FC2ブログ

2018.01.27 (Sat)


安倍首相の平昌行き 賛否両論を紹介


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

あなたはどちら?

 安倍首相が24日早朝、平昌五輪の開会式に出席すると産経新聞にスクープさせた。
それから賛否両論が渦巻いているが、賛成・反対の意見をご紹介する。
安倍首相が行くと決めた以上、いまさら何を言っても仕方が無いが、以下のコメントを読むと発言者の立ち位置が良く分って興味深い。

賛成派》

田崎史郎(時事通信特別解説委員)
「韓国が糸の切れた凧のように北朝鮮側に行ってしまうのをペンス副大統領と安倍首相が止めに行く。
反対が多い中で訪韓することで訪韓の価値がもっと上がると安倍首相は考えている。
だから二階幹事長や公明党の山口代表が行って欲しいと言ったのは、あれは迷惑だ」(TBS「ひるおび」1/25)

末延吉正(ジャーナリスト 東海大学教授)
「これは横綱相撲というか大人の対応だ。ここで行かないと完全に外交巧者の北朝鮮のペースだ。文在寅政権は腰が定まらないから、ここは乗り込んでいってアメリカ副大統領と一緒にネジを巻く、その上で言うべき事は言ってくる。ペンス副大統領はアメリカは軍事オプションもあると厳しいことを文大統領に伝え、日本も厳しい事を言う、ここが重要なところだ」(テレ朝「ワイド!スクランブル」1/25)

後藤謙次(ジャーナリスト)
「これをきっかけに日韓関係が改善に向かうことは大変結構なことだと思う」(テレ朝「報ステ」1/25)

後藤氏のコメントが前二氏に比べて劣悪だ

二階幹事長
「韓国で開かれるときは行かないことにしておいて、日本で何かをやる時には来てもらいたい・そんな事は国際社会では通用しない。私は行くのは当たり前の事だと思う」

単に媚韓であるだけの話。韓国利権があったりして・・・

八代英輝(弁護士)
「可能であれば行かれたほうがいい」

佐藤 優(元外務省主任分析官)
「韓国のことは不愉快だが、賢明な判断だ。開会式に出席しなければ国際社会から『日本は大人ではない』と見られる。韓国につけ込むスキを与え、北朝鮮が悪用する可能性もある」

佐藤優は好きではない。

【追記】

長谷川幸洋
「ここに来て考えを変えた。平昌五輪が終わった後、有事があるかも知れない。
自衛隊の入国を拒む韓国から6万人弱の観光客も含む在韓邦人を救出するための膝詰め談判をする事が一番大きい。
それを言うと米の攻撃を予定しているようであからさまに言えない。
北朝鮮に寝返りそうな文在寅にペンス副大統領と「危機は目前だ。どうするんだ」と詰め寄る目的もある。
文政権は日本人を人間の楯として使うこともありうる


《反対派》

青山繁晴(自民党参議員)
「韓国の五輪政治利用に乗っかるだけになってしまうので間違った政治判断だ」

生一本な愛国者。

山田 宏(同)
「日本の姿勢を『行かない』という形で示すほうが今後の日韓関係には良いと思う」

中曽根元外務大臣
「韓国とか国際社会に誤ったメッセージを与えることにつながるので反対、国民の理解を得られるのかという意見が外交部会であった事を総理に報告した」

立川志らく(落語家)
「私は(自分が)子供の対応で、反対だ」

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
「私は行くことについては反対だ。あの合意の見直しを既成事実化してしまう恐れがある。
しかし今度、直接首脳会談をして、ちゃんと釘を刺す事を前提にして会っていいだろう。」(日テレ ウェークアップ!プラス 1/27)

百田尚樹
「訪韓することは外交的敗北につながりかねない」

松木國俊(朝鮮近現代史研究所所長)
「反対だ。韓国に『日韓合意にこだわっていない』という誤ったメッセージを送ることになる。(中略)腹を割って話しても通じる相手ではない」

室谷克実(評論家・ジャーナリスト)
「安倍首相の同行SPを増やしただけで、対応できるような国とは思えない。そもそも行くべきではない」


何より安倍首相の身の安全を心配している。

さて、あなたはどちらの意見だろうか?




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:39  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |