FC2ブログ

2018.01.24 (Wed)


首相の平昌行き決断に何故かワイドショーは肯定的


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

文在寅大統領に釘を刺しに行くというのに

今日のテレビのワイドショーが安倍首相の平昌五輪出席の決断をどう報じたかチェックしてみた。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2018/1/24)
安倍総理大臣 平昌五輪 開会式に出席へ

川村晃司(テレ朝コメンテーター)
「いけない理由に国会日程が非常に窮屈だということもあったんですけど、国会日程を決める与野党の方で、山口公明党委員長や二階幹事長、そして野党の方もこの際国会日程は我々が調整するから行かれたらどうかということで、フランスのマクロン大統領以下各国の首脳も行きますので、この際に一番近くて遠い国と言われている北朝鮮のことも踏まえて日韓で再び協力し直そう、日韓首脳会談も出来ればやりたいということですね」


「慰安婦問題の合意の実施を迫る」という肝心の目的はスルーした川村晃司。
やはり山口と二階が裏で糸を引いていたのか。

ナレーション
「日本政府内では文在寅政権が『日韓合意は誤りだった』という見解を示したことを受け、『安倍総理は開会式に出席すべきではない』という意見も出ているなか、一方で日本政府関係者は『(安倍総理が韓国に)行くことでマイナスは何もない」と話していて、日韓合意について今後も韓国側の出方を見るという狙いもあります」

吉野真太郎(国会記者会館より中継)
「安倍総理としてはこの機会に文在寅大統領との首脳会談を行なって、慰安婦問題と北朝鮮問題で日本の立場を突きつけたい考えです。
もちろん、東京オリンピックの開催国であることに加えて、選手団を激励するというのは訪問の大前提です。
ただ、それはそれとして慰安婦問題について日韓合意を守り慰安婦像を撤去する約束を果たす義務があるのは韓国側だということを大統領に直接伝えたい考えです。
また北朝鮮情勢については、南北の対話が進む中で韓国の行き過ぎた融和路線に釘を刺す狙いがあります。
政府関係者によればアメリカ側からも同様の意向が伝えられているということで、同じく平昌を訪問するペンス副大統領と共に日本・アメリカ・韓国の圧力路線を再確認したい考えです」

TBS「ひるおび」(同上)
首相ぎりぎり決断


何故か最近、TBSは親会社の毎日新聞ではなくて産経新聞の記事を紹介するのが笑える。
もっとも今回も産経新聞のスクープだから仕方が無いか。

慰安婦合意に違反して、日本からの10億円の基金で創設した慰安婦財団を今年中に解散するという韓国の女性家族相の妄言を紹介。

八代英輝(弁護士)
「いままで総理の支持者の中でも、環境が整わない限り訪韓を控えるべきだという意見が多かったと思いますが、だからと言って、今訪韓の環境が整ったかというと必ずしもそうではない。
やはり行かれることが可能ならば、確かに行かれたほうがいいと思うんですね。次に東京オリンピックも控えていますし・・・
韓国の国内で政権が言いっぱなしになっていることを日本で何も言わないというのも、やはり直接言いに行くということも大切なことだと思いますので、ですから、必ず言って来られるという前提のもとで、平昌五輪に出席されるというのは一つのご判断だと思いますがね」


最近、番組の意図と違う保守的な発言で注目されている八代氏は肯定的だ。

恵 俊彰(MC)
「田中さん、大人の対応ということですかね?」

田中里沙
「そうですね。2020年に向けて日本のプレゼンスを示すということは大事だと思いますし、何か文大統領からいろいろ言われてこちらは静観しているという感じですけど、やつぱり日本の姿勢はしっかり発信して、平昌五輪は世界中のメディアも注目すると思うので、いい機会になるのでないかなと期待します」

立川志らく
私は『子供の対応』なんで、あまり行って欲しくないですね。韓国は、だって政治利用を明らかにオリンピックでしてるから、だから日本は毅然とした態度でほんとは『行かない』というのもひとつの意思じゃないかという気はしますけどね。
でもまあいろんなアメリカとの関係もあるから行かざるを得ないという、だから総理を批判することは出来ないと思います。
批判するならやっぱり韓国に対して日本人は批判すべきだし


志らく、いいねえ!

他のニュースのあと、再び首相の平昌行きを取り上げた。
今朝の自民党外交部会に出席する稲田朋美前防衛相。
元気な様子でなにより。

2018012401_0000.jpg

ナレーション
「安倍総理の出席を巡っては、日韓合意を韓国側が誤りだったとしたことから、政府内で慎重な意見が出ていました。一方、自民党内からは総理の開会式出席に異論が噴出しました。
今朝の外交部門の会議では、出席議員から慰安婦問題を巡る日韓合意を韓国側が履行していないのに、ノコノコ行くべきではない、政権への支持も下がるといった指摘が相次いだほか、党幹部から開会式への出席を期待していたことについて、一部の声が多数になるのは心外だ、官邸に申し入れるべきだという声も上がりました」


やはり自民党の内部でも党幹部(二階ら)への不満が鬱積しているようだ。

八代英輝(国際弁護士)
「あのう、確かにですね、非可逆的な慰安婦合意を反故にしようとするなかで、訪韓の関係が整っているかというと必ずしもそうではないと思いますね。
ただ、一方で、次期オリンピックを控える中で・・・」


とコメントを述べた後・・・

八代
本心としては、まあ行かなくてもいいじゃないかという思いが確かにありますけど、ここは一国の総理ですから

伊藤
「ここで行かないというと向こうの土俵に乗るで、ここは淡々と行かれるのがよいかなと」


ここで行かないとなると日米韓の分断を狙う北朝鮮の戦略に乗ってしまうという結論になった。

テレ朝「ワイド!スクランブル」第二部

川村晃司(テレ朝コメンテーター)
「どうも最近、安倍総理の内閣支持率も低いと。不支持と拮抗したり、不支持が上回っているという世論調査もあって、ここであんまり意固地にならずに、やっぱり隣の隣国ですから(重ね言葉)、日本と韓国のキチンとした外交的な信頼関係をもう一度構築して言うことで、与野党ともにキチンと国会日程は調整しますし、こういう時だからこそ総理は出席すべきではないかということで総理周辺の官邸筋の話によると、行くべきではないという声に対して総理の方が柔軟に外交的センスを示したという風に捕らえている人も居ますね」


なんだ、最後まで聞けば伝聞を紹介しているに過ぎず、自分の言葉でコメントしていない。
無責任なコメンテーターだ。

評判のあまりよろしくないフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」は完全スルー。

日テレ「ミヤネ屋」(同上)
平昌五輪開会式出席へ
日韓首脳会談も調整

宮根誠司
「スポーツはスポーツ、政治は政治ということもありますし、やっぱり大人の対応として安倍総理が行かれるというのは五郎さん、これ正解じゃないでしょうか」

橋本五郎
「うん、ただね、これは一つ前提条件があって、それはきちんと首脳会談で合意の履行をきちんと求めると。
それがあれば、誤ったメッセージにはならないと。
反対論の場合には、かえってそれじゃ見直しを認めることになってしまうのではないかという懸念があるわけですよ。
その懸念を払拭するためには、きちんと首脳会談で直に言う、電話じゃなくてきちんと言えばいい」

さすがにゴローさん。

TBS「Nスタ」同上
平昌五輪開会式 首相出席へ
日韓合意「着実実施求める」
自民党内に強い異論


首相の平昌行きに反対する青山繁晴議員、山田宏議員のインタビュー。

安倍首相の側近議員役の声優
「どこかでは行くべきだと思っていたよ。自民党が『行くな行くな』というなかで、出席したほうが価値が上がるんだよ」

テレ朝「スーパーJチャンネル」(同上)
決断 総理は"平昌" 開会式へ
「出るべき」「出るな」の末・・・

ナレーション
「総理は開会式に行くべきではないという声もあった。そんな中での安倍首相の平昌行きの意向。その思惑は何か」

ベテラン国会議員役の声優
「まあ、それでええ。どうも気になるのは文さんというりは金正恩委員長に踊らされてるということじゃ」

声優
「日本の総理がちゃんと言うべき事を伝えてくるべきだと思う」


テレ朝も正式にインタビューしたのかも不明で、声優にやらせるという手抜き。

テレ朝「報ステ」(同上)
安倍総理が「五輪出席」へ
党内の批判も なぜ決断?

後藤謙次(ジャーナリスト)
「これは恐らく総理が行った場合のメリット、デメリットを全て勘案して、行かなかった場合のデメリットが余りにも大きいと、そういう判断をしたのだと思いますね」

富川悠太(キャスター)
「行かなかった時のデメリットが大きかった?」

後藤
「そうですね。例えば一番に考えられるのはアメリカですね。アメリカは日米韓が協調し合って中国あるいは北朝鮮と向かい合うという体制を安倍さんが行くことによって、ペンス副大統領も来られますから、日米の連携を世界にアピールするという、そして安倍さんが行かなければ、非常に南北朝鮮色が強いオリンピックになりかねないとという危惧があったと思いますね。
二つ目は中国ですね。
ここで韓国の文在寅大統領と安倍総理の間がギクシャクしてしまうと、安倍さんが最優先事項だとしている日中韓の首脳会談が開けないですね。
となるとその先に安倍さんが見据えている習近平国家主席との日中首脳会談が開催できなくなる」

富川
「訪中もなくなる」

後藤
「なくなる可能性があるわけですね。そしてみう一つは与党ですね。
二階幹事長が率先して行こうと言って、公明党の山口さんも行こうと言って、これがキャンセルということになると、与党との関係がギクシャクする。
その意味でデメリットの蓄積が大きくなるので行こうと決断したと思いますね」


安倍首相が額面どおりに文に日韓合意の履行(慰安婦像の撤去など)を求めれば、日韓関係は今まで以上にギクシャクするに違いない。
それはそれでいいことだが、与党が全員首相の訪韓に賛成しているわけではない。

政治評論家というのは政局でしかものを見ない典型である。

賛否両論あるなか、安倍首相は平昌行きを決断した。
後は、その主旨どおり、いかに文在寅大統領を追い詰めるかだけが見ものである。

そして、ただ無事帰国を祈るばかりである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:32  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.24 (Wed)


安倍首相の平昌行き決断に失望


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

表向きは文大統領への慰安婦問題抗議
裏にアメリカの意向


今朝の産経新聞一面トップを見て驚き、かつ失望した。
安倍首相が平昌五輪の開会式に参加するという。
どのような圧力があったのか、本音はどうなのかは定かではない。
いずれにしても安倍首相はそう判断した。
安倍首相の平昌行きに一番反対していたであろう産経新聞の単独インタビューである。

⇒産経新聞(2018/1/24)
首相、平昌開会式出席へ 日韓合意新方針 文氏に「拒否伝える」


安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を「受け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については「高度な圧力の維持を再確認したい」と述べた。

 首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。

 その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても「当然強く主張することになる」と述べた。

 南北対話については「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。この考え方も文大統領に明確に伝えたい」と述べた。北朝鮮に対する人道支援再開については「間違ったメッセージを与えることになる」と反対する考えを示した。

日本では韓国が示した新方針への批判が根強い。首相も一時出席見送りに傾いたが、北朝鮮情勢などを考慮して再考したという。首相は「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」と説明した。

 北朝鮮情勢については「五輪期間中に挑発的な行動が抑制されるのはよいことだが、その間も核・ミサイル開発を続けている。だからこそ制裁を維持し続けるということが大切だ」と指摘。北朝鮮の核保有については「NPT(核拡散防止条約)の根幹が崩れることになる。断じて容認できない」と語った。

 一方、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国の挑発的な行動について「日本の領土、領空、領海は断固守り抜く。私たちの明確な意志を見誤ってはならない。今後も毅然かつ冷静に対応する」と強調した。その上で「隣国ゆえに困難な問題もあるが、だからこそ話し合わねばならない。アジアの平和と繁栄のために日中は大きな責任を共有している」と述べた。

 憲法改正については「憲法を制定する主役は国民だ。国民の理解が高まるように自民党ももっと努力しなければならない。公明党ともよく議論してもらいたい」と語った。(田北真樹子、阿比留瑠比)


二面には阿比留氏の署名記事が続いた。
首相「平昌五輪出席」 リスクいとわず決断 慰安婦合意履行 世界に示す

⇒産経ニュース(同上)
安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断
「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」


【平昌五輪】  韓国が、条約にも等しい日韓慰安婦合意をないがしろにする中での安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席をめぐっては、首相官邸や外務省の幹部にも慎重意見が根強かった。また、首相の支持者の間でも反対論が圧倒的だったにもかかわらず、首相があえて出席を決断したのはなぜか。

 今回の産経新聞のインタビューや、首相の周辺取材を通じてみえてきたのは、リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為すべきことを為そうとする「政権を担う者の責任」(安倍首相)だった。

 「韓国の文在寅大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」

 首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。
 文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。
また、五輪開会式の前には、やはり式に出席する米国のペンス副大統領の来日が予定される。この際にも安倍首相は会談や夕食会などを通じ、日韓合意の経緯や日本の立場をじっくり説明する考えだ。緊密な日米関係を背景に、ペンス氏と歩調を合わせ、文氏に合意履行を迫ることになろう。


 「実は、米ホワイトハウスからも、安倍首相に開会式に出てほしいという強い要請があった」

 政府高官はこう明かす。韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ。そしてそれは、最大限に対北圧力を高めたい日本政府の思惑とも一致する。
 五輪開会式に出席する各国の首脳は、ごく限られている。その中で、日米の首脳がそろって日韓合意の履行と北朝鮮への圧力堅持を要求すれば、韓国に対する強いメッセージとなる。
 ただ、事がうまく運ばない場合は訪韓は韓国にこびた姿勢と受け取られ、厳しい批判を浴びかねない。行くにしろ行かないにしろ、ぎりぎりの決断だったのだろう。(阿比留瑠比)


アベ支持派の阿比留氏らしく、安倍首相の平昌行きを止むを得ない判断だとしている。
その裏にはやはりアメリカの強い意向があったことが明らかになった。

しかし安倍首相の支持層の大多数が首相の平昌行きに反対していた筈だ。
アメリカの意向で靖国神社参拝を諦め、アメリカの意向で平昌五輪に参加するでは「アベはアメリカのポチだ」と批判を浴びることは間違いない。

安倍首相はアベ支持派メデイアの産経新聞の単独インタビューを通じて国民にその意図を明らかにした。

今回はベストの判断ではないにせよ、安倍首相の「ぎりぎりの決断」を尊重して平昌行きを見送ることにしよう。

安倍首相がそう決断した以上、風邪を召されぬよう、暴漢に襲わぬよう、無事に帰国することを願うしかない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:10  |  -韓国  |  TB(1)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |