【石破防衛相の発言】

●私は防衛庁長官時代にも靖国神社を参拝したことがない。第二次大戦の時に日本の戦争指導者たちは、何も知らない国民を戦線に駆り出し、間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない、あの戦争は間違いだ、多くの国民は被害者だ。

●日本には南京大虐殺を否定する人がいる。30万人も殺されていないから南京大虐殺そのものが存在しないという。何人が死んだかと大虐殺があったかは別問題だ。

●日本には慰安婦についていろいろな見解があるが、日本軍が関与していたことは間違いない。

●日本人が大東亜共栄圏の建設を主張したことは、侵略戦争に対する一種の詭弁だ。

●(中国は日本に対する脅威であるから対中防衛を強化せよという人たちは)何の分析もしないで、中国は日本に対する脅威だと騒いでいる。

●日本は中国に謝罪するべきだ。







ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:27  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |