2018.05.03 (Thu)


日本は憲法9条と心中してもいいのか


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日は憲法記念日

しかし、役立たずの憲法を記念して何の意味がある。
反日偏向メディアは平和憲法を守れと相変わらず馬鹿なことを言っている。
「いずも」がいずれ空母化することは軍事オタクでなくても十分予想できた。
いずもの建設は当時の民主党政権が決定したが、民主党の北沢元防衛相は「想定していなかった」という。
小野寺現防衛相は「専守防衛はいささかも揺らぐことはない」ととぼけているが、独裁政権の中国と北朝鮮、北朝鮮に媚を売る韓国の近隣諸国を相手に平和憲法に基づいて「専守防衛」などとしていたら国が持たぬ。

TBS「Nスタ」(2018/5/3)
いずも「空母化」と憲法9条
元防衛相「想定していかった」

ナレーション
「立憲民主党の枝野代表は『地球の裏で戦争が出来る国になるのは明確」と安倍総理を批判しました」


「地球の裏まで」とは野党が安保法制に反対した時によく使った言葉だが意味不明である。
ちなみに地球の裏はオーストラリアであり、日本はオーストラリアとは友好国である。
何も地球の裏まで行かなくても反日国が居る東アジアだけで十分である。

2018050305.jpg

枝野幸男(立憲民主党代表)
「選挙で勝って数を持っているから『何をやってもいいんだ』という権力は正当な権力ではありません」


民主主義のルールにしたがって総選挙で選ばれた政党が「自国防衛」という正当な権力を行使して何が悪いのか。
第一、安倍総理は「何をやってもいいんだ」などとは言っていない。
こういうのを大衆を扇動するデマゴークという。

2018050306.jpg

志位和夫(共産党委員長)
「市民と野党の共闘を発展さし(せ)て、安倍政権もろとも9条改憲のたくらみを葬り去ろうじゃございませんか!」


典型的な左翼のアジテーションである。
プロ市民と野党の共闘?
共産党が野党は纏まれと声を掛けても立憲民主党は看板を書き換えただけの「国民民主党」とやらの協力を拒否している。

JNNの4月の世論調査では憲法改正反対者が賛成者を上回ったという。
国際社会は緊迫の度合いを強めているのに、憲法改正反対者が上回るとは日本国民の政治意識はどうなっているのか。
いやいやこれはテレ朝得意の情報操作であろう。
つまり意図的な世論誘導である。

2018050304.jpg

去年の4月の調査に比べて改正反対が増えているのは理解に苦しむ。
改正の必要性がこの一年間でますます高まっているのに。

なぜ議論?いずも「空母化」

護衛艦いずもの模型を使って井上貴博(MC)が解説する。

井上
「この船の最大の特徴。それは広大な甲板です。(中略)だからこそ海外から『これはまるで滑走路のようだ』との指摘が出ているんです」


「海外から」というより、正しくは「中国から」懸念の声が出ていると進水式の時のニュースを弊ブログでご紹介した。
甲板さえ強化すればいつでも空母になることは猿でも分かる。

政府関係者を演ずる声優
「例えば尖閣諸島を取られた時、空母があれば戦闘機をより早く奪還に向かわせることが出来る。
アメリカ軍の戦闘機も洋上の "給油所" として、それを利用しない手は無いだろう」


「尖閣諸島を取られた時」というのが気に食わぬ。
「取られてから取り返す」というのか。
初めから取られない様にすることの方がコストは安いだろうに。
どうやら日本国憲法は先に敵国に攻めて貰うのを待って居るらしい。

アメリカ軍は大型空母ロナルド・レーガンを横須賀基地に配備しているから尖閣諸島に向かってもらえばいい。

ナレーション
「旧日本軍は真珠本攻撃で空母6隻を派遣した。戦後憲法は『攻撃型空母の保有は許されない』としてきた。いづも建造の予算を決定したのは民主党政権。当時の北澤防衛大臣は『空母化は想定していなかった』と証言する」


2018050303.jpg

北澤
「当時、空母の議論に変わっていくなんていうことは全く想像だにもしていなかった。
専守防衛という概念から外れてくるんじゃないかと」

2018050405.jpg

北澤
「いまの政治の状況を見ればいかにも憲法は軽く扱われている」

2018050310.jpg

ナレーション
「いずもの空母化は防衛大綱の目玉になるとも言われていますが、政府には『何故空母が必要なのか』という理由と共に『憲法9条との関係』についても国民が納得する説明が求められる


「なぜ空母が必要なのか?」
答えは簡単、戦うためである。

説明してもらわなくても、賢い国民なら分かっている。
理由は我々国民を守るためであり、国民を守れない憲法9条は破棄または改正すべきであるということだ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

22:28  |  憲法改正  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |