FC2ブログ

2018.03.01 (Thu)


韓国独立記念日 文在寅のたわごと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「終わっていない」ならいつ終わるのだ韓国よ

2018030102.jpg

今日3月1日は韓国が日本の支配から独立したと称する「独立記念日」。
文在寅大統領は演説の中で慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決したとする日韓合意について、「終わっていない」と妄言を吐いた。

⇒朝日新聞
韓国大統領「誤った歴史、我々の力で正しく」 演説要旨


韓国の文在寅大統領が1日の「3・1独立運動」記念式典で行った演説のうち、対日関係に触れた部分の要旨は次の通り。

●誤った歴史を我々の力で正しく立て直さなければならない。独島(島根県の竹島の韓国名)は日本の韓(朝鮮)半島侵略の過程で最初に支配された土地だ。韓国固有の土地だ。今、日本がその事実を否定するのは帝国主義侵略に対する反省を拒むことにほかならない。
慰安婦問題の解決においても、加害者である日本政府が「終わった」と言ってはならない。戦争の時代にあった人倫に背いた人権犯罪行為は、終わったという言葉でふたをしてはならない。不幸な歴史であればあるほど、その歴史を記憶し、その歴史から学ぶことだけが真の解決だ。

●日本は、人類普遍の良心をもって、歴史の真実と正義に向き合わねばならない。苦痛を与えた隣国と真に和解し、平和共存と繁栄の道をともに歩くことを願う。

私は日本に特別な扱いを求めない。ただ、最も近い隣国らしく、真の反省と和解の上に、ともに未来へ進むことを願うだけだ。(ソウル=武田肇)


 朝日新聞は文在寅の演説をどう受け止めたのか。明日の社説が興味津々である。
それとも例によって他紙の社説が出てから一日遅れで書くのかもしれない。
朝日新聞お得意の後出しジャンケンである。

文在寅に売り言葉に買い言葉で応ずれば、韓国の近代化は日本のカネと人と努力によって実現できたのは歴史の示す通りである。
日本に近代化してもらいながらその恩も忘れて日本を敵視し、反省を永遠に求める韓国は忘恩の鬼畜である。
そのうえ日韓合意を無視する発言は国際社会の笑いものになるであろう。

⇒産経ニュース(2018/3/1)
慰安婦問題「日本が『終わった』と言ってはならない。反人倫的犯罪」
文在寅大統領、独立運動式典で演説「日本に特別な要求はしない」とも


【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、日本による朝鮮半島統治下の1919年に起きた「3・1独立運動」の記念式典で演説。慰安婦問題は解決していないとの立場を強調する一方で、日本に対して特別な要求をしない姿勢を示した。
 演説で文氏は、竹島問題に先に触れ「独島(トクト)は日本の朝鮮半島侵奪で最初に強制的に占領された地であり、われわれ固有の領土だ」と指摘。「今、日本がこの事実を否定していることは、帝国主義の侵略に対する反省を拒否していることにほかならない」と訴えた。
 また、文氏は「慰安婦問題解決についても、加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない。戦時の反人倫的な人権犯罪行為は終わったとという言葉で覆い隠せない」と強調。「不幸な歴史であるほど、その歴史を記憶し、歴史から学ぶことだけが、真の解決である」と述べた。
 一方で、文氏は慰安婦問題の解決に向けて「日本には特別な対応を要求しない」とも言明。「最も近い隣国らしく、真の反省と和解もために、共に未来に向かって行きたい」とし、未来志向的な日韓関係を志向する考えを示した。
文在寅政権下での同式典が行われたのは初めてで、今年はソウル市内の旧西大門(ソデムン)刑務所の歴史記念館で初めて行われた。西大門刑務所は日本統治時代に独立活動家らが収監された場所でもあり、朝鮮半島の日本統治時代を最も象徴する場所として認識されている。
 この日の式典は、李明博(イ・ミョンバク)政権の2010年に中部・天安市の独立記念館で実施されて以来8年ぶりに屋外で開催された。式典には独立活動家の子孫を含む市民や、韓国駐在の外交官ら大勢が出席した。
 韓国政府は、文在寅政権で最初のこの記念日を、「国民が参加し共感できる行事にする」としており、首都ソウルをはじめ、全国各地で独立運動をたたえる行事が行われた。


日本政府はもちろん指を咥えて見ていたわけではない。
早速、菅官房長官が記者会見で外交ルートで強く抗議したと述べた。

⇒産経ニュース(2018/3/1)
菅義偉官房長官「絶対に受け入れられない」 慰安婦問題めぐる韓国大統領演説に抗議
 


 菅義偉官房長官は1日の記者会見で、韓国の文在寅大統領が「3・1独立運動」の記念式典において、慰安婦問題について「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない」と演説した件に対し「日韓合意に反する。全く受け入れられず、極めて遺憾だ」と批判した。外交ルートを通じて韓国側に「絶対に受け入れられない」と強く抗議した経緯も明らかにした。
 菅氏は日韓合意に関し「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した」と改めて強調。その上で「わが国は合意に基づいて、やるべきことはすべてやった。あとは韓国が約束をしっかり履行することを強く求めていきたい」と述べた。


それにしても「強く抗議」だけで済む問題なのか。
北朝鮮をめぐる危機についても、日本の自衛隊による在留邦人の救出活動を拒否する韓国政府にはドカンと何かやって欲しいものだ。

・・・と考えたところ妙案がある。

アメリカはパラリンピック閉幕後、間違いなく金正恩のクビを取る。
北朝鮮の独裁政権は崩壊し、難民がどっと韓国に押し寄せる。
中国は既に難民の越境を予想して難民キャンプ作りを急いでいる。
南北統一には途方もない金が必要だ。
西ドイツですら東ドイツと合併して酷い目にあった。
韓国は南北統一の智恵も金もない。
必ず日本に助けを求めてくる。

その時、日本はいかに国際社会の批判を浴びようとも、ビタ一文、人っ子一人出さずに黙殺することだ。

「よくも在留邦人救出の邪魔をしたな」と。

あるいは・・・

2018030103.jpg

「朝鮮半島がどうなろうと、アッシには関わりのねえ事でござんす」と。

ここで始めて「助けず、教えず、関わらず」の非韓三原則が生きてくるのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:36  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |