FC2ブログ

2017.08.20 (Sun)


TBS「サンモニ」は今日も安倍総理批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

天皇陛下は反省しているのに
安倍首相は反省していないと


テレビのワイドショーがフェイクニュースを流して視聴者を騙す事件が急増している。
そのも目的はただ一つ、安倍政権打倒である。

いまや間違ったワイドショー民主主義が日本の政治を、ひいては日本国を危うくしていることを声を大にして叫ばなければならない。
今日もネットを通してゴマメの歯軋りをする。

今朝のTBS「サンモニ」はいつもの通り安倍政権批判である。

終戦(敗戦)の日の全国戦没者慰霊祭で・・・

天皇陛下
「ここに過去を顧み、深い反省と共に今後戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い・・・」

安倍総理大臣
「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない。私達は歴史と謙虚に向き合いながら、どのような時代になっても、この不動の方針を貫いて参ります」

関口 宏(司会)
「安倍総理は世界の平和と繁栄に貢献すると強調しましたが、アジア諸国への加害の責任については今年も言及しませんでした」

岸井成格
「今年特に改めて感じたのは戦争経験者が減っている。語り継ぐ人か居なくなって行く。風化してしまうことをなんとか止めなければいけないと改めて感じる」


戦争の悲惨さだけを強調する語り部なんていらない。

岸井
安倍総理はまたアジアなんかへの加害責任についてまったく言及しない
これは歴代総理がみんな言って来たことだ。
安倍総理になって止めたのは意図的に何なのかなと疑いを持たれる。
やっぱり真面目に加害責任について反省するという。
陛下は深く反省をすると3年連続で言葉を・・・お言葉を述べられてますけど
そういう姿勢が必要だと思う」


敢えて申せば、天皇陛下の「深く反省」のお言葉はいかがなものか。
「天皇陛下万歳」と叫んで散華した人たちがそのお言葉を聞いたら無駄死にだと落胆しないかと心が痛む。
譲位のご発言ももう少し慎重にされるべきだった。

文在寅大統領の8月15日の光復節の演説のVTR。

文在寅
「韓日関係の障害は過去の歴史そのものではなく、歴史問題に対する日本政府の認識にある」


慰安婦像を乗せたバスが韓国の市内を走る。
異様な風景だ。
慰安婦問題は不可逆的に解決し、二度と繰り返さないと日韓合意をして日本は10億円を韓国の慰安婦問題関係機関に渡したはずだ。

西崎文子(東京大学大学院教授)
「日本も韓国も被害に遭った人達が救われるような慰霊の仕方をすべきだ。そこを忘れちゃいけない」


文在寅に対する批判の声はない。
日韓合意不履行への批判も無い。

日本国内でも安倍首相に対する反政府デモが行われた。
連中には慰霊の気持ちなどこれっぽっちも無い。

風をよむ
"分断の時代"

五野井郁夫(高千穂大学教授)
「日本では去年ヘイトスピーチ解消法が出来て、マイノリティに対して守っていこうという流れが出来たが、いまだに苛烈な発言や攻撃はなかなか収まらない。
生活保護受給者に対するバッシングも近年非常に問題になってきている。こういう風潮が高まってくると日本社会は分断を迎えるのではないか」


日本人は元来心優しい民族民だ。
ヘイトスピーチ法で正しい批判も取り締まりの規制となる事案が増えている。
不正な生活保護受給者を一般国民は批判しているのである。
ましてそれが在日に多いということが問題になっている。

元村有希子(毎日新聞科学環境部長)
「トランプは自分に不都合なニュースをフェイクニュースだという。ああいうトップの姿勢は一般の人達に凄く影響する。言っちゃったら勝ち、言った方が正論になるという雰囲気が蔓延している。
日本人は家族や共同体以外の人達には冷淡だとよく言う
日本はムラ社会だとよく言われるが、私達は国の外でみんながどうしているかということに目を向ける事に慣れていかないといけない」


日本人は本来、家族や共同体の上に国という概念を大事にして来た。
敗戦までは。
近年は共同体という言葉をネガティブに解釈し、パヨクは多文化共生社会を主張する。
移民で日本という国がなくなることの方が心配だ。

岸井成格
「こういう機会だから敢えて申し上げると、トランプのフェイクニュースは記者会見聞いてもびっくりする。
『お前の会社はおかしい』とか言って議論を許さない。
こんな国家が生まれるとは思いもしなかった。
日本にはそういう兆候が無いかというと、そうじゃなくて、政権寄りと政権に批判的なメデイアを選別して分断しようという政府与党内の一味がある
そういうことが段々段々強まって来ているということがある。
これだけは何とか止めなきゃいけないなと、これはメデイアの立場ですけどね
このフェイクニュース的な分断の広がりは要注意だ」

関口
「多様性を失った社会はどんどん滅んでいくのかねえ」


森友学園問題、加計学園問題、陸自の日報問題とマスメディアはテレビのワイドショーを主体にして一方的なフェイクニュースを流したではないか。
どこに多様性があったのか。
日本社会を滅ぼそうとしているのはお前たち既成メディアである。

関口 宏(司会)
「白人至上主義による分断は危険であるというわけですよね」


これに対し、寺島実郎がフロイトの心理学を引用して「分断と統合は裏表で誰もが持っている」とし、だから理性や知性などの文化力を磨かなければならないる。敵を作りたいと思う気持ちを抑えることが大切だ」というご高説が締めの言葉となったのは噴飯ものだった。

これは暗にトランプ大統領と金正恩に対する批判であり、戦わないで平和に話し会えという意味である。

関口
「アメリカはどうなって行くか。これはちょっと心配ですね。
トランプさんもいつまで持つかっていう話が出てきちゃいましたから」


言葉とはうらはらに期待している様子。

トランプがいま大統領を辞めたらアメリカも日本もおしまいだ。
北朝鮮の刈上げ男の高笑いの声が聞こえる。

トランプ大統領のうちに日米は協力して斬首作戦も含む北朝鮮の体制崩壊を目指すべきである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:18  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |