FC2ブログ

2018.05.10 (Thu)


安倍首相は野党をずっと寝かせて置けばよかったのに


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政局しか興味ない野党に日本は任せられない

 民進党と希望の党が国会をサボって新党を結成した。
その名は国民民主党。
ミンミンと蝉ではあるまいし、ふたつも続いて舌を噛みそうだ。
通称は国民党だという。
日本の野党はどこまで台湾の真似をすれば気が済むのか。
かつては民進党で今度は国民党。

民進党の時は日本と台湾の保守派は民進党という命名に不快感を示した。
そして今度は国民党だ。
台湾の保守派は今度も不快感を示している。

⇒産経新聞(2018/5/9)
民進党→国民民主党 党名変更に台湾民進党関係者が激怒
「どれだけ国民党から弾圧受けたか…」


 新党「国民民主党」に参加せず無所属となった旧希望の党出身の長島昭久元防衛副大臣は8日、旧民進党が国民民主党に党名変更したことに対し、台湾の民進党に所属する友人から「怒りのクレーム」が寄せられたとツイッターに投稿した。

 長島氏の投稿によると、友人は「私たち民進党(民主進歩党)がどれだけ国民党から弾圧を受けたか。こともあろうに、その民進党から国民党(国民民主党)へ党名変更するとは」と訴えたという。

 国民民主党は、旧民進党が党名を変更し、解散した旧希望の党が合流する方式で結成された。


どうせ近いうちに解党するに違いないから、それまでの間、台湾には我慢してもらおう。
むしろ日本の有権者の方が、「国民を代表してもいないのに国民党とはいい加減にせよ」と怒らなければいけない。

日本の国民党は国会が開かれているのに欠席して新党結成大会を開いた。
もうそれだけで政党の価値が無い。

平井文夫フジテレビ上席解説委員が「言わねばならぬ」でいつものように正論を唱えているのでご紹介。

⇒ホウドウキョク(2018/5/9)
茶番劇に木戸銭は払わないよ


・起こしてくれるよう頼んだのでは?
・ずっと寝かしとけばよかったのに
・働かない政治家にお金を払いたくない

今週月曜に不思議なニュースを見た。
立憲民主党の辻元国対委員長が大島衆院議長に国会の事態打開を申し入れた、
というニュース。 
大島さんは辻元さんに審議に戻るよう要請し、
辻元さんは与党側と協議する姿勢を示した。
与党側は譲歩をし、野党はどうやら審議に戻るらしい。
で、きのう戻った。

なんだこれ?

野党は麻生財務相の辞任と
柳瀬元秘書官の証人喚問が審議に戻る条件だったんじゃないの?
それが世論の批判に屈し、審議に戻るんでしょ?

昔から野党が審議拒否することはよくあった。
これを「寝る」といいます。
審議に戻ることを「起きる」という。
普通は与党が野党に「起きる」ようお願いする。そのために譲歩する。
でも実は「起きる」タイミングを逸した野党が、
与党に「起こして」くれるよう頼むというのもよくある。
その場合与党は譲歩するふりをするだけでよい。
自民党と社会党の55年体制における与野党なれあいでよく見た風景だ。

月曜の大島辻元会談を見て自社の与野党なれ合いを思い出した。

大島さんは優しい人なので「起こして」あげたんだろうな。

でも実は、
働き方改革は裁量労働制の拡大を外して骨抜きになっているし、
IR法案は自公で合意しているので別にいつでも採決強行できる、
さらに憲法改正はもう少し時間がかかりそうなので、
安倍さんとしては、
この国会は最後まで野党に寝てもらってもよかったのではないか。

だから大島さんは辻元さんを起こしてあげる必要はなかった、と思う。
野党をずっと寝かしとけばよかったのに。 そうすれば
内閣支持率の低下よりは野党への批判の方が大きくなったかもしれない。

少なくとも我々納税者はあんな茶番劇に木戸銭を払うほど暇ではない。

こういうことが起こるたびに、
政党交付金を国民から強制的に取り立てるのをやめて、
個人献金を税額控除にしてほしい、と切に思います。

一生懸命稼いだお金を、働かない政治家に払いたくないのです
見たくもない茶番劇に木戸銭を払いたくないのです。


税金ドロボーの野党は、今日は寝たふりを止めてまたぞろ加計学園問題で柳瀬唯夫・元首相秘書官を参考人招致して集団イジメをやる予定だ。
そして追求にまたもや失敗して「疑惑はますます深まった」と言うに違いない。

6日のTBS「サンモニ」で田中秀征(福山大学客員教授)が「柳瀬氏は人柄がいいから本当のことを語ってくれるだろう」と期待していたが、本当のことを言っても安倍談話が加計学園を指名せよと圧力を掛けた証拠にはならないだろう。

もういい加減にこんな茶番は止めて、もっと大事な憲法改正を論議しないと日本はアジアで一番恥ずかしい国になることは間違いない。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:21  |  憲法改正  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |