2018.04.01 (Sun)


TBS「サンモニ」が「悪魔の証明」を要求


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

偏向報道の電波利権をオークション制で打破せよ

森友問題はこの一年以上、野党と反日メディアが「悪魔の証明」を求めて国会を空転させた。
まだその反省もないまま、反日メディアは「悪魔の証明」をせよと言っている。

TBS「サンモニ」(2018/4/1)
佐川前理財局長 証人喚問
証言拒否の一方 明言したのは


冒頭、小泉進次郎副幹事長がインタビューで自信満々語る様子。

2018040205.jpg

小泉進次郎
平成の政治史に残る大きな事件と向き合っているという、そういう認識をボクは持ってます」


平成史上最大の疑獄事件だとでもいうのか。
一銭の金も動いていないというのに。
これで進次郎は石破茂とともに政権に楯突いた。
「こども保険」もおかしかったが、進次郎がこれほどバカだとは思わなかった。

ナレーション
「先週日曜日、財務省による決裁文書の改竄の問題に付いて『問題は大きい』との認識を示した小泉進次郎議員。
しかし火曜日に行なわれた佐川前理財局長への証人喚問。
冒頭の質問から佐川氏が口にしたのは・・・」

佐川前理財局長
「私が捜査の対象であり、刑事訴追を受けるおそれがございますので・・・」

ナレーション
「証言を拒否する姿勢を鮮明に示したのです。一方で明確に答えたのは・・・」

丸川珠代(自民党参院議員)
「安倍総理からの支持はありませんでしたね?」

佐川
「ございませんでした」

丸川
「安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね?」

佐川
「ございませんでした」

福山哲郎(立民党)
「文書の改竄について、あなたは関わっているのかいないか。関わっていないなら、ここで明確に関わっていないとおっしゃればいい」

佐川
「私も含めまして今、捜査の対象になっているということでございます」

ナレーション
「佐川氏は刑事訴追のおそれを理由におよそ50回にわたって証言拒否を繰り返し、自身の関与や何のために誰が改竄を指示したのかという疑問には一切答えませんでした。
その一方で、総理や総理夫人の昭恵氏の関与については明確に否定」

二階幹事長
「総理をはじめ、政治家がどういう関わり合いを持っていたか、幸いにしてなかったことが明白になったと思います」

ナレーション
「喚問を受けて『疑惑は晴れた』と語った二階幹事長。しかし野党側は『疑問は深まった』として昭恵氏らの国会招致を強く求めています。
2日前には安倍総理のこの答弁が取り上げられました」

安倍総理
「妻が名誉校長を務めている所は数多(あまた)の数あるわけではございますが」

小池晃(共産党)
「名誉校長、名誉園長はどこですか?」

安倍総理
「校長と園長ですね・・・」

しきりに資料を探しながら・・・

安倍総理
「校長と園長ということであればですね、これはあのう・・・えー・・・現在の段階では御座いませんが、沢山あるものですから・・・学校としては御影インターナショナルとですね、えー、あっ、あの瑞穂の国の記念小学校ですか・・・」

小池晃
「あまたあると言ってたけど、2つなんですよ!で、その一つは森友学園ですよ、もう一つは加計学園ですよ!」


だから何さということだ。
昭恵夫人は名誉顧問、名誉会長など数多く利用されている

ナレーション
「一夜明け、麻生財務大臣の発言が野党の激しい反発を招きました」

2018040206.jpg

麻生財務相
「日本の新聞には一行も載っていなかったんですもんね。森友の方がTPPイレブンより重大だと考えているのが日本の新聞レベル・・・」

ナレーション
「しかし主要紙の全ての新聞が取り上げていました」


でもテレビが見せる記事は一面ではなかった。

麻生氏の答弁の「締結」は正しくは「署名」、「ペルー」は正しくは「チリ」。訂正と謝罪に追い込まれていると批判。

枝野幸男(立憲民主党代表)
「新聞も読まず、事実確認もせず、いい加減なこと言ってマスコミ批判をすると。やる気が無いんだったら国民のためにサッサと地位を退かれるべきではないか」

ナレーション
「一方、自民党内からも・・・」

石破茂
「証人尋問がおわりましたが、多くの国民が『よし分かった』ということにはかなり遠い」

自民党が一番苦しい時に逃げ出して、自民党が力を回復して来たら出戻ってきた石破茂。
味方を後ろから撃つという評判の石破には総理の椅子はない。


ナレーション
「さらなる事実の解明は行なわれるのか。その動向に注目が集まります」


反日メディア独特の切り取りで印象操作を計っている。

スタジオでは・・・

関口 宏(司会)
「もう何も無かった、終わったというように空気を一所懸命作っているような感じですが・・・」

田中秀征(福山大学客員教授)
「証言拒否をすればするほど疑いが深まる。やましい所がなかったら全然構わず喋れる筈だ
だから、ますます疑惑が深まったと言わざるを得ない。
麻生さんがTPPの方が大事だとある意味正しいかもしれないが、それならサッサと早く片付けてもらいたい。
小泉さんは『平成政治史の大事件』だと言ったが、彼は腹を決めて踏み込んだとボクは見てる。
ただ口から出て来た事じゃなくて、自民党はダメだ、今の政権はダメだという行動宣言だと受け止めた。
頑張ってもらいたい」

安倍首相も昭恵夫人も関係していないと「全然構わず喋れた」のは「やましい所がない」証拠だ。

関口
「秀征さんも終わってないと」

田中
「いやいや、これからですよ」

大宅映子(ジャーナリスト)
「自民党の丸川議員の質問の仕方は『ありませんでしたね』とか『無かったですね』とか、そういう質問は初めてで、そんな。
それに対して物凄く明確に『ありません、ございません』と断言した。
それをもって『関わり無しは明白になった』というのは私にはその筋がどうしても通らない。
筋無しの『無し』というのは証明できないもん。そうでしょ?
だから『無かったんです』ということは証明にはならない。戦争中のメディアは大本営発表以上のもので煽ったけれど、その時メディアは軍からもお上からも命令が無かったといった。
命令指示がなくても忖度して空気を読んで動く国のわけですよ
それを言われてるのに『関与はございません』で明白で、シャンシャンになりますという筋書きを考えたのはちょっとおかしい」


「悪魔の証明」をみずから認めた大宅映子。
「空気を読んで動く」と日本人を馬鹿にして居るが、元来「忖度」は日本人の美徳である
「忖度」という美しい日本の言葉を汚したのは反日メディアであり野党である。

こんな劣悪なコメントをして、父親が草葉の陰で泣いて居るぞ。

松原耕二(BS-TBS「週刊報道LIFE」キャスター編集長)
「待って待って結局出てきたら『政治家の関与はありませんでした』みたいなこういう曖昧になるわけです。
時間掛けたらみんな忘れていく。忘れた頃に出して終わりと。
それを狙っているように思えてならない」

2018040207.jpg

松原
「公文書の新ガイドラインを主導したのも内閣官房で、実はここも官邸主導で『こうしなさい』と作り方も官邸主導の臭いがする。これも問題だと思う」

関口
「なにか自分達の都合のいいものを作ってしまう。これダメですよねえ、意味が無くなっちゃう」

松原
「改竄については何も入っていない」


新ガイドラインに「改竄するな」と書けというのか。
馬鹿々々しい。

一年経つと破棄する行政文書を一年以上保存せよというのは正しいし、正確性の確保も正しい。

森友文書騒動は「改竄」だとされているが、改竄とはAをBと書き変えることをいう。
今回は近畿理財局が不当に安く国有地を売ったという批判を恐れて、決裁書に籠池と何時会ったの昭恵夫人がどうとかのどうでもいい言い訳を書いた、その冗長部分を削除しただけの話である。

それにしても公文書の書換えは法律上不正であり、誰が何時どういう目的で書き換えたかというのは検察の捜査に委ねるしかない。
それにしてもこの一年以上にわたる国会の空転は野党と反日メディアの税金泥棒と言うしかない。

安倍総理はTBS「サンモニ」を始めとする反日メディアを罰することのできない放送法は破棄し、既成メディアに対抗するネットを始めとする新メディアも入れたオークション制の導入を急ぐべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:52  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |