FC2ブログ

2018.03.27 (Tue)


佐川氏 安倍首相と昭恵夫人の関与を否定


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

失意の野党とメディアが恨み節

今日、佐川前理財局長を国会に証人喚問した。

冒頭の自民党の丸川珠代参院議員の質問はゆっくり、淡々とした口調で好感が持てた。
議会に初登場して恒例の「ギチョーーー」と発声した時に比べて貫禄が出てきた。

今日の佐川前理財局長の証人喚問で、佐川氏は安倍首相と昭恵夫人の関与を完全に否定した。
野党側の質問者達は色めき立って、昭恵夫人を証人喚問に呼べと要求しているがまったくの無理筋である。

福山哲郎(立憲民主党)
「全く不誠実な答弁で、疑惑はますます深まったと言わざるをえない。
改ざんの経緯について、証言を拒否しているにもかかわらず、総理大臣官邸の関与だけは否定するというのは、論理矛盾そのものだ。
疑惑は全く明らかになっておらず、売却交渉当時の迫田元財務省理財局長や、安倍総理大臣夫人の昭恵氏も証人喚問の対象になると思うし、関係者を一堂に集めるのも1つの考え方だ。与党側も『これで幕引き』という訳にはいかず、国民の怒りはますます高まると思う


怒っているのは国民ではなくて、国会前で騒ぐプロ市民だけである。

 不誠実な回答とは佐川氏が「刑事訴追の恐れがあるので・・・」と回答しなかったことを指している。
しかし、証人は訴追の怖れがあると思う質問については答弁しなくてもよいと人権を守る憲法で守られている。
常日頃、人権ガアとか憲法ガアと言う立憲民主党が憲法無視、人権無視とは恐れ入った。
だから安倍首相や昭恵夫人の関与を一切否定したこととは全く無関係で「論理矛盾」でもなんでもない。

前からこのセンセは馬鹿だと思っていたが、さらにその念を強くした。
「国民の怒り」など福山センセの勘違いで、国民は何にも怒っていない。
むしろ、過去一年間もモリカケ問題を引っ張ってきて、仕事らしい仕事もしていない野党のサボリ議員に対して怒っている。

安倍首相や昭恵夫人が関与した証明は一切できず、役人が忖度したなどと言っても国民は信じない。
それを証人喚問せよとはムチャクチャである。
やはりこのセンセは日本人のメンタリティではない。

それでも昭恵夫人は証人台に立てと野党側は言い募る。

今井雅人(希望の党)
「なぜここの部分だけは(安倍首相と昭恵夫人は関係していないと)話して、他の部分は訴追の恐れがあるから答えられませんという、このダブルスタンダードは一体どういう意味なんですか」


これはダブルスタンダードとは呼ばない。
証言する部分と証言を拒否する部分があってもよいと憲法で認められている。
今井センセもアタマ悪い。

「昭恵夫人には広告塔の責任はある」(橋下 徹)

「そもそも関係のない人を国会招致するのは国権の乱用と言える」(高橋洋一)

「昭恵夫人の国会招致などあってはならない」(舛添要一)


しかし今日の反日メディアの報道は予想通り安倍政権批判一色である。
そのタイトルを見ただけでも分かる。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(2018/3/27)
期待はずれ「答弁控える」「訴追恐れ」連発
追求260分・・・改ざん語らず


御丁寧にも佐川氏が「訴追の恐れ」と証言を拒否したのが55回だと勘定していた阿呆新聞(毎日新聞)があった。
テレ朝「報ステ」のカウントは47回。
反日メディアは佐川氏が証言を拒否する一方で、安倍首相と昭恵夫人の関与は無かったと明言するのはどうよ・・・と批判しているが、話はアベコベである。
仮に安倍首相と昭恵夫人の関与は無かったとあれほど断言したのが嘘だというなら、それこそ一大事で、佐川氏は間違いなく監獄にブチこまれる筈だ。
故に安倍首相と昭恵夫人の関与は無かったと言える。


TBS「Nスタ」(同上)
籠池被告"接見"で何語った?
追求の "最先ぽう" 生出演 Nトク!


2018032701.jpg

今井雅人(希望の党)をスタジオに呼んで喋らせた。

今井雅人
「昭恵さんは相当、この森友学園小学校の建設の取引に関心を持っていた。よくご存知だったと。
まあ、あの、籠池さんの仰ってたことが正しければ、そういう事になりますから・・・」


まだ被告人でペテン師の籠池の話しかネタがない。
「隠し玉」があるとか言っていたが、不発だった(笑)


井上貴博(MC)
「野党の質問時間が短いから国会では真相追及は国会ではムリなのかなと。
そういうことになりかねない」

与良正男(毎日新聞専門編集委員)
「訴追の怖れがあるという釈明が限度を越えている。証言拒否ということになるかもしれない」

今井憲一郎(TBS報道局 政治部長)
「今日の喚問をテレビで見ていてた国民は、果たしてこれで納得できたのか。与党内でも危惧する声がでている」

市民は納得しないだろうが、国民は十分納得している。

テレ朝「報ステ」
改ざん、8億円値引きで攻防
与野党の「本音」と「展望」


富川悠太(MC)
国民としてはまだ納得できないですよ。モヤモヤしてますよね」

後藤謙次(ジャーナリスト)
「出来ないと思いますね。いま舞台の幕が降りるのかまた上がるのか分からない。
ただ国民の側からはまだ幕は降りないぞという声が聞こえてる気がしますね」


後藤謙次の空耳だろう。

予算もロクに審議しないまま国会の自動承認となる。
一体この一年間、国会議員は何をしてきたのか。

こうしている間にも東アジアの政治は急変を告げている。

北朝鮮の金正恩は亡命を希望する中国に初めて出かけて、亡命の命乞いをした。
朝米首脳会談をトランプ大統領に申しこんだものの、6月にトランプが金正恩の斬首作戦を実行すると思っているからである。

【産経新聞号外】金正恩氏が訪中

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が26日から北京を訪問し、27日までに複数の中国共産党の指導者と会談したことがわかった。中国共産党当局者が明らかにした。
 同当局者によれば、中朝双方は今年初めから金正恩氏の訪中時期などについて交渉していた。中国側は、北朝鮮が核放棄に向けて取り組む姿勢を示すことを金氏訪中の条件にしていたという。今回、訪中が実現したことは、北朝鮮から前向きな回答を得た可能性がある。
 朝鮮半島情勢をめぐり、4月に南北首脳会談、5月までに米朝首脳会談が行われる予定で、金氏は今回の訪中で、最大の保護国である中国の指導者と事前協議を行うものとみられる。
 北朝鮮の最高指導者の訪中は、2011年5月の金正日総書記以来、7年ぶり。金正恩氏の訪中は最高指導者として初めて。


コップの中の嵐を止めて目を国外に向けよ。
自衛隊を認めない憲法の下で日本はいま緊急事態にある。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:13  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |