FC2ブログ

2017.07.20 (Thu)


反日メディア 新ネタで蓮舫隠しを画策


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

真実をネットで拡散しよう
たとえゴマメの歯軋りでも


 民進党の蓮舫代表の二重国籍をめぐる誤魔化し会見が終わって、大きく取り上げたのは産経新聞だけ。
その代わりに、蓮舫問題から目を逸らそうと反日メディアが新しいフェク爆弾を投下した。

ひとつは稲田防衛相が南スーダンPKOの日報隠しを了承していたとするもの。
もうひとつは山本地方創生担当相が四国の加計学園に決めたと獣医師会との会議で発言したというメモ。

山本担当相の件は今日の朝日新聞と毎日新聞の一面トップで報じた。
テレ朝「報ステ」(朝日新聞)と(TBS「ひるおび」(毎日新聞)のワイドショーも取り上げた。

いずれにしても真実性を証明できないメモが多すぎる。
言ったの言わないという水掛論と同様にメモなどいくらでも後で書ける。

加計問題についてはっきりしている事は、文科省と獣医師会が既得利権を守ろうとした岩盤規制に安倍首相がドリルで穴を開けようとしたことだ。
その安倍首相を背後から撃っている石破茂の「石破4条件」は日本獣医師会からの強い要請で彼等の利権を守るために獣医学部新設を阻止しようとしたものだ。
それがダメならせめて一校にしてくれと泣きついたのが獣医師会。
「総理のご意向」などというメモが書かれたのは敗北した文科省が言い訳に書いたものに過ぎない。

しかし今日発売の週刊文春は「安倍政権『お友達ありき』の決定的証拠」「『加計に決めました』出来レース議事録」、週刊新潮は「検査入院で手負いの『安倍総理』トホホな内閣改造」と共に安倍政権の足を掬おうという下卑た魂胆がアリアリ。
喜んで買って読むバカが居るから、それで週刊誌が売れるから証拠も無しに面白おかしく書いているのである。

今日の産経新聞は⇒特別企画「加計学園 行政は歪められたのか」の最後にこう締めくくっている。

「果たして安倍政権は行政を歪めたのか。むしろ歪めたのは獣医師会であり、文科省ではなかったのか。獣医学部の問題の本質に踏み込まず、「安倍はお友達の加計を優遇したに違いない」という印象操作を繰り広げたメディアの罪もまた重い」

これが正しい加計学園問題の読み方であろう。
メディアは更に罪を重ねようとしている。

いままでもメディアスクラムによる倒閣運動はみられたが、今回のようになりふり構わず安倍政権を打倒しようとする執念はみたことがない。
あきらかに異常である。

新聞や週刊誌をガセネタでもいいから売りたい、テレビは視聴率を上げたいという商売根性を超えたどす黒い情念を感じる。
憲法改正で日本を再生させようとする安倍首相の執念に対する怨念と言っても良い。

既存メディアはこのように狂っている。
この狂人達を葬るにはネットによる真実の拡散しかないと強く思う。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

23:45  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |