FC2ブログ

2017.07.23 (Sun)


内閣改造直後解散怖れる日刊ヒュンダイ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「消えた年金」の愚を繰り返すな

 このところのメディアの安倍叩きは悪夢のような「消えた年金」騒動を思い出す。
あの時は社保庁の自爆テロだと言われ、内部告発から資料を手に入れた当時民主党の長妻昭議員が自民党政権を追求し政権交代に追い込んだ。
「ミスター年金」と持て囃され一躍有名になった長妻は電子データを紙の段階(原資料)まで調べ上げると豪語したが結局何も出来なかった。

そして今度は加計学園問題での文科省の内部告発である。
「面従腹背」を座右の銘とする前川助平が朝日新聞にたれ込んで騒動を起こした。

これは過去記事で書いたが、パヨクじみてきた産経新聞と産経抄が少し目を覚まして同じことを言っていた。

産経抄(2017/7/22)
10年前に似た政治情勢 政治家を引きずり降ろす役人の常套手段 
 
 ▼現在の政治情勢は、10年前と似ているといわれる。当時も安倍晋三内閣の下で閣僚の失言や不祥事が相次ぎ、政権の体力をそいでいった。安倍首相は信用されなくなり、有権者が「お灸(きゅう)をすえよう」と参院選で民主党に投票した結果、自民党は惨敗して政権交代へとつながる。

 ▼あの時、安倍内閣が失速した理由はいくつも挙げられるが、一番大きいのは「消えた年金問題」だろう。問題発覚後、内閣支持率は各種世論調査で一気に10ポイント前後低下した。年金記録紛失は歴代内閣が等しく責任を負うべきものだが、マスコミは安倍首相に矛先を向けた

 ▼記録紛失があらわになったのは、社会保険庁(現日本年金機構)の民営化を含む解体的出直しを掲げた安倍内閣に、社保庁の公務員労組が危機感を抱いたのがきっかけだとの見立てがある。公務員の既得権益を死守したい労組側が、自らの不祥事をリークした「自爆テロ」だという説である。

 ▼今回の事態は学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐり、文部科学省の前川喜平前事務次官が「行政がゆがめられた」と告発したことに端を発する。こちらも、大学・学部の許認可権という既得権益を守りたい文科省の抵抗と反撃ではないのか。

 ▼社保庁と文科省という違いはあるが、内部文書が野党やマスコミに流出したことや、政治主導への反発が通底している。政治家を引きずり降ろす際の役人の常套(じょうとう)手段だと言ったら、うがち過ぎか。

 ▼「自分の相場が下落したと見たら、じっと屈(かが)んで居(い)れば、しばらくすると、また上がって来るものだ」。勝海舟はこう語り、相場の上下に長くて10年はかからないと指摘する。とはいえ、政治が再び混乱期を迎え、何年間も無為にすぎるようだと日本の方が危ない


(引用終わり)

それに加えて産経新聞が「お子様大臣」だと罵倒した稲田防衛相に対して、部下である陸自が内部告発でクーデターを起こした。
そのきっかけも朝日新聞である。

いま日本は岐路に立っている。
マスメディアという第4の権力に政治が国民が敗北しようとしている。
明日から始まる2日間の閉会中審査では下らない質疑が繰り返され、マスメディアは報道しない自由とフェイクニュースで国民を騙すことだろう。

作家の門田隆将氏が「新聞は倒閣運動の"ビラ"だ」と喝破している。
特に朝日・毎日・東京の3紙は破防法の対象である共産党の機関紙アカハタと同じ偏ったイデオロギー紙である。

⇒新聞は倒閣運動の“ビラ”だ ストレートニュースまで歪められている
作家・ジャーナリスト 門田隆将


好き嫌いは、人間だれしもある。人々の好みや趣味が全て一致したら、これほど気味が悪い世の中はない。
 しかし、昨今の新聞は、単に自らの好き嫌いに基づき、それに都合のよい情報と意見を表明する場になり果てていることに気づく。安倍晋三内閣が好きか、嫌いか。安倍内閣を倒すか、倒さないか。その目的を実現するためには、事実(ファクト)など「関係ない」という露骨な姿勢である。私は、レベルが低下する一方のそういう新聞を「政治運動体」の機関紙という見方で毎朝読んでいる。すなわち倒閣運動の“ビラ”である
 新聞には、ストレートニュースを掲載する報道面と、さまざまな事象に対する論評面とがある。前者では、正確な情報を、後者では、その新聞の意見や社論に接して、読者は「考える」ことができるのである。だが、昨今の新聞には、そんなことを望むことなど到底できない。
 ストレートニュースである報道面からして、既に「歪(ゆが)められている」からだ。例えば、加計学園問題を見てみよう。
首相の友人が理事長を務める加計学園に便宜をはかるために国家戦略特区がつくられ、獣医学部の新設が認められたとされる疑惑を新聞は報じ続けた。
 では、そのためのファクトとは何だったのか。天下り問題で辞任した文部科学省の前川喜平前事務次官によって「行政が歪められた」という告発がおこなわれたが、抽象論ばかりで具体的な指摘はなく、文科省内の「総理のご意向」や「官邸の最高レベルが言っている」という文言を書いた内部文書がその“根拠”とされた。しかし、現実には公開されている国家戦略特区の諮問会議議事録でも、文科官僚は獣医学部新設が必要ない理由を述べられなかったことが明らかになっている。だが、新聞は議論に敗れた官僚が、文科省内で上司に弁明する内部文書の内容をあたかも事実であるかのように報道し、テレビのワイドショーがこれに丸乗りした。ファクトはどこかに置き去られ、「疑惑は深まった」「首相の関与濃厚に」という抽象的な言葉で、国民の不信感を煽(あお)り続けた。
一方で都合の悪い情報は黙殺された。10日の国会閉会中審査に登場した“当事者”の加戸(かと)守行・愛媛県前知事が、鳥インフルエンザやBSE、口蹄(こうてい)疫問題など、公務員獣医師の不足から四国への獣医学部の新設を要請し続けたが、岩盤規制にはね返され、やっと国家戦略特区によって「歪められた行政が正された」と語った。
 しかも、加計学園が手を挙げたのが12年前の小泉純一郎内閣の構造改革特区時代で、今治の県議と加計学園事務局長が友達だったからだ、と詳細に証言した。だが、多くの新聞がこの重要証言を報じなかった。
 どうしても新聞を読みたい向きには、これからは「倒閣運動体」の機関紙として、割り切って購読することをお勧めする


(引用終わり)

新聞は「読む」という能動的な行為が必要だが、テレビは受動的にぼんやりと見ているうちに洗脳されてしまう。
安倍政権(首相)の支持率が急落しているという世論調査の結果を事実だとすれば、それはテレビ、特にワイドショー番組の影響だろう。
いま愚かな国民はハーメルンの笛吹き男のようにマスメディアの吹き鳴らす笛の音に踊らされて川の中に沈没して溺死しようとしている。
民主党政権という最悪の政権を選んだ愚民達はマスメディアが面白おかしく騒ぎ立てた「絆創膏大臣」だの「還元水大臣」の話題に騙されたのだ。

日刊ヒュンダイは安倍首相が乱心して内閣改造直後に解散するのではないかと心配している。

⇒日刊ヒュンダイ(2017/7/23)
支持率急落で安倍首相ご乱心? 内閣改造直後の解散急浮上


くすぶり続ける加計学園問題に稲田防衛相の“隠蔽了承”疑惑が追い打ちで、内閣支持率は下げ止まる気配がない。そんな中、安倍首相が破れかぶれで解散・総選挙に打って出るのではないかという臆測が流れ始めている。
 永田町で囁かれているのは、8月3日の内閣改造でイメージを刷新し、その勢いで解散に踏み切るというシナリオだ。
「これ以上、支持率が下落して、総理の退陣論が公然と語られるようになる前にやってしまった方がいい。党内の安倍降ろしを封じるには、解散権を行使するのが一番なのです。民進党はガタガタだし、野党共闘の準備も進んでいない。今なら、年内にもできるといわれている『小池新党』の国政進出も間に合いません。政権批判の受け皿がないのだから、選挙をやっても自民党は負けませんよ。30議席くらいなら、減らしたってかまわない。逆に、来年になれば追い込まれ型の解散になって惨敗しかねません。内閣改造を終えたら、間髪置かずに解散に打って出るのが最善の策で、そうすれば、安倍総理の総裁3選にも道筋がつきます」(自民党関係者)

■疑惑失態をチャラにするための“ちゃぶ台返し”
 政権浮揚の材料が内閣改造くらいしかないのは確かだが、安倍首相自身が国民から不信感を抱かれているのが現状だ。菅官房長官や麻生副総理など内閣の“屋台骨”はいじらないというし、小手先の改造人事では支持率の回復も望めない。普通に考えれば解散なんて打てる状況ではないのだが、野党の選挙担当者はこう言って警戒する。
「内閣改造でも支持率が上がらなければ、解散の可能性はむしろ高まるのではないか。局面を打破するには、もはや解散・総選挙しかないからです。争点は『安倍内閣を信じるかどうか』でも何でもいい。勝ってしまえば、権力基盤が強化され、また好き放題できる。加計問題も『国民の信を得た』と言ってリセットできますからね」
 疑惑や失態をチャラにするための“ちゃぶ台返し解散”というわけだ。ここへきて、解散説が浮上してきた理由のひとつには、衆院小選挙区の新たな区割り改定法が16日に施行されたことがある。これで、安倍首相はいつでも解散権を行使できるようになった。
「自民党は、民進党が蓮舫代表のうちに総選挙をやりたいと考えているはずです。安倍首相の性格からして、批判にイキリ立って、解散を口走ることも考えられる。ただ、安倍首相が選挙の顔で本当に戦えるのか。自爆解散は、安倍首相の自己満足でしかありません。自民党にマトモな判断能力があれば、羽交い締めにしてでも解散を思いとどまらせるでしょう。問題は、誰が安倍首相に引導を渡すのかということです」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)
党内で暴走を止められなければ、夏の解散・総選挙になだれ込む可能性がある。国民にとっては、望むところだろう。自民党にできないのなら、民意が引導を渡してやればいい。


(引用終わり)

国民が安倍首相に引導を渡すというが、果たしてどうか。
解散を一番恐れているのは民進党を始めとする野党4党だ。
自民党は解散の時期を逸して追い込まれた麻生政権の例もある。
現実味は乏しいが、安倍首相が解散を宣言することはアリだ。
日刊ヒュンダイが新聞を売るために面白おかしく書いているが、意外に妙案かもしれない。

明日から始まる閉会中審査には石破茂を承認喚問すべきだろう。
親中派で反アベの急先鋒、石破茂が「石破4条件」で獣医師会の既得権益を守ろうとしたとは産経新聞が明らかにした。

⇒文科省はサボタージュで抵抗しただけ…挙証責任果たせず「白旗」 「ご意向」文書の真意とは?

この記事を党総裁幹事長室が所属国会議員や都道府県連に送付したところ、石破派からクレームがついた。

⇒産経ニュース(2017/7/21)
自民・石破派、本紙連載のメール送付に抗議 党本部に「誤解招く」


 自民党石破派事務総長の古川禎久衆院議員は21日、国会内で記者会見し、産経新聞が17日朝刊から3回にわたり連載した記事「加計学園 行政は歪(ゆが)められたのか」を党本部が所属国会議員や都道府県連に送付した対応を批判した。
 記事は国家戦略特区での獣医学部新設の4条件策定に石破茂前地方創生担当相が関わり、新設が困難になった経緯を詳述している。古川氏は「記事が党の見解だという誤解を招く。軽率であり猛省を促す」と述べた。週明けにも二階俊博幹事長に撤回を要請する。
 古川氏によると、党総裁・幹事長室が20日に「ご参考」として記事をメールで送り、古川氏が同日、石破氏と相談した上で口頭で抗議した。幹事長室は学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる衆参予算委員会の集中審議を前に、二階氏の指示で送ったと説明したという。
 会見に同席した石破派の平将明衆院議員は「党の対立をあおる形で(メールを)出されるのは経験がない。一致結束して頑張っていくときに極めて不適切な対応だ」と非難した。


(引用終わり)

党の対立を煽っているのは石破派だろう。
「一致結束して頑張る」?
臍が茶を沸かす。
石破は安倍首相を後ろから撃っているではないか。
あの男はいつもそうである。

こういう人達に負けるわけにはいかない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:24  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |