FC2ブログ

2018.07.22 (Sun)


国民の25%で安倍一強政治だとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

サイテーモーニングは今日も元気

本日のTBS「サンモニ」は相変わらず無理筋の安倍政権批判。
おなじみの新聞とテレビしか見ないシニア層の街頭インタビューを世論とする情報操作はバレバレだ。
後日の検証のためにアーカイブとして文字起こししてご紹介。

TBS「サンモニ」(2018/7/22)
通常国会閉幕へ
与野党終盤の攻防

20180723005.jpg

橋谷能理子
「今日、6か月における通常国会が幕を降ろしますが、目立ったのは政権の強硬な姿勢ばかりでした

枝野幸男立憲民主党代表
「一連の森友学園友、加計学園問題はいわゆるスキャンダルではありません。社会と国家の危機であります」


野党席から「そうだ!」声
阿呆らしい。

「社会と国家の危機」は国会の壇上でこのようなパフォーマンスをする輩たちだ。
                  ⇓
20180723002.jpg
左から糸数慶子(沖縄の風)、山本太郎、森ゆう子(自由党)

橋谷
「事実上の国会閉幕となった金曜日、野党は内閣不信任案議案の提出、立憲民主党の枝野代表が趣旨説明を行いました」

枝野
「この国会は民主主義と立憲主義の見地から憲政史上最悪の国家になってしまったと言わざるを得ません」

野党席
「そうだ!」


以下アホらしいので一部省略。

自民党金田勝年幹事長代理の野党批判の演説。

IR法案(カジノ法案)反対の演説をぶつ白 真勲(立民党)。
祖国はパチンコを禁止したから日本も見習えとなぜ言わないのか。

自民党の議長に暴力を振るう山本太郎。右手は森ゆう子。

20180723003.jpg

モリカケを取りあげて・・・

橋谷
「新たな疑惑が浮上しています。疑問が解消されないまま幕を閉じる国会に街の声は・・・」


疑問が解消しないのは安倍首相に参りましたと言わせる具体的な証拠が何一つ出て来ないからだ。

70代女性
「森友学園とかもう安倍政権の・・・安倍さんの事に関して、個人的な事に関して、もっと誠意をもって事に対応して欲しい」

70代男性
「加計問題ですか?ああいうのも何となく尻切れトンボで、もう諦めの境地ですね」

60代男性
「自分たちの存在感を示そうとして、委員長の解任、内閣不信任案をやってもしょうがないじゃん。反対意見がまとまらないみたいな」

60代男性
「政治に関して国民の人たちは言ったって無理だと無関心になっちゃってる。このまま行っちゃえば、この国潰れちゃうんじゃないですか」


もっと若い人達の声をなぜ聞かないのか?
聞いたら安倍政権賛成派だったのでカットしたに違いない。
反日テレビ独特のフェイク報道である。

首相官邸の記者会見で安倍首相が「慎重な政権運営をする」と答弁するシーン。

橋谷
「慎重な政権運営と語った安倍総理ですが、与野党の議論は噛み合わず、数の力で押し切る場面ばかりが目立つ国会となりました


野党が確実な証拠や論理で政権を攻めて行かないから噛み合わないだけの話である。
「数の力で押し切る」というが国民が選挙で選んだ国会議員は国民の代表であり、その数が多いことをもって決する多数決は民主主義の基本である。

関口
「街の人の声が出ましたけどねえ」

橋谷
「はい」

関口
「なんかもどかしい感じをみんな持ってんじゃないかなあ」

橋谷
「うーん」

関口
「何なんだろうなあと、僕はいつも思うんだけど」


成立した3法案は世論調査では反対が多いのになぜ国会を通過したのかと橋谷。
森友・加計問題の疑惑は解けていないのに、昭恵夫人の国会招致、佐川氏の再喚問、加計理事長の国会招致はできなかったと解説する。

関口
「でも、どうしようもないよなあという感覚を皆さんお持ちなんだろうと思います。皆さんどうでしょうか」

寺島実郎
明らかに自堕落な政治だ。国民の意思とか国民の知恵がこの国の最終決定に繋がっていないといういらだちを持っている」


総合型リゾート(IR)が成功しているシンガポールはカジノで潤っているワケではないと寺島センセが物知り顔で解説。

日本にはパチンコ、競馬、競輪・・・とあるから世界一のギャンブル国家だと寺島センセは言うが、問題は全国の駅前その他の一等地に巣食うパチンコこそ廃絶しければならない。
韓国がやったのに日本はなぜできないのか。
それは在日特権のひとつであり、日本人がパチンコ屋を始めても既存の在日に妨害されて閉店に追い込まれると聞いた事がある。
どこかでパチンコ店を経営していた同じ町内の北朝鮮人御夫妻は礼儀正しくてとてもいい人達だったが、家屋を売り払って近くの団地に移ってしまった。

大崎麻子
「経済活性化の論点をもっと検証すべきだった。自治体が誘致しても採算が取れず将来の負担になれば最悪のシナリオだ

萩上チキ
「議員定数を減らすより増やした方がいい。『身を切る改革』の民主党政権の緊縮路線には反対だった。議員を増やすのは賛成だが、手続きがあまりにもよくない。自民党にとって有利な形で短期的に決めてしまった。
カジノ法案は野党がいろいろ資料を出したように、日本人が一番利用する。貸付制度はやりたい放題になってしまい、ブレーキとアクセルが壊れた状態になってしまう。こういうチグハグさがどの法案にも残った」

元村有希子(毎日新聞科学環境部長)
「党首討論が少なくなってるのが残念だ。与党も野党も『歴史的役割は終わった』なんて言ってる。国民に議論の中身を見せるという一番大切な場なのにそれがないがしろにされている。
野党が一番の見せ場だと思っている集中審議は野党が何となく攻めあぐねている間に森友も加計もウヤムヤ。そして理不尽の法案がドンドン通って行ってしまう。敵失もあるが与党がうまいこと勝ったということだ。
この半年間で私達が学んだこと、得たものは先ほどの街頭インタビューにあったが、諦めと失望だ。
これこそ安倍政権が一番喜んでいる状況で、諦めても失望してもいいが、次に前に向いてどう変えていくかという事をちゃんと考えないと、ホントにアブナイ!と思いました


「歴史的な役割は終わった」と言い出したのは自分の意見だけ述べて安倍首相に反論の時間を与えなかった枝野の方であり、それを皮肉って安倍首相が「歴史的な役割は終わった」と応じたのが真相である。
事実を歪曲するな。
野党が攻めあぐねたのは「怪しい」というだけで安倍首相を追い詰めるだけの具体的な証拠がなかったからだ。
「疑惑はますます深まった」などとは笑止千万。
安倍政権をdisるだけに編集された街頭インタビューなど参考にはならない。

関口
「ねえ、それも確かですよねえ」

松原耕二(BS-TBSキャスター編集長)
「今回の国会見てて、ここまで政府がキチンと説明しない、はぐらかす、あるいは間違ったデータを出してくる、向き合わないというのは果たしてあっただろうかと思う。
なぜそこまで説明しないのか。これだけ反対だったり、さっきの街録でもみんなおかしいと思ってる。
なぜ説明しないのだろうか。根っこには何があるのだろうか。
もうすでに国民のコンセンサスを取ろうという気は無いんじゃないか。つまり今の(選挙)制度では、半分ちょっとが投票に行って、小選挙区制では半分以上取れば政権は維持できるわけだ。
そうすると25%政治をすれば政権を維持するという意味では何とかなる。
岩盤のようなある種の業界と保守層みたいなもの、それと株価を維持するとアピールできるというような人達にやって行けば、75%これ以上取らなくていいんじゃないかと思って政治をしているという風にしか思わないと説明がつかない。
先程、元村さんが言った様に、諦めになればなるほど投票率が下がると、更に25%政治、つまり一部の人に向けての政治にどんどんなっていくんじゃないかと。
なんかトランプ政権との類似点を感じてしまう」

関口
今、25%取ればいわゆる今の一強体制が取れる

松原
「ザックリなんですけど」

20180723000.jpg

関口
「これ見ても反対はこんなにあるのに通ってしまう。ああ!ため息が出てしまう」

橋谷
「諦めちゃいけない」

関口
「諦めちゃいけない」


諦めて下され。

50%の50%、つまり国民の25%の意見を反映して日本の政治が行われているというのは詭弁ではないのか。
どなたか統計学に詳しい方のコメントを頂きたいものだ。

それが事実なら国民の25%の意見でTBSを廃局にしよう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







23:42  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |