2018.07.02 (Mon)


モリカケ問題を燻ぶらせたいTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

デッチアゲ、偏向報道は止まない

(前記事の続き)

TBS「サンモニ」(2018/7/1)
集中審議で "加計" "森友" 追求
二階幹事長の発言に野党反発


伊藤友里(レポーター)
「安倍総理が気色ばむ場面もあった党首討論。国会が混迷する中、新たな動きもありました」


気色ばむ・・・怒った様子を表情に現す。むっとして顔色を変える。(国語辞典)

党首討論を見ていた人はご存知のとおり安倍総理が気色ばむ場面などただひとつも無かった。
いや党首討論に限らず、安倍総理が国会で「気色ばむ」場面など一度も見たことは無い。
むしろ失笑しがら、言う事を聞かない無知な子供を諭しているような場面が多い。

安倍総理が余裕の表情を示すほど野党の攻勢は間抜けで、甘いのだ。

伊藤
「ワールドカップ、セネガル戦から一夜明けた月曜日の国会・・・」


安倍首相が麻生副総理の隣で口元を両手で隠しながら大きなあくびをするシーンを大写しする。

国民民主党の浜口参議院が加計理事長を国会に呼べと迫る6月25日の参院予算委員会のやり取りのVTR。

伊藤
「森友学園をめぐる問題でもに追求を受けますが、こちらも議論は平行線をたどり自民党幹部からは『このままでは堂々巡りだ』との声も上がり始めています」


自民党幹部とは石破茂村上誠一郎山崎拓あたりか? 小者では船田 元小泉進次郎後藤田純一あたりを指すのか?

「オウンゴールをしないよう、しっかりと成果を上げて頂きたい」という自民党高村副総裁の映像に続いて・・・

伊藤
「慎重な対応を求める声があがりますが、その日の夕方、自民党幹部から物議を醸す発言が飛び出したのです」


二階幹事長の「子供を生まない方が幸せに送れるんじゃないかと勝手な事を自分で考えて」発言を紹介。
「勝手な事」はやや言い過ぎかもしれないが、子供を作れない夫婦はどうすると場違いなイチャモンつけるパヨクたち。

辻元清美立民党国対委員長
「想像を絶する発言ですね」

蓮舫立民党副代表
「与党の幹事長である方が今なお、その価値観を現在に押し付けるというのはあってはならない」


近代国家では「子供を作らない自由」もあるとトンデモリベラル思想を展開。
確かにそれは自由だが、みんながその自由を主張したら日本民族は絶える。
まあそんなトンデモ思想を主張するのは一握りのパヨクに過ぎないから、日本民族は皇室と共に営々と存続していくことだろう。

2018070202.jpg

小泉進次郎
「おかしいことはかしいと、そう言えない自民党はいつか見放されると思っているから私はそうあってはいけないかなと・・・」


小泉は2週間に1度の党首討論やスキャンダルや疑惑を追及する特別調査会の設置を主張。

「党首討論の役割は終わった」と与野党の党首がいっているのだから、無駄である。
検察ではあるまいし、政治家が探偵の真似をしてどうする。

朝日新聞系のパヨクニュースサイトであるバズフィード・ジャパンの創刊編集長の古田大輔が黒板を使って進次郎の構想を紹介。

「総括的で画期的な提案」と褒めちぎった。

2018070203.jpg

青木 理
「ワールドカップの陰に隠れてといったら失礼かもしんないけど(正しくは「知れないけど」))、加計学園の理事長がこっそり記者会見した」


「こっそり記者会見」とネガティブコメント。

青木
「ただ一方で支持率は徐々に戻って来ている。これはどういうことかというと、やっぱり多分『何をやっても変わらないだろう』と。『何言っても変わらないじゃないか』という諦めていうか、ニヒリズムの陰で一番大事な手続きはどんどんどんどん薙ぎ倒されて行ってるという状況ですよね。今の所は大丈夫かもしれないけど、いつか纏めてとんでもないツケを払わされる時が僕は来ると思いますよ」


青木センセ、ご心配なく。
国民はニヒリズムでもなんでもなく、あなたがた反日メディアの洗脳教育から目覚めつつあるのだ。
岸井成格氏亡きあと、アンカー気分の青木 理、付け上がるでない。

寺島実郎
「日本の政治に漂っている今の議論につながる虚脱感。政権側の傲慢ともいえる数の論理というか、背景にあるのは、いま支持率の話が出たが、結局、国民の政治を見抜く力が支持率に現れていると思う。
その背後にある構造を分析すると極めて明快で、たとえば地方で議論してて、地方の経営者とか高齢者、日本の高齢者の7割以上がいまの政権を支持しているという流れがある。
その背景は簡単で、この政権で株価が二倍になったことだ。
この株は極めて政治的に株を上げている。日銀のETF買いと、GPIFという我々の年金基金の約60兆円を株に突っ込んでいる。
こんな国は世界に無い。
株の7割以上は高齢者が持っている。若い人は株なんて持っちゃいない。
ですから、何でもいいから政治主導で株を上げてくれという動きがあって、株があがる政治ならいいじゃないかと。
だけど、これは我々の後の世代に負担が来る。
財政出動すれば赤字国債のツケは来る。経済を政治的に歪めちゃう。株価を動かしたりすると。
だから、政治改革だとか国会改革だとかいう問題意識に対して、われわれも正面から問題意識を持たなきゃいけないと思いますよ」


アレ? 安倍政権の支持率は若者の方が高いはずだが?
また高齢者の大部分は株なんかやっちゃいない。
財政主導反対、緊縮財政賛成でいままで何度失敗してきたことやら。

若者は有効求人倍率が1.5倍、つまり就職率が改善されたことと、安倍首相の世界を股に掛けての積極的外交を好感しているのである。
引用するデータもデタラメ、注釈もデタラメのTBS「サンモニ」に明日はない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




22:55  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |