FC2ブログ

2018.04.28 (Sat)


自衛隊をせせら笑ったTBS膳場貴子アナ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

南北首脳会談 日本は蚊屋の外だと金平茂紀

たった今テレビを見たらTBSが「報道特集」をやっていた。

2018042802.jpg

最後の方しか見られなかったが、「私達は怒ってます」メンバーの一人、金平茂紀が憲法改正に関する自民党主催の会議で質問していた場面が出ていた。
最後の部分だけ録画してみると、スタジオで金平と膳場貴子アナが手元のメモを見ながらコメントしていた。
つまり決められたセリフを口にしていた。

TBS「報道特集」(2018/4/28)
南北首脳会談と非核化の行方・検証!」

2018042801.jpg

膳場貴子アナ
「青井教授が仰っていたんですけれど、国民投票を経て憲法に書き込むことになりますと、自衛隊の権威というのがかなり高くなる。つまり国民に認められた機関だから特別なんだという事にもなりかねないんですね
自衛隊は現状でも政治がグリップ出来ずに様々な問題が起きてますから、実力組織の統制というものを楽観視し過ぎではないかという危機感がありますよね」

日報問題を文民統制の欠如と批判する反日メディア。
膳場貴子は憲法改正の国民投票を否定する。


金平茂紀
「そうですよね。あの中谷 元さんがね、シビリアンコントロルと憲法改正は別だとおっしゃってましたけど、日報を隠蔽する行為というのは、正に憲法を蹂躙する行為だと言うことを分かっていないのでないかと思いますね」

日報が行政文書であること自体が間違いである。
それは憲法が自衛隊を軍隊と認めていないために起こる。
自衛隊の内部文書を一番知りたいと思っているのは中国を始めとする反日諸国である。


膳場
「私も取材していて思うんですけども、明治憲法や今の憲法を作る時はね、市民からも様々な草案、試案が出て来ているなど、活発な議論があったわけですけども、今の憲法改正の議論を見てますとね、国民全体で議論が深まっているとは言えないんですよね」

明治憲法と現行憲法は市民からの草案をもとに活発な議論があったとは寡聞にして知らない。
つまりフェイクであり事実ではない。


金平
「うん」

膳場
「悲願達成だとか、自衛隊が可哀想だからというような(せせら笑う)、情緒的な話だけでは後世に誇れない憲法改正になってしまうんではないかと懸念してます」

国民のために命を賭して頑張っている自衛隊員を馬鹿にするな!

金平
「おなじく中谷さんは枕詞のように『安全保障の体制作りのためには憲法改正が必要なんだという事を強調してたんですが、そうであるならば、もっときちんと国際情勢に目を向けなきゃいけない。
たとえば昨日の板門店の光景の意味ですよね。
日本国憲法が施行されたのは1947年、ちょうど冷戦が始まって、その時に再び戦争しちゃいけないんたという連合国側の高い理想の意図が今の憲法に反映されていると言われてますけれど、今ですね、昨日のように朝鮮半島の非核化というような冷戦時代の異物を早く取り除く方向に行こうという流れが出来てる時に、自民党が目指している改憲案というのはね(せせら笑う)、さつきの安全保障体制づくりとかね、冷戦時代にあった緊張状態になんか逆戻りしようとしているような、そういう印象を受けるんですね。
そういう意味で今の政権と言うのは(せせら笑う)、国際的な流れの蚊屋の外にあるかなと
憲法を変える、あるいは変えない主人公というのはあくまでも時の与党ではなくて国民であるべきだと思いますね」


出てきた「日本は蚊屋の外論」!
南北首脳会談というお芝居を利用して日本を嵌めようする反日勢力に加担している。
「憲法改正は自民党ではなくて国民がやる」
その通り。
だから選挙で国民の負託を受けた自民党が憲法改正の試案を出して国民投票を実現しようとしているではないか。
金平の論理はメチャクチャである。

国民投票を否定した膳場アナのコメントとも矛盾している。


膳場
「はい。以上(フェイクニュース)特集でした」


ディレクターの作ったカンペを読むだけでなくて自分の頭で考えて、自分の言葉でコメントせよ。
といっても無能な金平と膳場では無理な話か(せせら笑う)

テレビの視聴者はこのような嘘と偏見に満ちた番組に決して騙されてはならないと思ったシーンだった。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

20:16  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.28 (Sat)


NHKが首領様のご機嫌を損なう


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

金正恩の日本世論懐柔に騙されるな

日本のメディアが南北首脳会談を持ち上げる一方、公安当局は警戒を一層強めている。
「日本の世論の分断」と「報道への介入の活発化」を目論んでいるというのである。
反日メディアのNHKも金正恩に批判されたとは噴飯ものではあるが・・・

⇒産経ニュース(2018/4/27)
【南北首脳会談】
訪朝を“餌”に日本世論懐柔か


 朝鮮労働党の金正恩委員長は27日の首脳会談前、集まった報道陣を「記者の皆さん」と呼び、メディアを最大限利用して世界に「融和」をアピールした。一方、日本に対して北朝鮮は、正恩氏を取り上げた番組が気に入らないとしてNHKを強く非難した。公安当局は、融和ムードの広がりの中で日本世論の軟化をもくろむ北朝鮮が今後、世論の分断や報道への介入を活発化させる可能性があるとみている
 北朝鮮の朝日交流協会は26日、NHKを「日本の右翼反動らの御用ラッパ吹き」と指弾。「われわれの最高尊厳を非難したのは我慢できない冒涜であり、重大な挑発となる」と談話を発表した。さらに、「日本の保守メディア」も「犯罪集団である」と強調し、批判的な論調を牽制(けんせい)した。
 NHKは今月、「金正恩の野望」と題して多数の脱北者らを出演させる特集を3回にわたって放送しており、談話はこれに反発したものとみられる。
 日本の複数の民放に対しても、訪朝取材の機会を“人質”に取って、批判的な報道を押さえ込もうとする動きがあることを公安当局は把握しており、今後、北朝鮮の報道への介入が露骨になる恐れもある
 北朝鮮側の意図について、政府関係者は「北朝鮮は米朝首脳会談の成否にかかわらず、近い将来、日本との交渉をまとめなければならない。日本の世論対策は重大な課題で、特に指導者のイメージを損なう報道は排除しようとする」と分析する。
 報道対策の他にも、北朝鮮の対日工作は活発化している。昨年末以降、北朝鮮の対日工作関係者が日本の有力財団の幹部に直接訪朝を呼びかけ、朝鮮労働党幹部と、拉致問題や日本人妻の帰国問題に関する協議を行うよう働きかけている。
 類似した動きは与野党、中央地方の別なく各地で積極化している。今月、福岡県の地方議会や報道関係者らの訪朝予定がキャンセルされた際には、関係者から「残念」との言葉が漏れた。別の関係者は「『(対北接近の)バスに乗り遅れるな』式の揺さぶりがある程度、効いている」との見方を示した。
 警察当局も、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)による国内での親北朝鮮世論形成の動きに着目。融和ムードを背景にしたさらなる活動の活発化に警戒を強めている。(加藤達也)


一番心配なのは「拉致被害者の救出」に懸命な余り、前のめりになって金正恩の術中に嵌ることだ。
金正恩はしたたか者である。単細胞左翼の文在寅など足元にも及ばない。
だから今回の南北首脳会談でコッテリと騙されているのだ。

NHKも首領様のご不興を招いたのだから、この際、首領様マンセーを止めて国営放送に組織替えをして、社員の給料を世間一般並に下げ、受信料の強制収奪を止め、安倍政権の代弁者として心を入れ替えたらどうだろうか。
その方がよほど日本のためになる。

共同声明には予想していたとおり「拉致被害者」の「ラ」の字も無い。

産経新聞が南北首脳会議に懐疑的であるのに対し、朝日新聞は諸手を挙げてマンセーである。

「完全非核化」目標、年内に終戦、南北首脳が板門店宣言」と北朝鮮の狙い通りの反応を示している。

28日の朝刊社説では各紙のスタンスの違いが一層明らかになるだろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

00:52  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |