2018.05.17 (Thu)


北朝鮮よりモリカケだと「報ステ」後藤謙次


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝日新聞は日本の命運より安倍総理の首を取りたいのか

 北朝鮮が南北閣僚級会談を当日になってドタキャンし、6月12日の米朝首脳会談も反故にするかのような言動に、日本のメディアのコメンテーター達は「金正恩が揺さぶりを掛けてた」と異句同音に日揚言していたが、これは正しくない。
そもそも「揺さぶりを掛けてくる」という表現は大きな力を持っている相手がこちらを動揺させるために仕掛けてくることを言うのであって、窮地に追い詰められた金正恩ネズミが大国アメリカに「揺さぶりを掛けてくる」とは言わない。

米朝首脳会談が実現しても金正恩は段階的非核化を主張し、非核化の段階ごとに見返りを要求してくることだろう。
全ての核を廃棄するには10年以上掛る。
金独裁政権が続く中、トランプ大統領が新しい大統領に代わったら何が起こるか分からない。
だから正解は斬首作戦の実行と北朝鮮の民主化しかないのである。

 野田聖子男女共同参画担当相が推進した「政治分野の男女共同参画推進法」が16日成立した。
女性の声を政治に反映させるため、政党・政治団体は男女の候補者数の目標設定などに「自主的に取り組むよう努める」と規定したという。
32年までに国政選挙の女性候補者を30%に引き上げるという。
馬鹿らしい。
数だけ揃えればいいというものでもない。

女性政治家には、稲田朋美高市早苗杉田水脈有村治子中山恭子山谷えり子その他の優れた政治がいる一方、蓮舫山尾志桜里福島瑞穂辻元清美森ゆうこ野田聖子などろくでもない政治家が多すぎる。

男女共同参画、多文化共生社会、LGBT、Metoo・・・
なんだか言葉だけが先走りして、ニセモノ臭い。
LGBT運動のパレードに「アベやめろ!」「反原発」「くたばれ天皇制」などのプラカードとシュプレヒコールが飛び交ったというから何がなんだか分からない。

加計学園問題がようやく終息に近付いたかにみえたが、野党がまた下らない攻撃材料も持ち込んできた。
2015年に今治の加計学園の獣医学部の建設予定地に藤原豊内閣府地方創生推進室次長が調査に出かけたとき、加計学園の車に乗って現地に行ったのに、出張記録には「官用車」と書いたというのである。
内閣府は交通費を請求しないときに「官用車」と書くと答弁している。
架空の交通費を請求したわけでもないのに、野党は「公務員の倫理規定」違反だと追求している。
安倍総理も腕を組んで聞いていたが、内閣府が「精査する」と答弁した時、噴き出していた。
「くだらない」と思ったのだろう。

テレ朝「報ステ」(2018/5/17)
"加計学園の車で移動" ・・・
出張記録には「官用車」

2018051801.jpg

後藤謙次(ジャーナリスト)
「加計ありきの疑いをますます膨らませる要素がまたひとつ出てきた。加計学園については柳瀬元総理秘書官が3回も事前に会っている。それだけでも特別扱いで非常に問題視されてるが、ますますその疑いが強くなったと見ていいと思う。
仮にこの車の提供が京都産業大学だったら乗っただろうか。そんな疑念を持つ。
ここで加計学園の申し出を断ると角が立つし、ひいては総理の意向にも背くんじゃないかと、逆の忖度が働いてたとう可能性も否定できない。
最近、加計・森友文問題については官邸サイドからしきりに流れてくる声というのは、『もっと重要な問題があるじゃないか』と。
北朝鮮情勢がこれだけ動いてるのだから、加計・森友問題よりもそちらの方に重点を置くべきじゃないかという声が流れている。
いかにも森友問題、加計問題は小さいという印象を与えるようだが、私はむしろ逆だと思う。

この問題は政権の信頼に関わる問題だから、この問題を究明するためには特別委員会を作るとか、第三者の調査委員会を作るとか分離をすればまったく問題はない。
むしろ政権に信頼が無いなかで、外交に推進力はつかないと思う。
この問題をきちっと整理をするのは総理を含めた首相官邸の体力と姿勢そのものにかかってくる。
そこが欠けてるからズルズルとこの問題が続いていってしまう。
ここでキチッと結論を出してもらいたいと思う」


「ますます疑惑は深まった」と言いながら総理が汚職した証拠も出せない野党と朝日新聞などの反日メディア。

もうそろそろ国民も朝日新聞と野党にNO!を突きつけるべきだ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |