FC2ブログ

2017.07.29 (Sat)


産経新聞よ お前もか!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

辞任した稲田前防衛相を叩いて何の得がある

今朝の産経新聞一面トップを見て驚いた。
稲田防衛相辞任のヘッドラインの下に「首相の情け将来の芽も摘んだ」という田北真樹子記者の署名記事がある。
大阪地裁が朝鮮学校無償化を認めた判決のニュースは片隅に追いやられている。

3面には意図的にまずい顔をした瞬間の稲田氏の写真を載せて・・・

稲田氏「隠蔽」謎のまま

とある。
典型的な印象操作である。

これでは証拠も無く加計学園問題を追求した朝日新聞と同じではないか。
いかにも安倍首相が能力の無い稲田朋美氏を溺愛し、過保護であったかと主張している。

⇒産経新聞(2017/87/29)
首相の情けが将来の芽も摘んだ 何度も更迭の機会ありながら逸した


平成24年の第2次安倍内閣で当選3回ながら行革担当相に抜擢した。さしたる成果はなかったが、26年9月には政調会長に起用した。

業績改革で成果が無かったと言うが、この時の稲田氏の活躍を長谷川幸洋氏は高く評価している。

「財政政策では財務省のシナリオ通りに動くことが多く・・・」

彼女が緊縮財政派であることは確かに疑問ではある。勉強して欲しい。

「8月15日の全国戦没者追悼式に欠席したことを民進党の辻元清美衆院議員に批判され、涙ぐんだこともある」

この時は靖国神社の英霊に思いを致し涙ぐんだのだ。
悪いのは辻元清美だろう。
田北真樹子は「女の涙」を嗤う女である。
同性として恥ずかしくないのか。

「安倍首相の米ハワイ・真珠湾慰霊に同行した直後に靖国神社を参拝し、周囲を困惑させた」

全国慰霊祭に欠席したのも靖国神社を参拝したのも、実は彼女の一存だけでなくアメリカを含む政治的な力が背後に働いているのだ。

むしろ問題にすべきは陸自のクーデターであり、サヨクのお好きな文民統制の崩壊なのである。

田北真樹子は櫻井よしこ、杉田水脈、我那覇真子、大高未貴などの女性保守派の⇒「言論さくら組」の一員である筈だ。

田北真樹子

1970年大分県生まれ。米国シアトル大学コミュニケーション学部でジャーナリズムを専攻し、96年産経新聞入社。整理部記者、前橋支局、外信部を経て、2000年から政治部。森喜朗首相の総理番を振り出しに、首相官邸、自民党、外務省を担当、09年にニューデリー支局長に就任。13年以降は、「歴史戦」取材班などで慰安婦問題などを取材してきた。15年に政治部に戻り、現在は首相官邸で日本外交をメーンに取材している。

それを同性の保守派政治家である稲田朋美氏を冒涜するのはなぜか理解に苦しむ。
女の嫉妬か。

いまここで貴重な女性保守派政治家を葬ることにどれほどの意味があるのか。その意図はどこにあるのか。
稲田氏は将来の首相候補、日本のサッチャーとも期待されていた唯一の女性政治家である。

確かにその一見奇抜な服装は男の集団からは奇異な目で見られたかもしれない。
しかしそれほど大事な事なのか。

今回の日報問題は陸自のクーデターであり、サヨクの好きな文民統制の逸脱である。
たかが「戦闘か」「衝突」かの日報の表現くらいで大騒ぎするほどのことなのか。
「駆けつけ警護」に反対する共産党などサヨクの罠に陥ったのだ。

加計学園問題が「総理の意向」とされたが、実は文科省と日本獣医師会の岩盤規制に穴を開けた国家戦略特区という政策との軋轢だった。
今回も「戦闘か衝突か」の本質的な問題は、闘えない実力組織自衛隊と日本国憲法にある。

物事の本質を問わず枝葉末節にこだわり、防衛大臣を辞任させることの方が問題なのである。

稲田氏は常に机の上に六法全書などの法律関係の本を置いて勉強していたという。
長谷川幸洋氏はそれを評価していた。
それが法律書を片手に自衛隊員を苛めたという話になる。

産経新聞には稲田氏の再起期待する声もある。

⇒産経新聞(同上)
【稲田朋美防衛相辞任】
逆境から逃げるか、谷底から這い上がるか 決めるのは稲田氏自身の志と行動


古賀誠、二階俊博、青木幹雄、山崎拓などのリベラル派の人権擁護法案の成立の動きにも真っ向から反対した。

「初当選からまもない18年2月、党の新人34人で立ち上げた『伝統と創造の会』が稲田氏の原点といえる。会の設立趣意書にはこうある。

 「ひたむきな情熱をもって道義大国日本を再建し祖国の繁栄と世界の平和に寄与することをここに誓います」

 稲田氏がなおこの理想を持つならば、批判や中傷に煩(はん)悶(もん)したり、恨み節を言ったりする暇はないはずだ。
 逆境から逃げて一議員として終わるのか、困難を成長の糧に変え、再び崖をはい上がるのか。それを決めるのは稲田氏自身の志と行動でしかない。(原川貴郎)


今回の苦い経験を生かして稲田朋美が再度閣僚として戻ってくることに期待している。
頂いたコメントにもあったように、その豊富な法律知識と弁護士経験を生かして法務大臣に返り咲くこともありうる。

朝鮮学校無償化の判決を下した大阪地裁にみられるように司法界にはサヨクが暗躍している。
これを徹底的に叩いて欲しい。
あるいは文部大臣として、大学に根付くサヨク教授を一掃して欲しい。

安倍首相が健在なうちに是非とももう一度返り咲いてほしいものだ。
稲田氏の辞任を一番喜んでいるのは野田聖子と石破茂だろうからである。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:06  |  反日マスメディア  |  TB(1)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.29 (Sat)


「WILL」9月号の朝日新聞叩きが痛快


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

加計学園問題で朝日新聞のついた嘘

WILL9月号


 花田紀凱氏が「WILL」の編集長を辞めて「HANADA」を創刊してから、ずっと「HANADA」を読んでいたが、久々に「WILL」を読んで面白かった。

総力特集は「『加計学』園問題 ウソをほえたてたメディアの群」

「落ちるところまで落ちた朝日新聞」(阿比留瑠比、百田尚樹、司会 居島一平)

「虎ノ門ニュース」を文字起こしした対談。
朝日新聞の幹部は「うちが倒れるか、安倍政権が倒れるかの勝負だ」と言ったという。
まさに政権対メディアの対決だ。
それにしても一メデイアがなぜここまでに現政権の打倒を社運をかけて狙うのか。
やはり朝日新聞には日本崩壊を狙う工作員が紛れ込んでいるということだろう。

敬愛する産経新聞の阿比留瑠比記者が言う。

「新聞が本当におかしいと思うのだったら、決定的な証拠を自分達で探して出すべきです。それがジャーナリズムでしょう。『証拠はないけど怪しいから、政府は証明しなさい』と言うのは無茶がある」

「前川氏は8千万と言われる退職金満額を受け取って、やめた後に自分の文書を3社ほどに持ち込み、書かせて、自分で『この文書は本物だ』と。マッチポンプしているとも言われます。どうしてこんな人間を信用できるのでしょうか」


前川という男は本当に最低の男だ。
管理売春の女を連れ出して「貧困女性の聞き取り調査」だと見え透いた嘘をついた。
国会で質されて「不適切だった」と釈明した。
大統領執務室で実習生のモニカ・ルウィンスキーにブロウジョブを実習させて「不適切な関係だった」と弁解したクリントン元大統領の真似か。

阿比留氏によれば朝日新聞の政治部記者は「加計学園問題で部数が伸びた」と喜んでいるそうな。
売れるものなら嘘でも書くというのが朝日新聞だ。
このところ販売部数が激減しているというから、アベ叩きに必死である。

「『日本会議黒幕』も『安倍政権言論弾圧』もフェイク報道」(長谷川熙「元朝日新聞記者」鳥賀陽弘道「フリーランス報道記者」)

長谷川氏は元朝日新聞記者でありながら、朝日新聞を徹底的に批判していることで有名。
鳥賀氏は最近「フェイクニュースの見分け方」という新書版を出した。

ノイホイエこと菅野 完の「日本会議の研究」はファクトがひとつも無いそうだ。
100箇所以上の間違いがあると指摘されたことは既に書いた。
いまは嘘つき男とバレた特異なキャラの籠池前理事長の弁護人になっているが、誰も相手にしてくれない。

古舘伊知郎岸井成格国谷裕子の三人のキャスターが降板したのは安倍政権の言論弾圧だったというのも真っ赤な嘘。
「代理話者」が溢れているという鳥賀陽氏の指摘はそのとおり。コメンテーター、評論家、大学教授におのれの主張を言わせるというアレである。
「官邸周辺が」「ある自民党の重鎮が」などというのも信用できない。

メデイアの「印象操作」について・・・

長谷川
「加計学園問題のメディアの報道姿勢についても同じだと思います。根拠の検証を欠いた、ある種の認識がメデイア全体で形成されている。これは非常に危険な現象で、しかも横並びで言わないとメディア人失格になるような雰囲気も出てきている」

「『加計』問題もフェイクでした」(長谷川熙 元朝日新聞記者)
情けなや、多くのメデイアは既得権益=岩盤の側についてしまった!


原英史氏や加戸守行氏の答弁を報道しなかった反日メディア。日本の獣医学会が如何に世界のレベルに遅れているか。

「日本の獣医学は今は米欧の水準から比較にならないくらい遅れています」

「前川氏については論外です。何故にメディアは彼を担ぎ出したのか」


前川は閉会中審査で「情報の流出源ではないか」と詰問されて、イエスともノーとも言わずに逃げた。
この時自民党の議員はなぜ議長席に詰め寄って答弁させなかったのかと憤慨している。
反日メディアは追求されている関係者が「記憶に無い」と言ったと批判しているが、前川は答えなかったのである。

「朝日こそ言論の暴力だ」(高山正之 藤井厳喜対談)

トランプ大統領が「俺はNYタイムズに勝った」と言ったのに応じて、安倍首相が「私は朝日新聞に勝った」と応えたのは有名な話。
実はまだ安倍首相は朝日新聞に完勝していないが・・・

藤井
「デモクラシーのルールに従って選挙で選ばれた政権を、私的権力である大手マスコミが引きずり下ろそうという話でしょう。クーデターだ」

高山
「それを民意と言っている」

藤井
「勝手な意見だ(笑)」

高山
「突き詰めていくと、韓国のローソクデモと同じ。選挙で選ばれた議員を差し置いて『民意はこうだ』と言い出して。
朝日新聞はハンギョレ新聞と同じレベルになった

(中略)

藤井
「自分たちが最高権力者気どりなんですね。だから一方で、われわれが朝日を監視しているわけです(笑)」


「怪しいのは安倍ではなくて石破!?」(屋山太郎・潮 匡人 対談)


屋山氏が石破4条件こそ獣医師会との癒着だと指摘したのに対し、潮氏は加計問題に議論すべき問題など存在しないという立場だから「今さら『安部さんじゃなくて石破さんが・・・』と、さらに騒動を拡大することに積極的な関心は持てません」と抑制的。

「安倍降ろしの真相」は憲法改正にありとし・・


「安倍さんこそ、正しい意味での民意に基づく政治主導を行っている。それで失業率は下がり、株価も上昇しました」

屋山
「今が正念場だね。もし安倍政権が倒れると、憲法に自衛隊が明記されないという悪夢から目覚められなくなってしまう」

「なぜフェイクニュースが生まれるか」(長谷川幸洋)
「『加計ありき』とは笑止千万」(山本順三)


も必読。
世に「WILL」「HANADA」が存在する限りはまだまだ日本は見捨てたものではないかも・・・





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:11  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |