FC2ブログ

2018.03.29 (Thu)


完敗した反日メディアが丸川珠代議員を攻撃の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野党と共にお手上げになった証拠だ

27日の佐川氏の証人喚問でトップバッターとして登場した自民党の丸川珠代議員の質問にメディア非難の声を浴びせている。
安倍首相と昭恵夫人の関与がなかったことを誘導尋問したというのである。

⇒東洋経済(2018/3/28)
佐川氏証人喚問の中身があまりにも酷すぎる
誘導質問、粗い質問、そして答弁拒否…

 
2018032901.jpg
(3月27日、証人喚問に応じる佐川宣寿氏(写真:ロイター/Toru Hanai)

 結果は「野党の完敗」といっていいだろう。3月9日に国税庁長官を辞した時、佐川宣寿氏はいわば「霞が関を追われた身」だった。「3カ月の減給20%」の処分を下した財務省は、佐川氏を守ってはくれなかった。ということは、洗いざらい話すのではないか…野党サイドはそんな淡い期待を持っていたのだが、佐川氏は官邸を守ることによって、自らの古巣をも守ったといえる。

憲政史上の汚点ともいえる「誘導質問」

しかも、3月27日に衆参両院で開かれた証人喚問は、日本の憲政史上に汚点を残したともいえるひどいものだった。まずは自民党の「誘導質問」だ。トップバッターをつとめた丸川珠代参議院議員はたたみかけるように、公文書改ざんについての質問でこのように尋ねている。

「この書き換えを誰が指示したのかというのは、国民の非常に大きな関心の的でございます。理財局の内部で書き換えが行われたということでございますが、改めて確認をいたします。佐川さん、あるいは理財局に対して安倍総理からの指示はありませんでしたね」

このように念を押したかのような言い方は、昭恵夫人に関する質問でも重ねて行われている。「念のために伺いますが、安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね」。しかしこれ以降、丸川氏は菅義偉官房長官以下についても「関与」を尋ねているが、このような“誘導的な”尋ね方をしていない。安倍晋三首相・昭恵夫人は「特別」である証拠だろう。
丸川氏の質問に対する佐川氏の答弁も奇妙だ。書き換えに際して昭恵夫人の名前を削除した理由について尋ねられた時には答弁を拒否したものの、なぜか国有地貸付に昭恵夫人の影響がないと断言した。
そしてこれを受けた丸川氏は「少なくとも今回の書き換え、そして森友学園に国有地の貸し付け並びに売り払いの取引について、総理、総理夫人、官邸の関与はなかったということは、証言を得られました」と確認するように述べている。これは丸川氏が「課せられた役割を無事に果たした」という宣言だったのか。(安積明子)


(以下略)

「憲政史上の汚点」とは仰山な。
「ありませんでしたね」を「ありましたか」と尋ねても大差は無い。
要は佐川氏がどう答えたかである。

「安倍晋三首相・昭恵夫人は『特別』である証拠だろう。」
それを言うなら、野党こそ何ら具体的な証拠も提示できないまま一年間も「特別」な存在として攻撃目標にして来たのである。
これこそ正に片手落ち、もとい、一方的な批判である。

「課せられた役割を無事に果たした」
その通り。質問者には課せられた役割があり、それを演ずるのが国会だ。
昨今の野党のテレビ中継を意識した無意味で過剰な「演技」こそ批判されるべきなのだ。

⇒ダイヤモンドOnline(同上)
佐川氏喚問は、昭恵夫人と官邸の関与の火消しに使われた茶番劇だった
「総理夫人、官邸の関与はなかったとの証言が得られた」と豪語する丸川議員


そんな佐川氏が饒舌に語ったのは、参議院で質問のトップバッターに立った丸川珠代議員(自民党)の質問に対してのみだったからだ。丸川氏の質問は、終始一貫して、「責任は財務省理財局のみにあり、総理、総理夫人、官房長官、官房副長官、総理秘書官は関係ない」ということを念押しする内容だったからだ。

(中略)

このように、「政治の関与を匂わせたら、どうなるか分かってるんでしょうね」と言わんばかりの、半ば「恐喝」とも受け取れる質問をネチネチと繰り返した後、丸川議員は晴れやかな顔で、「総理夫人、官邸の関与はなかったという証言が得られました。ありがとうございました」と言い放ったのだ。
 これには、自民党の議員からも驚愕した様子のコメントが出ていた。(横田由美子 ジャーナリスト)


(以下略)

丸川議員の質問を「恐喝」とはいくらなんでも言い過ぎだろう。
佐川氏が丸川議員の質問に対してのみ「饒舌に語った」というのは嘘である。
テレビ中継を観ても分かる。

丸川氏は27日の証人喚問で、森友文書改ざん問題に関して佐川氏に対し「総理からの指示はありませんでしたね」「念のために伺いますが、総理夫人からの指示はありませんでしたね」と聞いた。いずれも佐川氏は「ございませんでした」と短く答えた。(⇒ライブドアニュース)

佐川氏の答弁が気に入らないので自分の偏見で「饒舌」と言い換える、ジャーナリストとして失格である。
これこそまさに世論誘導を狙ったフェイクニュースである。
イエローペーパーならとももかく、「ダイヤモンド」の名が廃る。

「自民党の議員からも驚愕した様子のコメントが出ていた」

その自民党議員が誰かも分からない。
いくらでも創作できる。反日メディアの常套手段である。
たとえ事実だとしても、丸川珠代議員が党内で出世したのは・・・

「国家ではなく総理に忠誠を尽くしたからだ」

という反安倍派の恨み節に過ぎない。

「“二枚舌”を使う佐川氏は官僚より政治家に向いている?」

これに至っては人身攻撃である。

そして最後は「疑惑ますます深まった」である。

 福山哲郎参院議員(立憲民主党)が言及したように、「疑惑はますます深まった」としか言いようがない。安倍政権は、丸川議員と佐川氏との間でやり取りされた“茶番答弁”をもって、説明責任が果たされたなどとは、決して考えてはならないだろう。

具体的な証拠もなしに、野党と反日メディアが安倍憎しとばかりにいつまで安倍政権を追い詰めれば気が済むのだろう。
あるメディアは「誘導尋問」だと批判し、あるメディアは「恐喝」と批判する。
誘導尋問と恐喝とでは随分落差がある。

このようにステリックな安倍政権攻撃と昭恵夫人の魔女裁判を要求する野党とマスメディアを国民は冷静に見つめて、NO!を突きつけるべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:32  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |