2017.10.13 (Fri)


小池百合子の「排除」「踏み絵」のどこが悪い?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

筋を通せなかった小池百合子の失速

小池百合子の「希望の党」の失速が早くも伝えられている。
緑の狸の失墜は結構なことである。
その原因は、小池百合子が民進党から逃げてきたドブ鼠を「憲法改正と安保法制に賛成しない者は排除する」と明言したからだという。

しかし党代表が「憲法改正」「安保法制堅持」の党是を楯に入党希望者をふるいに掛けて何が悪いのか理解に苦しむ。
希望の党を拒否した枝野幸男は「立憲民進党」というリベラルパヨク新党を結成した。
民進党の選挙資金と即戦力(?)欲しさのあまり、前原と相談して解党させ、共産党とも共闘しない「立憲民進党」を誕生させたのは小池百合子の怪我の功名ではある。

ただ小池百合子は過ちを重ねた。
それは「排除」「踏み絵」の批判に耐えかねて、「憲法改正」「安保法制堅持」を努力目標に書き換えたことだ。
しかも、公示後、安倍政権に対する批判にスイッチを切り替えたことだ。
モリカケ問題を追及する他の野党と反日メディアに安倍一強政治だとこき下ろした。
解散の大義が無いとも言った。

これには「希望の党は自民党の補完勢力だ」と批判していた共産党の小池晃も色を失った。
なんだ俺達のお仲間だったのかと胸をなでおろしたと言った方が正しいかもしれない。

「この人は政治的に詰んだと思う。(国政に出馬したら)東京を大混乱に陥れて逃げた女ということになる」(有本香)

国政に立候補はしなかったが党代表として国政と都政の二足の草鞋を履いた。
いままで一年以上右往左往して都政の実績も上げられなかった者に国政との二股が出来るはずは無い。
小池は早くも築地再開発の初会議をほったらかしにして街頭演説に向かった。

⇒日刊スポーツ(2017/10/13)
小池知事、築地再開発初会議7分で退席し街頭演説


都知事と党代表の「二刀流」は、大丈夫なのか。

 東京都の小池百合子知事は12日、豊洲市場に移転した後の築地市場の跡地再開発を議論する検討会議の初会合を、都庁で開いた。豊洲移転&築地再開発は、小池氏が東京都議選直前に発表。築地再開発の具体案は、同会議の議論を経て決まる。キックオフとなるこの日の議論は極めて大事だが、小池氏はあいさつを終えると約1時間半の議論を最後まで見守ることなく、わずか7分で退席した
 都職員は、「遊説の予定が入っている」と説明。その言葉どおり、約1時間後、小池氏は希望の党代表として神奈川県川崎市に入り、JR川崎駅前で公認候補と街頭演説した。
 小池氏は、序盤の情勢調査で、自民&公明が300議席を超える勢いである一方、希望の伸び悩みが報じられたことを踏まえ、「自公が300議席といわれている。ということは皆さん、このまま(安倍1強体制)でいいと、お許しになるんですか」と、約1000人の聴衆に逆質問。「反対~」の声を聞くと、「ここで、安倍1強政治の緩みをたださなければならないのではないか。今の安倍1強にノーと言えるのは、希望の党のみです」と訴えた。
 今回の衆院選に約700億円の経費が費やされることにも触れ、「理不尽な中で総選挙をするなら、(打倒安倍1強という)新しいチャンスにしようじゃありませんか」と訴えた。
小池氏は、検討会議の冒頭あいさつで「(再開発の議論に)都庁一丸で取り組んでいる。民間の知恵とノウハウを生かしたい」と述べたが、心ここにあらずのような形での退席。「二足のわらじの1足を脱ぎ、片足(都政側)ははだしのようだ」と話す職員もいた。【三須一紀、中山知子】


「安倍一強にノーと言えるのは希望の党のみ」の意味が分からない。
「日本のこころ」以外の野党はみんな言っているし、希望の党の専売特許ではない。

民進党は本当に駄目な政党だと思わざるを得ないのは次の記事だ。
参院の民進党議員が選挙が終わったら民進党の再結集を目論んでいるという。
民進党という泥舟から逃げ出して小池百合子の希望の党に変節して入党した元民進党議員や、拒絶されて立憲民進党に入党した議員、無所属になった議員たちが再結集して、また昔の泥舟に乗り換えるのだという。

⇒産経ニュース(2017/10/12)
民進党は不滅!? 参院民進党が選挙後の再結集模索 
前原誠司代表を解任する動きも


 民進党の参院議員の多くが希望の党に合流せず、希望の党や立憲民主党、無所属として衆院選を戦っている民進出身者の再結集を模索していることが12日、分かった。小川敏夫参院議員会長らが提唱しており、衆院選後の両院議員総会で前原誠司代表を解任する案も検討されている。民進党から大量の前職を送り込んだ希望の党の候補が衆院選後に古巣に戻ることになれば、有権者への背信行為ともなりかねない。

(以下略)

22日に投票する有権者達はこのような政界の動きをどの程度知っているのだろうか。
ネットに詳しい若者達は安倍政権支持者が多いという。
アベノミクスで就職率が上がったことも一因とされている。

一方、テレビしか観ないシニア層は反日サヨクメディアのワイドショー番組に洗脳されて、安倍首相はモリカケ問題から逃げていると思い込んでいることだろう。

日本の政治を変えるのは若者達でなければならない。
なぜなら政治の影響を一番受けるのは早晩この世を去るシニア層ではなく若者達だからである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

14:55  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |