2018.04.12 (Thu)


ゆずの新曲「外国人の友達」が炎上中!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

右からも左からも批判される

2018041202.jpg

ゆずが4月4日に発表した新曲⇒「ガイコクジンノトモダチ」が波紋を呼んでいる。

ゆずの歌は好きだが、政治を歌ったのは失敗である。

♪ 外国人の友達ができました
納豆はあまり好きじゃないけど お箸なら上手く使えます
外国人の友達が言いました
私とても日本が好きなんです あなたは何処が好きですか
ボクは少し戸惑った
だって君の方がよく日本を知ってそうだから
この国に生まれ、育ち、愛し、生きる
なのに知らないことばかりじゃないのか
おーお
この国で泣いて、笑い、怒り、喜ぶ
なのに国歌はこっそり歌わなくちゃね
美しい日本 チャチャチャ

外国人の友達が祈ってくれました
もう二度とあんな戦いを共にしないようにと

テレビは深刻そうに右だの左だのって
だけど 君と見た靖国の桜はキレイでした
この国で生まれ 育ち 愛し 生きる なのに どうして胸を張っちゃいけないのか?
この国で泣いて 笑い 怒り 喜ぶ
なのに 国旗はタンスの奥にしまいましょう
平和な日本チャチャチャ
美しい日本チャチャチャ


この歌詞に右と左から批判で出ているという。

ブログ主は右でも左でもなく、ど真ん中だが、最後の一節がは全にアウトである。
日の丸の旗はタンスに仕舞っておいてはいけない。
日本国民は全員、祝日には門か玄関の向かって左側に、マンションやアパート住まいの人はベランダに国旗を掲げるべきである。

ブログ主の最寄の駅から自宅までの15分の距離で祝日に日の丸が見られるのは二軒だけ。
駅の傍の小さなアパートの二階の小さなベランダに小さな国旗が見えるのがせめてもの救いだ。

左の人間がこの歌をウヨクだという意味が分からない。
あの反日ジャーナリストの津田大介はこの歌詞を「確かにパンチが効いている」とコメントしている。
推して知るべしである。

一方で、⇒ケント・ギルバートと半井小絵が「当たり前のことを歌ってるのに」と言っている。

左翼サイトのリベラはこの歌詞を「ネトウヨ的被害妄想」だとトンチンカンな事を言っている。

⇒リテラ(2018/4/11)
ゆず「ガイコクジンノトモダチ」はやっぱり「愛国心扇動ソング」だ!
中立を装うもネトウヨ的被害妄想と靖国美化
右だの左だの関係ないと中立を装いながら、ネトウヨ的論理で極右に誘導


 今月4日に発売された、ゆずの最新アルバム『BIG YELL』に収録された楽曲が、「愛国心扇動ソング」ではないかと物議を醸している。
 それは「ガイコクジンノトモダチ」という楽曲。北川悠仁が作詞作曲を手がけたこの楽曲は、タイトルの通り〈外国人の友達ができました〉とのフレーズから始まり、〈外国人の友達が言いました/「私、日本がとても好きなんです。あなたはどこが好きですか?」/僕は少し戸惑った だって君の方が/日本の事をよく知ってそうだから〉と続く。
 いきなり流行りの「日本スゴイ」を感じさせる歌詞だが、サビではもっと直接的なフレーズが飛び出してくる。
 この歌詞について、映画評論家の町山智浩氏が同日、「総理とご飯食べてないか」とツイートした上で、「『国歌はこっそり歌わなくちゃ』なんて、どっかの国に占領されたレジスタンスか? 現実は、君が代に起立しない教師は減給されるのに」とツイートしていたが、そのとおりだろう。
 国旗国歌法成立以降、この国の教育現場では君が代の斉唱が強制され、拒否した教師は処分を受けることが当たり前になり、大阪では教師が本当に歌っているかどうかをチェックする監視システムまでつくられた。また、スポーツの国際大会では、日本代表選手が「君が代」をハッキリ口を開けて歌わなかったために、袋叩きにあうという事態もしばしば起きている。いったいどこをどう解釈したら、「国歌はこっそり歌わなくちゃ」という話になるのか、意味がわからない。

(以下バカらしいから略)

まあ国会がこの歌詞以上にバカらしいことで空転しているから、巷ではユズの歌を巡って右左、ど真ん中を交えて論戦を張るのもいいかも知れない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.12 (Thu)


反安倍に舵切った小泉進次郎の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

道を間違うな進次郎

 弁舌さわやかで、選挙の応援演説では必ずご当地の名物名所を織り込んで話を始める小泉進次郎。
正しい思想信条も歴史認識も持たない若者だが、票稼ぎには利用できるパンダだった。
しかし、ついにその男が馬脚を現した。

⇒産経ニュース(2018/4/12)
進次郎氏、柳瀬氏説明を疑問視


 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は11日、東京都内で講演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官が愛媛県担当者との面会を否定した説明に疑問を呈した。「『記憶の限りでは』という注釈を付けるのなら『会っていない』と言い切ることはできない。理解できない」と述べた。

「安倍の葬式を出す」のが社是の朝日新聞が次から次へと怪しい特ダネを連発し、一面トップの見出ししか見ない情弱者を巧みに誘導している。
反日テレビメディアがそれを増幅して、テレビしか見ない老人層を反安倍政権に駆り立てている。

当初、小泉進次郎の言動はそのような情弱者の間違った怒りをそらすための高等戦術かと思っていたが、ここまで来るとそうではないらしい。

それにしても進次郎は浅墓な男である。
前回の自民党総裁選では石破茂を支持したというから、ここで安倍首相を叩いて秋の総裁選で石破を担ごうとしているのかもしれないが、そんなことをしたら政治生命の終わりではないか。
石破茂は20人の推薦人を集めることも難しいと囁かれている。
仮に石破茂が日本の総理大臣になったら日本のお先は真っ暗だ。

今となっては、外相になって大化けした河野太郎氏が次期総理大臣になることがいいのかもしれない。
中国を怒らせたりすることは余人をもっては出来ない。
中国が怒ったという一事だけでも総理の芽が出てきた。

玉木雄一郎の国会質問は演技過剰で中身無し

さて昨日の衆議院予算委員会の一部をもう一度⇒中継録画で見た。

見るに見かねる国会の荒廃状況である。

玉木雄一郎(希望の党代表)のはギョロ目をいっそうギョロつかせて安倍首相を攻撃したが惨敗した。
安倍首相は玉木が同じ質問を繰り返すから同じ答弁をするしかない。
そう答弁したうえで・・・

安倍首相
「その隣の方が先ほどから大きな声を出しているから私の答弁が聞えないのではないか」


とチクリと批判。

動画をチェックすると野次を飛ばしているのは明石屋さんまの物真似をするお笑い芸人の原口あきまさを太らせたような立憲民主党の本多平直議員とその隣に座っている男だ。

2018041201.jpg
 
玉木
「もう少し落ち着いたなかで審議したいですよねえ、お願いしますよ」


お願いしているのは安倍首相の方だ。

玉木
ますます疑惑は深まった。藤原次長、柳瀬首相秘書官、そして加計理事長にも是非ここに来て頂いて真実を明らかにしたい。こんなことをしていると内閣総理大臣自身を証人喚問しなければならなくなる」

野党から拍手と野次。

「私の目の前に座っている日本国の内閣総理大臣が嘘をついているかも知れないと思って質問するのは残念ですよ」

「そうだ!」


と野党側から大拍手。

「嘘をついているかも知れない」などと言わずに、その嘘を自分の手で証明したらどうだ。
嘘を立証出来ないで、妄想で安倍首相を追い詰めても時間の無駄であり、国民は納得しない。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

13:38  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |