FC2ブログ

2017.07.19 (Wed)


蓮舫 戸籍開示は終わりの始まり


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それでも説明責任を果たしていない

民進党の蓮舫代表が党内外の圧力に負けて戸籍謄本の一部を公開した。
その記者会見は「盗人猛々しい」の一語に尽きる。

質問する記者達は収録が悪いせいか、言葉にまったく迫力が無い。
もっと舌鋒鋭く突っ込みを入れないのかと歯がゆい。
質問した産経新聞の記者などは蓮舫に名指しでやり返されていた。
勿論、それは内容の是非ではなく言葉を如何に上手く操るかという点である。

その点、蓮舫は口達者である。
だが見る人が見れば、聞く人が聞けば、それが浅薄な言葉遊びに過ぎないことが分かる筈だ。

小池都知事も嫌いだが、それにも増して蓮舫は嫌いである。
よくもあのような口先だけの人間が政治家になれたものだ。野党第一党の代表になれたものだ。

嘘つき蓮舫はいくら批判しても、し足りることはないが、今回の会見で一番腹が立ったのは・・・

「戸籍謄本の開示はレアな例であり、私で最後にしてもらいたい」

被害者ぶって、犠牲者ぶって。

だれも一般人の戸籍を見せろといっているわけではない。
下手をしたら総理大臣なるかもしれない人間の二重国籍疑惑を晴らすためである。
これはテロ等準備罪の議論でパヨクがよく使った「一般市民が危ない」というのと同じ手である。

それともうひとつ。

「二人の子供が成人するまで待ったので戸籍当方の開示が遅れた」

という言い訳。

これは前川助平の・・・

「連れ出しバーに週3回通ったのは貧困女性の現状調査だった」

という噴飯物の言い訳とまったく同じである。
だれが聞いてもバレバレの嘘である。

何も子供に関する部分まで見せろと誰も言っていない。
どうしても公開したくないプライベートな部分は、自民党の小野田紀美参院議員のように白く塗りつぶせば済むだけの話しである。

そしてなにより気に食わないのは、差別になるだの、共生の思想に反するだのと下らないオダを上げていることである。

「アベよ、お前は人間じゃない!叩っ斬ってやる!」の山口二郎や民進党の有田ヨシフ、朝日新聞、その多のパヨク達が戸籍謄本の開示に反対した。

今の時代はその人の生い立ちをつべこべ言う人は少ない。

例えば好き嫌いは別にして、部落出身の野中広務氏は自民党の幹事長までやった。
橋下 徹氏は好き嫌いは別にしてその発言は政治の世界で注目されている。

その橋下氏が有田ヨシフの人権侵害を楯に取った蓮舫擁護に噛み付いた。

産経ニュース(2017/7/19)
橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 
有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」
橋下氏の出自暴露は「面白い」
「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」


 民進党の有田芳生(ありた・よしふ)参院議員(65)に日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)=前大阪市長=がインターネット上などでかみついている。
 民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。
 有田氏は14日、言論ニュースサイト「リテラ」に緊急寄稿。「複数の議員がツイッターで(蓮舫氏の)戸籍提出に賛同する意見を表明した」ことを「蓮舫代表に個人情報の開示を求めるのは、出自による差別を禁止している憲法第14条や人種差別撤廃条約の趣旨に反する差別そのものである」と指摘。
 さらに昭和50年に起きた「部落地名総鑑事件」を引き合いに、「(この)教訓から、企業が採用選考のとき、応募者に戸籍の提出や本籍地の確認を求めることが禁止されるようになった。蓮舫代表に戸籍の開示を求めることは、こうした人権擁護の歴史に真っ向から反するものだ」として、蓮舫氏に戸籍の開示を求めることと、部落差別を同質のものと指摘した。
これに対し、橋下氏は19日に「プレジデントオンライン」(プレジデント社)に「有田芳生の人権派面は偽物だ!」と題して寄稿し、有田氏を「こいつだけはほんと許せないね」と罵倒。
 理由として、橋下氏の出自問題が週刊朝日に掲載された平成24年10月、有田氏が「これは面白い」とツイートし、橋下氏が猛反撃した際、「よく分からん言い訳」をしたと指摘。一方で蓮舫氏の戸籍開示について、人権を盾に開示を許すな、と主張したことを「典型的なダブルスタンダード」とかみついた。
 「有田は自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ」(原文ママ、橋下氏の寄稿から)とまで指摘した。
 それでも怒りが収まらないのか、自身のツイッターで「戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって? 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと」と投稿した。
このツイートには、有田氏の24年10月の「佐野眞一『ハシシタ 救世主か衆愚の王か』(週刊朝日)がすこぶる面白い。(中略)橋下市長は朝日新聞の取材をさっそく拒否。佐野さんの戦術にまんまとはまってしまったのは、その性格を知らない無謀反応だ」などというツイートを添えて、「参議院議員有田芳生が僕の出自を面白がっている証拠。それが今、蓮舫さんの戸籍開示が差別に繋がるだって。有田、早く辞職しろ。自称人権派は有田を責めないのか? 」と怒りのこもったツイートを立て続けに投稿した。
 週刊朝日の当該記事に橋下氏は「遺伝子で性格が決まるとする内容」だと激しく反発し、週刊朝日を発行する朝日新聞出版と佐野氏を提訴。27年2月、橋下氏の主張を認める形で和解が成立した。(WEB編集チーム)


(引用終わり)

蓮舫の戸籍開示を評価している橋下は気に食わないが、場外乱闘でのヨシフへの反撃はうなづける。
共生だの多民族社会の実現だのと小利口ぶって主張する人達を信用してはいけない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |