FC2ブログ

2018.05.22 (Tue)


野党とメディアが「アベを潰せ!」と反則タックル


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野党と反日メディアは贈収賄の証拠を出せ

2018052203.jpg

アメフトの日大選手の反則タックルが話題になっている。
やった方もやられた方も選手は可哀想だ。
どちらも被害者だ。
日大の広報部によれば「相手のクォーターバックを潰せ!」というのは「思い切って当たれ」という意味だそうだ。
だからと言ってボールを投げてプレイを終了したQBを後ろからいきなりタックルしたのは間違いなく反則である。
日大広報部は弁解したことでさらに墓穴を掘っている。

2018052201(1).jpg2018052202(1).jpg

 政治の世界では、野党や反日メディアが「アベを潰せ!」というのは「思い切って当たれ」ということなのか。
そういえば、採決騒動(小西洋之のダイビクング)の前方に気を取られていた自民党の女性議員を後ろから猛アタックして「潰した」民主党の津田弥太郎という参議院議員が居たが、当時は今ほど「セクハラ」が問題視されていなかったせいか、全然お咎めが無かった。
テレビで繰り返して報道されている後ろからのタックルシーンで思い出した。

それはさて置き・・・

公明党は「どこまでも付いていきます下駄の雪」だそうだが、山口代表のしゃべりは政界一だと思う。
声のトーン、優れたエロキューションは「内容は別として」評価したい。
その山口代表が愛媛県知事が提出した新文書に疑問を呈した。

産経ニュース(2018/5/22)
【加計学園問題】
愛媛県新文書は「また聞きのまた聞き」公明党・山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は22日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相が平成27年2月に加計孝太郎理事長と面談し、説明を受けたとする愛媛県の内部文書が国会に提出された件に関し、「当事者である首相も、加計氏も面談を否定している。一方、出された文書はまた聞きのまた聞きというような伝聞を重ねている要素もある」と語った。
 野党側が愛媛県の中村時広知事の国会招致を求めている状況については、「自分の直接経験したことに基づいて表現するのが真実に近づく大事な要素だ。中村氏はまったく自身の経験ではない。それで事実の解明が大きく進むとはあまり期待できない」と述べ、否定的な考えを示した。


パヨクという評判の中村愛媛県知事を国会に呼べと野党は言うが、知事の反アベ的発言を期待しているに過ぎない。
ネットでは新文書のフォントの違いから「偽造説」が流れているが、真偽の程は別としてあり得ることではある。

中村知事は国会か要求されたから出したと言うが、なぜ今頃になって出してきたのか。何か胡散臭い。
柳瀬元秘書官の名刺のコピー入りの文書も、なぜもっと早く出さなかったのかと、TBS「ひるおび」の八代英輝弁護士が繰り返しコメントしている。
名刺受け取りの日付のゴム印などいくらでも後から押せる。

「加計ありき」が悪いかのように反日メディアは言うが、長年、獣医学部の新設を希望していたのは加計しかなかったというのが現実だろう。
既得利権を守るための獣医師会の猛反発、後ろから鉄砲の名人の石破茂4原則、文科省の岩盤規制に穴を開ける国家戦略特区、首相が国家戦略特区の主唱者ならば「首相案件」といっても何の不思議も無い。

一方、安倍総理と加計孝太郎理事長の間で何かあったと疑惑を主張する野党とマスメディアは、いまだに何ら具体的な証拠も示せていない。
まず贈収賄などの具体的な証拠を示して安倍総理を追い詰めることが先決だろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:42  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |