FC2ブログ

2018.05.02 (Wed)


「正論」6月号は安倍悪玉論にほくそ笑むヤツら特集


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

言論誌「正論」はやっぱり正論だ

2018050301.jpg

2018050302.jpg

産経新聞社の「正論」6月号は安倍降ろしを狙う反日メディアや野党への反撃特集である。
題して・・・

特集「安倍 "悪玉" 論のいかがわしさ」
モリカケ問題でほくそ笑むのは誰なのか


そのうちのいくつかを取り上げて、言論誌「正論」の主張が正論であることを共有したい。
正論を読む楽しみは高山正之氏の「折節の記」を読むことから始まる。

折節の記(高山正之)

テレビ朝日の椿貞良報道局長が「総選挙では我がテレ朝は組織的に自民のネガティブ報道をやった」と民放連でとくとくと話した有名な椿事件。

「他のテレビ局も『ウチも同じだ』とはしゃいだものだが、それを産経新聞が報じた。
 椿は発言を詫び、ただ組織的なネガティブ報道は否定した。それでテレ朝は潰されなかったが、今も反省した様子はない。
テレ朝だけでなく、あのとき椿と一緒に気勢を上げた各局とも根に反自民を持つ。」

反自民は「メデイアは反権力」という言い方が「何か格好がいいから」だけの理由だと高山氏。

このテレビの特性を踏まえるとモリカケ問題の本質が見えてくる。森友も加計も根っこにあるのは朝日新聞の安倍憎しの怨念だ。


テレ朝の福田元財務省事務次官セクハラ騒動も安倍憎しの朝日新聞の流れである。
「将を射んとせばまず馬を射よ」とばかりに安倍首相の盟友である麻生財務相のクビを取ろうとした。

安倍のせいで慰安婦の嘘がバレ、社長の首が飛び、部数減で給料も半分になった。
 森友は財務局が詐欺師、籠池を騙そうとして見破られ、値切られただけの話だが、そこにたまたま昭恵夫人の名が出た。
朝日は「ソフトターゲット」を狙った。執拗に昭恵の名を出した。テレビがそれを反復し、野党がテレビに映りたくて増幅した。
「火サス}(火曜サスペンス劇場)レベルだからテレビ連中も喜んだ。
ただ「火サス」で大事なカネが見えない。その滑稽さに無能ゆえまだ気付かない。朝日も馬鹿を踊らせて政局にできたと満足しているようだが、ジャーナリストとしては恥ずかしい。


カネが動いた贈収賄の臭いは一切ないのに一年間も馬鹿騒ぎするメディアと野党の愚。

「ピント外れの国会審議 もうひとつのモリカケ問題」山口真由(元財務官僚)

国会質疑は真相究明に寄与していないと与野党をブッタ斬り。
槍玉に上がったのは・・・

籠池被告人に会いに行った野党議員6人の他に、国会質疑の今井雅人(希望の党)、小川敏夫(民進党)、
小池晃、宮本岳志(共産党)、西田昌司(自民党)、和田正宗(維新の党)

森友問題がパフォーマンスの場と化した国会の劣化を示したと結んでいる。
山口女史が初めてテレビに登場したのは⇒3月14日のテレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」で、近畿財務局の元の決裁書が冗長だと驚いていた。

その無駄を省いたのが「改竄」とされる部分なのだが、その後山口女史はレギュラーコメンテーターになったのか、よくお見かけしていて最近では反日メディアにヨイショするコメントが多いようだ。
さて反日メディアに取り込まれたのか。

「こんなことで憲法改正を潰してはならない」(田久保忠衛)

周辺の環境が戦後最大の危機を迎えているときに、侵略者に対する「招待状」そのものの9条に手を加えないのは、どのような振舞いになるのか。胸に手を当てて考えてみる必要がある。


「侵略者に対する招待状」とは言い得て妙なり!

「世の『差別』にじっと耐えてきた自衛隊にいまさらシビリアン・コントロールを言い募る政治家には違和感を持たざるを得ない。軍の暴走を制御するという意味でのシビリアン・コントロールは、今の自衛隊には不必要だろう」

そういえば野党は自衛隊を「暴力装置」だと警戒している(フリをしている)。

「『一国平和主義』は通用しない。今回の改憲は(中略)生存のためには静かに立ちあがるのが日本だと世界に知らせる意義は少ないだろう」

「ジャーナリズムが民主主義を滅ぼす」(高井康行 弁護士)

今回の問題は「公文書偽造変造罪」「虚偽公文書作成罪」「公文書毀棄罪」のいずれにも当たらないと高井弁護士。
「マスコミが権力の監視者だ」とうのは国民を蔑ろにしている。民主主義社会では国民こそが権力の監視者だ。今のマスコミこそ権力そのものだという。
マスコミと野党の扇動による国民の政治への不信こそ「民主主義の危機」だと結論。

「朝日新聞 "倒閣" 記者ツイッターを告発する」石川水穂(産経新聞客員論説委員)

2018050203(1).jpg

朝日の倒閣記者とは飯島浩記者のこと。
昭恵夫人を国会に呼べと言い、前川喜平を持ち上げた過去のツイッターを紹介している。
安倍首相を批判する北朝鮮の労働新聞を紹介してヨイショ。

「ツイッターも社説も北朝鮮が喜びそうな内容である」

「鮫島氏のツイッターと朝日社説を読み合わせてみても、「安倍叩きが朝日の社是」は今や動かしがたい事実といえる。」


北朝鮮情勢については・・・

金正恩が追いつめられてウソをつく
和平ムードのペテン(久保田るり子、島田洋一)


が必読。
金正恩が経済制裁に追いつめられ、殺されるのが怖くててノコノコ出てきた。

「問答無用!独裁者達がやってきた」(湯浅博産経新聞特別記者)

「(北朝鮮の)非核化宣言とは核の "検死" もせずに『核は死んだ』としてお経を上げるようなものである。(中略) お人好しの米国が、若い独裁国家の三代目に、騙されることのないよう祈るばかりだ」
(中略)
独裁者は自らの政治を『平和』や『民主』で語る。大陸や半島で、平和の鳩を巧みに操る人物こそ、もっとも危険であることに人類は気づくべきなのだ」


今まで何回、韓国とアメリカは、そして日本も死んだフリした北朝鮮にお経を上げてきたことか。

前川喜平のウソを暴く・・・

「出会い系バー通い
前川喜平を持ち上げたメディアの罪」(平井文夫 フジテレビ上席解説委員)


かつてはフジテレビ「新報道2001」の平井氏を「刈上げクン」などと呼んでいたが、なかなかどうして正論を吐いている。
フジテレビのネットサイト「ホウドウキョク」の「平井文夫の言わねばならぬ!」は秀逸。
「前川氏の授業、自分の子供に受けさせたいですか」は160万人のアクセスがあったとか。

「韓国やフィリピンはポピュリズムによって政治が混乱している。(中略)
日本は『モリカケ問題』に伴う最近の内閣支持率急落を見るに、国政レベルでも少しずつだが、ホピュリズムに侵食されつつあるようにも見える」

「どうか政治家、学者、ジャーナリストの言葉を鵜呑みにせず、自分の頭で考えて欲しい。そして、沈黙を破って欲しい。それはてとてつもなく面倒くさいことかもしれないが、さもなければこの国もいずれポピュリズムの波に飲み込まれてしまうのだ。
言わねばならぬときがある。」


ブログを書く、コメントをする、「いいね」をクリックする・・・
どんな形でもいいから発信することだ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.05.01 (Tue)


「ニュース女子」のDHC社長が反日勢力を斬る


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

BPO(放送倫理・番組向上機構)は正気かと

 山口達也メンバーという芸名の男が強制わいせつ容疑で書類送検されたと話題になっていた。
TOKIOという人気グループがあることは知っていたが、名前の後にメンバーとついているのは芸名なのか、それにしても変な名前だと思っていたら、所属しているジャニーズ事務所の力が絶大で、山口達也容疑者とか、山口達也と呼び捨てにすることがメディアの世界では許されないためと知って二度驚いた。
メディアは時の政権、安倍首相を腐すことは平気なのに、たかが芸能事務所の権力を恐れているとは嗤える。

本件は被害者が被害届を取り下げを申し出たために起訴猶予処分となった。
恐らく多額の示談金が動いたことだろう。

芸能事務所ジャニーズの社長が謝罪のFAXを関係者に送ったが、そのなかで・・・

「弊社所属グループTOKIOのメンバーである山口達也が起こしました事件」

と「メンバーである山口達也」としている。
メディアが「忖度」して山口達也メンバーなどと書いていたことになる。

メディアといえば、テレビ朝日を始めとする左巻きメディアはセクハラという名の「言葉の暴力」を行使したとして福田事務次官を辞任に追い込んだ。
辞任の是非は別として、社員のセクハラ被害を容認した張本人のテレビ朝日が被害者面をして麻生財務相や安倍首相の責任を追及して憚らない姿勢には呆れるばかりである。

もう一つのメディアの事件と言えば、東京MXテレビの人気番組「ニュース女子」が沖縄特集で偏向報道をしたとBPOが判定しためにスポンサーのDHCが番組を降りた。

パヨクの古谷経衡や安倍宏行は「沖縄のデマ」だと強弁した。

⇒沖縄のデマ垂れ流し「ニュース女子」お寒い番組制作に絶句する(文筆家・古谷経衡)

⇒MXテレビに編集権なし、完パケ配信「ニュース女子」のしくじり(Japan In-depth編集長・安倍宏行)

しかしDHC会長が独占手記を産経新聞系のサイトiRONNAに寄稿した。
実に痛烈な反論であり、今後、物議を醸すことは間違いない。
まだお読みでない方のために長文コピペご容赦。

⇒iRONNA
【DHC会長独占手記】「ニュース女子」騒動、BPOは正気か
𠮷田嘉明


 今、問題になっている放送倫理・番組向上機構(BPO)についてですが、まずこの倫理という言葉を辞書で調べてみると「善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもの」(「大辞泉」)ということになっています。そもそも委員のほとんどが反日、左翼という極端に偏った組織に「善悪・正邪」の判断などできるのでしょうか
 沖縄問題に関わっている在日コリアンを中心にした活動家に、彼らが肩入れするのは恐らく同胞愛に起因しているものと思われます。私どもは同じように、わが同胞、沖縄県民の惨状を見て、止むに止まれぬ気持ちから放映に踏み切ったのです。これこそが善意ある正義の行動ではないでしょうか。
 先日、情報バラエティー番組『ニュース女子』の問題に関して、朝日新聞が「放送の打ち切り決定」というニュースを大々的に流したようですが、『ニュース女子』の放映は今も打ち切ってはいません。これからも全国17社の地上波放送局で放映は続行します。
ただ、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)では流さないというだけのことです。DHCの方から、MXテレビとの取引はお断りしました。「番組内容を全面的に変えたい」「『ニュース女子』というタイトルを全く違うものに変更したい」との申し出があり、それにはきっぱりとお断りしたというのが内情です。
 朝日新聞の報道を知って「もう『ニュース女子』は永久に見られないのか」とがっかりされたファンの方も大勢いらっしゃったようです。今回の騒動をきっかけに、朝日新聞の購読中止と広告掲載の禁止を全社員に通告しました

 BPOは、NHKと地上波の民放テレビ局(民放連)から選任された委員で構成されていますが、普段NHKや地上波の民放テレビを見ていて何かを感じませんか。昔とは明らかに違って、どの局も左傾化、朝鮮化しています
 TBS系『サンデーモーニング』が最も分かりやすいと思いますが、出演するコメンテーターの発言や放送内容はいずれも反日、反安倍を貫いており、徹底した左寄りの番組です。他の放送局もここまで見え見えの極端さはないにしても、内容的にはどれも五十歩百歩に過ぎません。NHKはさすがに国民の税金で支えられているだけあって、見え透いたやり方は避け、巧みにカモフラージュしていますが、やはり左傾化は隠しようがありません。
 今、多くの番組で東大や早稲田大出身の教授、在日帰化人のジャーナリストや文化人、一見性別不明の左翼芸能人らが特に珍重されているようです。私が在日帰化人の問題に触れると、すぐに「へイトだ」「差別発言だ」と言われますが、私は決して差別主義者でもレイシストでもありません。

2018050201.jpg
DHCテレビが制作している『ニュース女子』

事実、DHCには国内だけでも約3千人の従業員がいますが、その中には少なくとも100人以上の帰化人が在籍しているものと思われます。7人いる役員のうち2人は帰化人です。社員も役員もまったく差別はしていません。みんな日本が大好きで、楽しく懸命に働いています。
 今、私が最も危倶しているのは、日本の主要分野にあまりにも増えすぎた「反日思想を持つ在日帰化人」のことです。日本人になりきって、日本のためにこれからも頑張ろうという人たちを差別しては絶対にいけません。反日だからダメなのです。日本という国にお世話になっていながら、日本の悪口は言う、日本を貶めることだけに生き甲斐を感じているような在日帰化人は逆に許せません。
 政界、官界、法曹界、マスコミ、実業界、スポーツ界、芸能界には驚くほど多数の在日帰化人がいます。ただ、芸能人やスポーツ選手に反日思想を持った人はほとんどいませんので何の問題もありません。むしろ人を楽しませる芸能性は純粋な日本人より優れていますので適材適所と言えましょう。
実業界で大企業の創業者の大半は在日帰化人です。私のように純粋な大和民族はその点では珍しい存在かもしれません。この類の実業家は、反日ではありませんが、やはり民族的な性格からか、その貪欲さは半端ではありません。昔からの人情味あふれた小売店が全国から消えていったのは、率直に言ってこの人たちのせいだと思っています。
 政界、法曹界は特に在日帰化人が多いことで知られています
。日本の全弁護士が所属している日弁連という団体がありますが、みなさんぜひ一度調べてみてください。本稿ではあえて触れませんが、驚くべきことが分かります。
 さて、表面的には政界の在日帰化人が最も目立ちますが、彼らはいやしくも国権の最高責任者であり、選挙によって選ばれた国民の代表者ですから、誰も文句を言う資格はないのです。何と言おうと国民が選んだわけですから。そもそも在日帰化人に、国会議員になれる資格を与えていいのかという問題もありますが、現行法で許されている限り、甘んじて受け入れざるを得ません。

 それにしても、昔の民主党(今の立憲民主党、民進党、希望の党)のような政党に再び政権を取られることがあったら、この美しい国、日本は完全に終わりを告げるでしょう。とはいえ、国会議員はどんな人柄であろうと、どんな出自であろうと、何万人という有権者から選ばれた人たちですので、好き嫌いはあっても尊敬の対象にせざるを得ません。
 それとは異なり、筆記試験に受かっただけの裁判官や弁護士はどうでしょうか。原発再稼働の問題等、国の将来を左右する大きな問題を一裁判官の裁量で決めることができる。しかも、その決定に国民は黙って従う。ここに誰も疑問を感じないのでしょうか。国益にかかわる問題は本来、国民の代表である国会議員が決めることではないでしょうか。
 裁判官は仕事をしている過程で多少なりとも人格形成がなされていくのでしょうが、弁護士に至っては、もともと世間知らずだった人が世俗にまみれ、どんどん劣化していると思うことがあります。官僚もそうですが、試験に受かるために勉強ばかりしてきたということは、その分若いときに人間として最も大切な他人を思いやる気持ちが欠落していたり、交友関係を通しての人間形成が醸成されていない人もいるのではないでしょうか。合格と同時に出来損ないの一丁上がりということです。

2018050202.jpg
2018年4月26日、「国民民主党」結党の合意書を交わす希望の党の玉木代表(左)と民進党の大塚代表

 ただ、官僚にも在日帰化人は大勢いても、反日思想を持った人は少ないようです。彼らのほとんどが東大法学部出身ですが、最近の劣化ぶりは話題になった文部科学省の前川喜平前次官や、厚生労働省東京労働局の勝田智明前局長らの上から目線の態度を見てもよく分かります。
 公僕というには程遠いと言わざるを得ません。「東大法学部を出ているから一番偉い」と勘違いしているのでしょうね。私は以前から東大と官僚が日本をダメにしていると言い続けていますが、もういい加減分かってもらいたいと思います。
 東大出になぜ在日コリアンが多いのかというのには理由があります。韓国の受験戦争は半端ではなく、仮に最高学府を卒業できても、上流階級出身かコネクションがない限り、一流企業には就職できません。これはよく知られた事実です。その点、日本では勉強して東大に合格さえすれば、どんな一流企業でも就職は思いのままです。
 もし司法試験に受かれば、長官にも次官にもなれます。だから、親は子供のために日本に帰化し、子供を東大に入れるために猛勉強をさせるのです。
 では、もし東大に落ちたら彼らはどうするか。ほとんどが早大へ行きます。その中から日本を忌避する学生は、やがて学生運動にはまり、左翼活動家へと変貌していくのです。学生運動家は卒業時、左翼系マスコミしか拾ってくれませんので、こうやってマスコミと在日コリアンは切っても切れない縁になっていくというわけです

さて、放送法第四条についてですが、これは当然、即刻撤廃すべきです。BPOが第四条に準拠して『ニュース女子』を断罪したというのなら、TBSやテレ朝はもっと昔から何百回も断罪されるべきでしょう。彼らは、政治的には全く公平ではないし、報道は事実を曲げまくっている。これだけでも第四条に抵触しているではありませんか。こんな第四条は何の役にも立たないばかりか、日本に害をもたらすだけです。
「第四条を撤廃したら、テレビが政治的に中立を保てないのではないか」と主張する人がいるようですが、バカも休み休み言えと言いたい。今、どのテレビ局が政治的に中立を保っているというのか。安倍さんも「働くな改革」とか「仕事放り出せフライデー」みたいな奇妙な法案を時々考え出しますが、この放送法第四条撤廃はよくぞ思いついたと思います。これにはもろ手を挙げて大賛成です。

 事実、日本には保守派寄りのテレビ局どころか中立のテレビ局さえ皆無です。NHKでさえ中立ではありません。こんないびつな状態は先進国として異常だと言わざるを得ません。

 それでも、明るい話題だってあります。最近ネットでは、多くの若い人たちが「今のテレビ報道はおかしい」「嘘が多すぎる」と思い始めているようです。特に「ミレニアル世代(2000年代初頭に成年期を迎えた世代)」と呼ばれる人たちは、進んで人助けをし、苦しいことを自ら背負ってやろうという気概を持った、今までに見たことのない稀有な世代です。
 彼らは明治以降、初めて登場する輝かしい新人類です。私は彼らに日本の将来を託し期待しようと思っています。彼らが40代、50代になったら、世界に類のない素晴らしい日本人として成長しているはずです。もちろん、その頃には今の地上波テレビ局の大半は、この世に存在していないでしょう。

 最後に、なぜ私が在日帰化人に危惧しているのか、という話をします。日本人は姿形だけ見ると中国人や韓国人に似ているので、日本人のルーツは朝鮮半島を渡ってきた渡来人だと思われがちです。
 ところが最近、遺伝子の研究により、日本人は彼らとは全く関係のない民族だということが分かってきました。縄文人の遺伝子を解析したら、他のアジア人とはまるで違う人種であったというのです。日本人の祖先は、約2万年前にシベリアから、陸続きだった北海道を経由し、日本列島に広まっていったのです。
多少は南方や朝鮮半島から来た移民もいたようですが、その数は取るに足らないほどで、圧倒的多数がシベリアから南下してきたようです。アジアの中でも唯一日本人だけがヨーロッパ人に近い民族だったというのです。顔は似ていても、どうして中国人や韓国人とはこうも違うのだろうと思っていたことが、ここへきてやっと氷解しました。
 見えない絶対的な力を仮に「神様」と称すれば、神様の考えていることはただーつ「種族維持本能を生きとし生けるものに与える」ということだと思います。これは犬に例えるなら、コリー犬はコリー犬だし、ブルドックはずっとブルドックです。何百年たっても見分けがつかないような犬にはなりません。
 我々は全くの異人種である韓国人と仲良くすることはあっても、そして多少は移民として受け入れることはあっても、決して大量にこの国に入れてはいけないのです。ましてや、政権やメディアを彼らに牛耳られることは絶対に避けなければなりません。


(引用終わり)

 あまりに直裁的に事実を書いているので、恐らく反日メディアやパヨクたちの反撃が今後始まることだろう。
アパホテルの社長夫妻といい、DHCの社長といい日本人として正論を主張する人達が居ることは頼もしいことだ。
サプリメントは全て安価なDHCに切り替えたし、非力ながらもネットを通じて全面的に応援したいと思う。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |