FC2ブログ

2018.06.01 (Fri)


加計事務局長の「嘘だった」は嘘だと野党と反日メディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

腰が引けてきた反日メディア

加計学園の渡邉良人事務局長が愛媛県庁を訪れて「安倍総理と加計理事長が会った」という嘘をついたと謝罪した。

TBSNスタ(2018/6/1)
加計事務局長が "うそ" を謝罪
愛媛県知事不在時に訪問・・・なぜ?

渡邉(加計学園事務局長)
「新しい獣医学部がここでなくなるというのが非常に忍び難いものですから、何とか一つの形にしたいということで、ああいうことを言ったんだろう、私が言ったんだろうという風に思います。
その場の雰囲気と言いましょうか、それで、ふと思った事を言ったんじゃないかと思います」

ナレーション
「その場の雰囲気。本当にそんな理由で総理大臣の名前を持ち出したのでしょうか?」


メディアは渡邉氏が嘘を付いているという前提の下で報道している。
そうでなければ愛知県知事が怪文書を国会に提出した意味がなくなるからである。
あの怪文書はやはりデタラメだったのだと正直に反省すればいいのに、そうは言わないでまだ正当化しようとしているのが哀れである。

また辻元清美国対委員長が渡邉氏を国会招致せよと騒いでいる。
どうせ時間の無駄であるのに、何かと言うと国会に呼べという馬鹿の一つ覚えの野党。
国会はお白州ではないのである。

枝野幸男(立民党代表)は渡邉氏がニヤニヤ笑っていると因縁を付けている。

⇒加計が愛媛に謝罪も枝野代表「ヘラヘラ笑っていた」(日刊スポーツ)

 渡辺氏の一方的な主張であり、首相と加計氏との面会が虚偽だとする証明にはならない。立憲民主党の枝野幸男代表は会見で、「渡辺氏はヘラヘラ笑いながら(取材に)答えていた。あの対応を見る限り、『うそをついた』と言っていること自体がうそだと思う」と指摘。「もし本当にうそを伝えたなら、常識的に解雇でもおかしくない。総理からも『けしからん』という発信がなければならない」とも指摘。首相の抗議や加計氏による解雇処分などがない現状を踏まえると、「渡辺氏の言い訳はうそだ」との認識を訴えた。

怪文書は正しくて、渡邉氏の発言は嘘だと思うのは勝手だが、それなら嘘だと言う証明をしてもらいたいものだ。

TBSはご丁寧にも加計学園の校歌の前文をテレビで紹介して、「われらはひたすら真理を求め」とあるが、そもそも教育機関としておかしいのではないかとケチを付けていた。
しかも愛媛県や今治市は加計学園に93億円の補助金を出しているではないかと。

牧嶋博子(TBS報道局解説室長)
「教育機関の偉い人がそういう嘘をついたということは凄い問題があると思う。
籠池さんの時には総理は怒っていたから、なぜこの時に怒らないのかと国民も素朴な疑問として残ってしまう」


話がどんどんずれて行って、安倍総理が関与していない事が明白になるにつれて、反日メディアは手を変え品を変え何とか安倍総理を追い込もうと必死な姿が哀れである。

正常な国民はそうした反日メディアの安倍総理一斉攻撃を胡散臭いと思っている。

テレ朝「報ステ」は今日は珍しく加計問題については一切触れなかった。
加計理事長と総理の面談が嘘だと分かって、いままで大騒ぎしてきた自分達を恥ずかしいとでも思ったのか。
いやいや反日朝日はそんなヤワではない。
また共産党あたりから新しいネタを借りてきて安倍攻撃を仕掛けるだろう。
そうすればそうするほど販売部数が減るということにも気付かないままに。

TBS「News23」(同上)
"森友文書" 改竄で不起訴
佐川氏 部下と一緒に・・・

星 浩キャスター
「どうも理財局と近畿財務局の一部の不祥事だということに限定したいという政権の狙いが透けて見える。ここは国会が国政調査権を使って真相解明にもう一歩踏み出すしかないと思う」

計事務局長 "謝罪" も辻元氏「うそ言ってる」


セメントイテ辻元は嘘だという証明をしなければならない。

ということで2年近くかかって、ようやくモリカケ問題も終息に近づきつつあるようだ。
それにしてもなんという空騒ぎだったことか。

安倍総理を後ろから鉄砲で撃っている石破茂も悔しい思いをしていることだろう。

⇒産経ニュース(2018/5/30)
石破茂氏「自分の幸せ捨象しても…」派閥パーティーで決意
支持拡大腐心も参加議員少数 首相は3年連続欠席


「首相は命をかける激職だ。履歴を積み、党の役職を務めた者は自分の幸せを捨象してでも決断しないといけないことがある」とも語った。

「自分の幸せを捨象してでも」という表現にひっかかった。
簡単に「捨てても」と言えばいいのに、勿体ぶって。
だから石破氏は嫌いである。

次期総理候補とされる石破、岸田、野田、小泉のいずれも総理にはなれないだろう。
小泉進次郎は父親が新潟県知事選で野党の推薦する候補者を応援するなかで、自分の立位置をどうするのか問われている。
イケメンで調子のいいことを言っているだけでは総理にはなれない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |