FC2ブログ

2018.07.10 (Tue)


安倍首相らの酒盛りが被害を大きくしたとパヨクたち


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

こういう手合に騙されてはならない

7月1日の⇒当ブログ記事で反安倍パヨクサイトを思いつくまま列記してみた。

朝日新聞系のハフポト日本版
BuzzFeed
Business Insider Japan
朝日新聞系のAERA
日刊ゲンダイ
東洋経済オンライン
リテラ

しかしまだ書き忘れていたのがあった。
ハーバー・ビジネス・オンラインである。

今日のトップ記事は・・・

⇒豪雨の最中に納涼ビアパーティに興じた自民党議員 本当に「先手先手」のか?
(選挙ウォッチャーちだい)


危機管理のない自民党の議員たち
災害対応よりパーティーが優先されたのです。


石原伸晃議員のツイッターを取り上げて・・・

「#七夕」という絵文字付きのハッシュタグをつけて。被害が広がらないように動くべき職業に就いているオッサンが、短冊に願い事を込めているのです。祈る役目の人は「私人」の安倍昭恵夫人だけで結構です。国会議員なら神様にお願いする前に働いてくれというのが我々の願いです。

「災害の真っ最中にビアパーティー」

「なぜ災害よりパーティーが優先されてしまうのか」

「豪雨の最中に納涼ビアパーティーに興じた自民党議員。本当に『先手先手』なのか?」

「あとで検証して責任の所在を明らかにする必要がある」


などなどの小見出しを付けてネチネチと安倍政権批判。

「あとで検証して責任の所在を明らかにせよ」なんて、そんなに大問題なのか?
まるで自民党議員の小さな宴会が西日本豪雨の大被害を呼んでしまったかのようである。

そして最後に言う事がいい。

「政権を批判的に検証すると、すぐに『安倍下ろしの記事だ!』と騒ぐ人もいますが、こんな記事1枚で安倍政権をひっくり返せるなら、もっと有能なライターがとっくにひっくり返していることでしょう。ここで反省をしなければ、同じ過ちを繰り返すことになり、未来の日本人が死ぬことになる。未来の日本人を殺さないために、僕たちは今、政府の動きをよく見て検証しなければならないのです。」

こういう言い方をする男が大嫌いである。
散々安倍政権をコキおろして置きながら、私なんか無能で安倍政権をひっくり返すことはできませんなどとヘリ下るいやらしさ、下品さ。そして偽善者。
こういう汚い男と比べると、安倍政権を正面から口撃する共産党の小池晃副委員長の方がよっぽど可愛く見える。

昨日も・・・

歴史的豪雨が分かっていながら首相が酒盛りしていた日本と、
大型ハリケーン連発でも死者を出さないキューバの違い
(足立力也)

歴史的豪雨が分かっていて酒盛りをする首相の危機意識とリーダーシップの欠如


一昨日は・・・

宴会に寿司。記録的豪雨が西日本を襲う中、安倍首相や被害の大きい地域選出の議員たちの行動が物議
(選挙ウォッチャーちだい)


今回、初動が遅くなってしまった最大の原因は「赤坂自民亭」なる若手議員との親睦会だと、僕は考えています。

と3日連続で安倍首相たちの酒盛りをコキおろしていた。
その前には同様の記事は見つからないから、西日本豪雨の被害が大きくなってから、後付けで記事にしたことが分かる。
要するに安倍首相の足を引っ張ることで出来るなら何でも利用しようという魂胆がミエミエである。
でう見ても日本人のメンタリティとは思えない。

まあ、それでも書いている本人達が「こんなこと書いても安倍政権は倒れないな」と承知しているから情けない。
こういうのを「負け犬の遠吠え」という。

東洋経済オンラインがよく採用するフリージャーナリストの安積明子も反安倍である。
「安積明子」でググると2014年12月18日の当ブログの旧記事が出てきた。

それはともかく、まだ反安倍で飯を食っている。

⇒東洋経済オンライン(2018/7/10)
豪雨でも「宴会自慢」をやらかす"想像力欠如"
安倍政権の売りは危機管理能力だったのに…


むろん、宴会は多忙な首相の予定を押さえたうえで組み込まれた重要な日程であることは理解できる。問題は、宴会を行ったこと自体にあるわけではない。それを豪雨の最中でも喜々としてSNSにアップしてしまう共感力の欠落、想像力の欠如が問題なのである。

悪意に満ちたタイトルである。
安積記者によれば宴会に問題はない、SNSにアップするのが問題だそうである(笑)

なお安倍首相は9日昼、11日からの欧州・中東への外遊を取りやめた。当初の「やるべきこと」だけでは足りないということで、危機対応は「後手後手」の感が否めない。民主党政権の失敗という反省の下で危機管理能力を売りにしてきた安倍政権だが、この大災害をどのように乗り越えるのか。被害の全容が明らかになる中で、総裁選への影響もジワリと出てくるかもしれない

安倍首相が豪雨被害のためにEUサミットを含む海外出張中止したら、EUから日本でEPA調印式をすると言い出した。
わざわざ日本に来てくれるというである。
安倍首相の国際社会での存在感を大きさを示したものだが、反日マスゴミは今のところほとんど無視。

その磐石の安倍政権にアプローチする女記者にはロクなのはいない。
その筆頭は東京新聞の望月衣塑子だが、安積は二番手か。セクハラ疑惑で福田次官を更迭させたテレ朝記者の進優子は三番手とも言える。
一方では元産経記者の福島香織さんのような立派な記者も居られるが・・・

とにかく安倍政権を叩けば記事が売れると思い込んでいる連中が情けない。
週刊誌でも何でも売れてナンボということらしい。
しかし、モリカケにしろアベ批判にしろ読者や視聴者はとうに飽きている。
見放されるのは彼等である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:15  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |