FC2ブログ

2018.06.11 (Mon)


「正論」7月号はモリカケを一切無視


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「正論」を読もう

2018061102.jpg

明日は米朝会談のニュース一色になると思うので、取り急ぎ遅れていた「正論」7月号のほんの一部をご紹介。

「正論」7月号
特集 平和のイカサマ

「折節の記」(高山正之)

「米朝会談が間もなくあるとか。で、南北朝鮮の首脳が会ったり、でも日本にはお呼びがかからない。日本は蚊屋の外、安倍外交の失敗だ、このままでは孤立すると福山哲郎が騒いでいる。
 一方で、あんな国には関わらない方がいいという声も強い。日本が最初にあの半島のトラブルに巻き込まれたのは白村江の戦いだった」

新羅に敗れた百済の遺臣に助けてくれといわれて、「姜尚中と違って日本人は義理堅いから助けに行ったら唐の大軍が待っていた」


日清戦争も朝鮮王朝が支那を呼び込んだ代理戦争だと高山氏。

「日本はそれに勝って結んだ下関条約の第一条が『朝鮮の独立を認める』。世界に様々戦争が起きたが、他国の独立を承認させるための戦争など過去に例がない。
そこまでしてやったのに独立朝鮮のやったことはロシアを自国に引き込み、対馬の真ん中の馬山浦にロシア海軍の基地を提供した。
 気が付いたときは日本は国運をかけ、世界最強のロシア陸軍と日本艦隊の4倍の規模を持つロシア海軍相手に日露戦争を戦っていた。
 このふたつの戦争で日本が12万人の戦死者を出すが、それを仕掛けた当の朝鮮人たちはその間、ずっと傍観を決め込んでいた」


高校の近代史の教科書に載せたいような内容だ。

「空がこんなに青いのも・・・」(八木秀次)

「『空がこんなに青いのも、電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのもみんな安倍晋三が悪いのさ』『「痴楽・綴り方狂室』の一部は今日も繰り返されている」

弊ブログもたまたま数週間前に同じ事を書いていた。
 
「近代以後 権力の前に"反"権力が腐敗する」(古田博司)

反国家で儲けるマスコミ

「日本は朝日新聞などの新聞社3社、文芸春秋社のような出版社、テレビ局、近代の理念の発信者の大学教授、官庁や自衛隊などに潜伏している共産主義者やリベラルは、最近明確に『反国家的』であり、国政を妨害している」


・・・としてその原因を箇条書きしている。
詳しくは本誌をご購入の上、お読み頂きたい。
(以前にも書いたが、Ponkoは産経新聞や保守派言論誌、書籍を財布の金をはたいて買うのは献金の一種だと考えている)

日本虚人列伝「関口 宏」
北朝鮮との"友好"を愛するサンデーモーニングの名司会者(中宮崇)


当ブログでも取り上げた姜尚中の「安倍政権は拉致問題も政治的に資源として利用して来た」発言や関口 宏の発言を取り上げてサンモニ批判。
「ネットの登場で偏向にかげり?」とあるが、なかなかどうして。

「野党再建論 18連休した議員達たちに捧ぐ」(江崎道朗)

「どこの国でも共産党は『民主主義を守れ』と叫んでいるが、全世界の共産党の生みの親であるコミンテルンは結成当初から議会制民主主義を破壊することを目的と掲げている。よってアメリカのように『民主主義を守るために』共産党だけ結党を禁じている国もあるほどだ」

アメリカさんよ、終戦後に日本共産党を復活させた罪は重い。
押し付け憲法と同じぐらい重い罪だ。
「国民の側もまた、議会制民主主義を守る野党とそれを破壊する野党と明確に区別するべきだ」として、「与党は日本維新の会、希望の党、国民民主党との協力が必要」だと説いている。

「野党を非難するだけでは、改憲は遠のくだけだろう」

うーん、それが江崎先生のリアリズムか。

セクハラ特集も一読の価値あり。

「テレビ朝日キャはセクハラを告発するなら実名でしょ」(デーブ・スーペクター)

2次被害を恐れているのはテレ朝ではないでしょうか」

「スケベ泥酔男と夜に会う不思議」

「自民党の国会議員が新婚さんに『3人以上の子供を産み育てていただきたい』と呼び掛けていることがマスコミに叩かれましたが、この発言のいったいどこがいけないの?」


いちいちごもっとも。


「セクハラの政治利用が許せない。結局ただの安倍叩きじゃないですか」(金子恵美)

不倫騒動で辞職した宮崎謙介氏の夫人が野党のセクハラや山尾、蓮舫をメッタ斬り。
福田前事務次官のセクハラ問題も「最も批判されるべきはテレ朝」と手厳しい。


「セクハラ?チンパンジーでは常識ですよ。他人の尻馬に乗る#ME TOO運動」
長谷川三千子・竹内久美子(動物行動家研究家)対談


男女共同参画のいかがわしさ

「生物にとって生存と繁殖は二大目標。人間だって繁殖なしには存続しえないのに、それが余りにも軽視されている気がします。今ある男女共同参画社会基本法は、いわゆる性別役割分業なるものを敵視して壊せと言ってるんですが、これを壊したらどうなるか。種によってそれぞれがかっちりと繁殖行動の型がさだまっている他の生物とくらべて、人間は社会の常識ささえられてようやく、その型を手に入れてきた。それを壊して『多様な家族』なんて言い出したら子供の数が減るのは当然ですよ」(長谷川三千子)


編集部が門田隆将氏が産経新聞でバラした福田前事務次官とテレ朝女記者との録音内容が衝撃的。
なんだテレ朝の女記者は福田氏を色仕掛けで取材しようとしているではないか。

「Hanada」「WILL」にくらべてどちらかと言えば硬派の「正論」。
じっくり読むだけの価値はある。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:31  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.11 (Mon)


祝!新潟県知事選で花角英世氏が当選


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

パヨクの応援が逆効果か

2018061101.jpg

昨日の新潟県知事選挙は自民・公明が支持した花角英世候補が野党が応援した池田千賀子候補を破って当選した。
その差はなんと3万7千票!
接戦だと言われ、自民危うし、安倍首相危うしと騒ぎたてたマスゴミはどんな言い訳をするのだろろ。

今日は残念ながら新聞は休刊日で各紙社説をチェックできない。
その代わりにテレビのニュースワイドショーをチェックすると・・・

フジテレビ「とくダネ!」・・・無視
テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」・・・無視
テレ朝「ワイド!スクランブル」・・・無視
TBS「ひるおび」・・・無視
日テレ「みやねや」・・・無視
TBS「Nスタ」・・・無視
テレ朝「スーパーJチャンネル」・・・無視

まるで新潟県知事選など無かったかのようだ。
これが野党の応援した池田候補が勝っていれば派手に取り上げたに違いない。
そのくせ各番組とも米軍のF15戦闘機が沖縄沖に墜落したことを派手に報道することは忘れていなかった。
海に墜落したから良かったものの、これが地上に墜落したらもっと大騒ぎしていただろう。
飛んでいる物はいつでも墜ちる可能性があるから墜ちても不思議ではない。

だから、米軍基地が普天間から辺野古の海上に移れば安全性は高まるというのに反対する理由が分からない。
普天間の小学校は移設先がありながらパヨクが反対して移転できない。
昔、「人間の輪」とか言って、反対する活動家たちが手を組んで「殺せるものなら殺してみろ」と弱者の恐喝みたいたな事をしていたことがあった。

あれと同じようなものだ。

新潟県知事選に話を戻すと、TBSは昨日深夜ニュース番組で花角氏当選を報じていたが、「原発の再稼動には慎重だ」と早くも印象操作。

TBSニュース
「新潟県知事選挙から一夜、花角氏は原発再稼働に慎重姿勢」

 事実上の与野党対決となった新潟県知事選挙では、自民公明が支持する花角英世さんが初当選を果たし、改めて原発の再稼働に慎重な姿勢を示しました
 11日朝、辻立ちを行った花角さんは、野党5党から推薦を受けた候補を破り初当選しました。柏崎刈羽原発の再稼働問題について、花角さんは改めて米山前知事が進めた県独自の検証作業を引き継ぐと語りました。
 「いずれにせよ、一定の検証結果を示していただいて、それを踏まえてしっかりと判断する」(初当選 花角英世氏)
 花角さんには、再稼働に向けた判断が求められる見通しです。
 「まずは、知事のお考えをしっかり伺う機会を持ちたい」(世耕弘成経産相)
 一方、世耕経済産業大臣は東京電力の柏崎刈羽原発の再稼働について、初当選した花角さんと会談する機会を持ちたいと述べました。その上で、「原発については、安全最優先で政策を進めていきたい」と話しています。


パヨクメディアは2月の沖縄・名護市長選挙で移設容認派の渡具知武豊氏が初当選した時も基地の存続について同じような印象操作をしていた。

今回の新潟県知事選については産経新聞が、野党とパヨク学者、評論家たちが口汚い安倍批判をしていると伝えていた。
善良な新潟県民はそれに辟易したのではないか。

⇒産経新聞(2018/6/8)
【新潟県知事選】
野党系候補の応援演説で首相らを批判 佐高信氏「安倍のバカなバカ騒ぎ」、山口二郎氏「腐った男いらない」


評論家の佐高信氏や法政大学法学部の山口二郎教授らが8日夜、新潟知事選の立候補者、元県議の池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦=の応援に駆け付け、新潟市中央区のJR新潟駅前で安倍晋三首相や、ほかの知事選候補者を批判する演説を行った。

 佐高氏は「安倍晋三は拉致問題を食い物にして首相になり、無責任なことやってる。本当に拉致問題を解決したいなら平壌に乗り込め。そして帰ってくるな」と絶叫。聴衆からは「そうだ」と大きな声が上がった。

 さらに、佐高氏は「安倍のバカなバカ騒ぎを打ち破るためにも絶対に勝たないといけない。自民党に天罰を、公明党に仏罰を」と声を張り上げた。

 また、山口氏は「もう腐った男はいらない。女性の知事を実現させるべく、力いっぱい戦っていただきたい」と訴えた。

 米山隆一前知事の辞任に伴う知事選は10日、投開票。元五泉市議の安中聡氏(40)、元海上保安庁次長で元副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持、池田氏の無所属新人3氏が人口減少問題や産業振興などを争点に激しい舌戦を繰り広げている。


パヨクが応援すればするほど逆効果になるというのは笑い話である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





21:16  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |