FC2ブログ

2017.12.23 (Sat)


安倍さん、平昌五輪に行かないで!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ひらまさ五輪はボイコットすべきだ

 平昌五輪はロシアはドーピング失格で国として参加しないし、アメリカでもホッケーチームが難色を示している。
北朝鮮にベタベタの文在寅大統領は北朝鮮に参加を呼び掛けているが、金正恩からの反応はない。
これから戦争を仕掛けようとする敵国が主催する五輪など行くものか。
文は中国にも馬鹿にされ、北朝鮮にも馬鹿にされ、アメリカにも馬鹿にされ、取り縋るのは日本だけ。
ところがその日本では安倍首相が早くも韓国に行くという。

産経新聞(2017/12/23)
安倍首相、韓国への渡航「問題ない」

 安倍晋三首相は22日、都内の会合であいさつし、今後の北朝鮮情勢に関連し「基本的には(来年2月に)平昌冬季五輪があるから、大丈夫だ。緊張状態はあるが、韓国に行く分には(安全面で)何の問題もない」との認識を示した。


あまりにも軽率だ。
五輪があるから北朝鮮は暴発しないなど理由にならない。
むしろ手強い安倍首相を葬り去る絶好の機会だと金正恩は思うかもしれない。
危ない危ない。

例え危険でなくても、慰安婦問題の最終決着をまたも白紙に戻そうとする南朝鮮にわざわざ出かけることはない。
朴槿恵大統領の時は、ドアはいつでも開いていると朴に呼び掛けることで、むしろ告げ口大統領を世界の晒し者にするという効果があった。

文在寅大統領は中国で冷遇され随行記者は暴行を受けた。
踏んだり蹴ったりである。
文夫妻が街中の食堂で「一人飯」(二人飯?)をしている情けない姿が報道された。
韓国は支那と共に日本と闘ったなどと歴史を無視してメチャクチャなことを口走って、南京大虐殺の記念式典に参加して習近平のにゴマを擂った。
馬鹿な事を言っちゃいけない。
韓国は日本軍と共に支那と戦ったのだ。

⇒産経ニュース(2017/12/22)
【目を覚ませ韓国】
大東亜戦争で日本人とともに戦ったのに事実と全く逆のことを教える韓国の学校


「こうして大東亜戦争が始まると、特別志願兵募集に朝鮮の若者が殺到した。42年には、採用数4077人に対し、25万4273人が応募している。適齢期の健康な男子の大半が志願したことになる。朝鮮は儒教国家であり、応募するには父母、親族の許しが必要であった。大東亜戦争へ対する朝鮮民族全体の圧倒的な支持があったことがうかがわれる数字である。」

「大東亜戦争で、朝鮮の人々はよく戦った。軍人と軍属合わせて合計24万人あまりが前線に赴き、アジアの植民地を解放するために日本人と生死をともにしたのだ。」


中国に馬鹿にされて袖にされた文は今度は日本に擦り寄っているという。

⇒産経新聞(2017/12/23)
中国13億人民の“さらし者”にされた文在寅大統領
「属国」扱い→日本にすり寄り


「はたしてこれは外交なのか。韓国は外交的敗北どころか、最初から中国に『同等の相手』としてはみなされていなかったのだ。習氏は、THAAD問題で中国の言うことを聞かない韓国を、訪中した大統領を冷遇するという方法で、中国13億8000万人の人民を前に“さらし者”にした。『韓国の自尊心はこれ以上ないほどに傷つけられた』(中央日報)のが、韓国の素直な受け止め方だ。」

韓国の外相が来日して河野太郎外相と会談し、既に最終的・不可逆的に決着がついた慰安婦問題のプロジェクトチームの結果を27日に発表すると言って帰って言った。
しかし、どうやら先延ばしするようだ。

「つまり、韓国政府としては、慰安婦問題への対応を当面、先送りするということだ。韓国政府にとって現在、最も差し迫った課題は、2月9日開幕の平昌五輪を成功させることだ。安倍晋三首相の平昌訪問を求めており、日本からの大量の観客を期待している。
韓国の甘えに、お人よしにも日本は応じ続けたが、歴史カードで問題を蒸し返され、裏切られ続けてきた。今回の韓国の動きは、日本にとって韓国との付き合い方を再び学ぶよい機会でもある。悪しき歴史を繰り返さないためにも。」


もう今まで何回も学ぶ機会はあったはずだ。

今夜は女子フィギュアスケートの平昌五輪代表が決まったが、危ない危ない。
行かないほうがいい。

ホテルはキャセル続出でガラガラ、そのくせ普段の何倍もの宿泊料を吹っかけて儲けようとする浅ましさ。
開会式が行なわれるメインスタジアムは天井なしの吹きっ晒しで、凍結死の危険もあるという。

安倍さんだけでなく、日本から誰も参加しないほうがいい。
日本が協力してくれなければ、東京五輪はボイコットすると南朝鮮の誰だったか、日本に圧力を掛けた積りらしいが、ボイコット結構、南朝鮮から選手団が来なくても痛くも痒くも無いから。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |