FC2ブログ

2017.09.22 (Fri)


北朝鮮には圧力ではなく対話をとTBS


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

北朝鮮に9億円をあげる韓国の愚

アメリカのトランプ大統領と日本の安倍首相との強固な関係が日米安保を確かなものにしている。
しかし、これが気に食わないのが反日メディア。
昨日のTBS「News23」でも、フランスのマクロン大統領やドイツのメルケル首相がトランプ大統領と安倍首相の北朝鮮に対する圧力を批判し、韓国も北朝鮮の8億円の人道支援を決定したと報道した。

TBS「News23」(2017/9/21)
日米「圧力」韓国「支援」
足並み乱れる北包囲網

マクロン大統領(国連演説)
「我々の責任は中国やロシアを含む全てのパートナーとともに、北朝鮮を政治的解決のテーブルへと引き戻すことだ」

メルケル首相(地元メディアに対して)
「(北朝鮮を完全に破壊するといった)警告には賛同できない。いかなる軍事行動も不適切だと考えており、ドイツは外交的な解決を主張する」

ナレーション
「トランプ大統領との立場の違いを明らかにしました」


極東から遠く離れたフランスやドイツはお気楽なことを言っている。

韓国の文在寅大統領は北朝鮮らに9億円の人道支援をする国連演説で誇らしげに語った。
日米韓と力を合わせて北朝鮮に立ち向かわなければならない時に、何と言うバカなことをするのかと呆れてしまう。
9億円など核の開発費に回されてしまう。
仮に、本当に人道支援に使われたとしても、その浮いた分を金正恩は核ミサイルの開発費に回すことができる。

「圧力」と「対話」の温度差
問われるのは外交力

2017092201.jpg

星 浩(キャスター)
「韓国には悪政に苦しんでいる人々には支援が必要だという意識がありますよね。国境も接してますし、同じ民族ですから。国際社会が圧力を強めていくのは当然のことなんですけども、圧力と対話は0対100じゃあないんですね。両方を上手く使って北朝鮮を話し合いの場に引きずり出してくるというのが目標ですから。圧力と対話はあくまで手段でしかありませんよね。
そういう意味では一番問われているのは外交の力なんですよね。
そういう所がもうひとつ強調(協調?)して欲しかったですね」


安倍首相は国連演説で関係国は北朝鮮との対話を試みたが、その間に北朝鮮は約束を守ると言いながら核開発を進めた、必要なのは「対話」ではなく「圧力だ」と述べた。
正論である。

いままで5カ国は何回北朝鮮に騙されて来たことだろう。
日本もKEDOに金を出したが泥棒に追い銭だった。

それでもなお「対話」を求めるTBS。
TBSは北朝鮮の回し者だと言ってもいいだろう。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:01  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |