FC2ブログ

2018.03.24 (Sat)


森友文書問題を早く決着して目を外に向けよう


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野党と左翼偏向メディアは日本を狂わす

森友文書改竄問題をめぐる連日の偏向メディアの報道には本当に辟易する。
いままで朝日、毎日、東京などと、関連テレビ局のワイドショーを取り上げて批判してきたが、もう筆を折ろうとさえ思う時がある。

しかし、産経新聞、八重山新聞、あるいは保守系ネットではまだまだ同志が居ると気を取り直して書き続けることにする。

JCASニュースが産経新聞を揶揄している。
「昭恵夫人、自粛を」と言いながら一転して「野党とメディアの魔女狩り」呼ばわりしているというのである。
この産経新聞の2つの記事は当ブログでも紹介したばかりである。
JCASニュースによれば・・・

⇒JCASニュース(2018/3/23)
「昭恵夫人、自粛を」から一転 産経、
今度は野党&メディアを「魔女狩り」呼ばわり


森友学園をめぐる問題で安倍昭恵夫人の言動が「政権の足を引っ張りつつある」として「行動を自粛なさってはいかがだろうか」と苦言を呈していた産経新聞が、今度は「魔女狩り」を主張している。
国有地売買に安倍晋三首相夫妻の関与や官僚による忖度はないとの見方を示しながら、メディアの報道ぶりを昭恵夫人への「個人攻撃」だと非難している。


(以下略)

昭恵夫人に自粛を求めることと、魔女狩りだと野党とメディアを批判することとはまったく矛盾していない。
「魔女狩りを見るに見かねて自重して欲しい」と昭恵夫人にアドバイスしたからである。

安倍首相の奇跡の復活に昭恵夫人は貢献した。
その功績は認めなければならない。
しかし安倍首相の首を取ろうとする反日勢力が勢いを増している昨今、「結果として」安倍首相の足を引っ張るような行動は厳に慎まなければならない。

敢えて「結果として」とした理由は、天真爛漫な昭恵夫人を「結果として」悪者にしようとする反日勢力が居るということである。

昭恵夫人のフェイスブックに・・・

「野党のバカげた質問ばかりで、旦那さんは毎日大変ですね。国会には、世間には先を読めない人間が多過ぎますね」

とする投稿に昭恵夫人が「いいね」を押したと騒動になったが、これなど切り取りによる印象操作である。
それは全文のほんの一部に過ぎない。

その上、後でわかった事だが、昭恵夫人は片っ端から「いいえ」を押している。
つまり「読みました」という程度にすぎない。
それでなくとも「野党の馬鹿げた質問に安倍首相はうんざり、世間は馬鹿ばかり」というのは紛れもない事実である。

さはさりとても、反日メディアと世間のおバカさんを相手に無防備状態は危険だから「昭恵夫人、自粛を」と言うのは正しい。

世間はおバカさんばかりではないことを今日の産経ニュースは示している。

官僚を呼び出して詰問する野党の面々の顔をみて頂きたい。
NHKの籾井元会長を恫喝した階猛、民進党から希望の党へ変節した柚木道義福島みずほ(社民党)、今井雅人(希望の党)、桜井充(民進党)と森裕子(自由党)は最後の晩餐で悪巧みをしている二人に見える。

悪者達

こんな人達に日本を任せるわけにはいかない。

⇒産経ニュース(2018/3/24)
【目線~読者から】
森友文書問題「内外に難題を抱える今、国会を止めて国民をないがしろ」(3月13~20日)


2018032401.jpg
財務省の森友文書改竄問題に関する野党6党の合同ヒアリング=国会内(斎藤良雄撮影)

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題をめぐり、衆院と参院の各予算委員会は27日に当時の同省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を行うことを決定。改竄の目的や指揮系統、安倍晋三首相らへの「忖度(そんたく)」の有無などに関する証言が注目されます。野党はますますヒートアップ。決裁文書に名前があったことから、安倍首相夫人、昭恵氏の証人喚問、さらに内閣の総辞職を求める声も。

 「夫人の名前が公文書に出た。官僚が自分の考えで都合の悪いことをするはずがない。最高責任者として辞任すべきだ」(男性)▽「証拠もないのに国家存亡の大問題であるかのような報道には怒りを覚える。周辺の同じような土地取引などはなぜ報道しないのか」(70代男性)

 一部の読者が注目したのは決裁文書と財務省が指示した削除部分について。「再び『忖度』という言葉が飛び交うが、現場の公務員にとって政治家の人たちがどうなろうと関係ない。自分の業務が(道理にかなっているかどうかの)理非をわきまえていればいい。原文書に明確に表現されています」(岡山県、男性)

▽「公務員時代、決裁文書については厳しく指導された。原文書を読むと要点を絞り込まず、余計な報告が多過ぎる。削除部分は影響がないような内容ばかり。つじつま合わせなんてする必要はなかった」(東京都、60代男性)

▽「森友学園前理事長の籠池泰典氏が口にした昭恵夫人の名前に過剰に反応し、忖度した結果が混乱を招いたのでは」(男性)

 国会で予算審議などがストップしている異常事態にはさめた見方が大勢。「検察まがいの仕事をしてもらうために国会議員を選んだのではない」(男性)▽「内外に難題を抱える今、国会を止めてまで総がかりになるとは、国民をないがしろにしている。野党は第三者委員会を設置して集中審議するよう要求すべきだ」(男性)▽「こんなことで総辞職をしていたら、どこかの役人が意図的に書き換えをしてリークすれば、時の政権は簡単に潰されてしまうことになる」(さいたま市、50代男性)▽「官僚の組織を見直す必要があると思う。ただ、政権の足を引っ張るためだけのネガティブキャンペーンや本質を外した報道が多いなか、産経新聞には冷静な報道を願っています」(滋賀県、男性)(読者サービスグループ)


 いま日本は森友文書問題などに関わりあっている時間はないのである。
北朝鮮へのトランプ政権の攻撃の可能性は高く、その場合、韓国の在留邦人をどう救出するのか、北朝鮮の日本へのミサイル攻撃をどう防ぐのか。
さらに、習近平の長期独裁政権が成立した今、尖閣諸島を襲い、東シナ海はもとより南シナ海を制覇する可能性が高くなった。
日本は同盟国アメリカとどのような共同作戦を講じるのか、などなど。

日本国憲法の改正もこの問題と同期している。

こういった日本の喫緊の問題から目を逸らすために、野党は元より朝日新聞やそのたの反日メディアが世論を誘導しているのではないかとさえ思うのである。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:22  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |