2017.08.11 (Fri)


北朝鮮暴発寸前に加計・日報にこだわる朝日と民進党の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国民の関心事はもうそれではない

今日の朝日新聞社説はまだ加計学園問題とPKO日報問題をとりあげて安倍政権の打倒を諦めようとしない。

⇒朝日新聞社説(2017/8/11)
加計学園問題 「記憶ない」は通じない


⇒朝日新聞社説(同上)
陸自日報問題 引き継がれた隠蔽体質


の二本立てだ。

しかし、いま国民の関心事は加計でも日報でもなく、北朝鮮の核ミサイル攻撃が何時始まるのかということである。
今現実に起こりつつある日本の存立危機である。

北朝鮮はグアムのミサイル攻撃を宣言し、手始めとしてまずグアムの数キロ手前の海上に着弾させると豪語した。
トランプ大統領も負けじと「グアムで何かしたら、これまで誰も見たことのないような出来事が北朝鮮で起きる」と警告した。

もはや戦争突入寸前である。

 北朝鮮の雲行きが怪しくなると必ずテレビに登場して荒稼ぎしているコリア・レポートの辺真一編集長は北朝鮮のミサイルを日本が撃ち落せば日本は反撃されると警告を発している。

⇒スポーツ報知(2017/8/11)
北ミサイル、自衛隊が撃ち落せば反撃の矛先が向く


日本の対応も難しい。グアム島へ向けて発射されたミサイルが日本の領空・領海を通過する場合は国際法上、集団的自衛権を行使して自衛隊が撃ち落とすことができるが、その場合は、北朝鮮の反撃が日本に向けられてしまう。見過ごして米国に任せた場合は米国からクレームがきてしまうだろう。

それでは日本は一体どうすればいいのかは言わない。
「難しい」だけなら誰でも言える。

こんなコメンテーターを重用する反日メディアのお里が知れる。

北朝鮮が暴発寸前だというのに「加計」だ「日報」だと内向きの議論をいつまでしていれば朝日新聞も民進党も気が済むのだ。

いつまで下らないことを報道しているのか・・・と産経は言う。

⇒産経ニュース(2017/08/11)
【閉会中審査】北朝鮮の脅威はどこ吹く風...
ミサイルよりも「日報」「加計」か


 10日に行われた衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐる応酬に終始した。また、同日の菅義偉官房長官の記者会見では、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設に絡み、一部メディアの記者が同趣旨の質問を連発するおなじみの光景が繰り広げられた。北朝鮮のミサイルの脅威もどこ吹く風のようだ。

(一部引用)

一部メディアの記者とは東京新聞の望月衣塑子記者である。

 産経新聞はそう言いながらも、民進党が「なぜ稲田前防衛相を自民党は出さないのか」と与党を詰問たことに「一面の真実を付いている」と民進党に加担する。


 確かに、稲田氏は防衛相辞任で国防への信頼を失墜させた一連の問題への説明責任を果たしたことにはならない。「安倍晋三首相は丁寧に説明すると言っているが、やっていることは逆だ」(民進党の山井和則国対委員長)という批判は一面の真実を突いている。

保守派とされた産経新聞は手の平を返すように稲田前防衛相を裏切ったのだ
これについては次の記事で取り上げたい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


23:06  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |