FC2ブログ

2017.07.15 (Sat)


朝日も産経も同じ穴のムジナか


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

稲田防衛相と蓮舫代表の大違い

 産経抄は最近、稲田防衛相を「お子様大臣」だと痛罵した。
数少ない真性保守派の将来のある女性大臣をここまでこき下ろしていいものか。
野党4党と反日メディアは稲田防衛相の罷免を求めている。
それに加担していいのか。
稲田大臣が福岡県の水害被災地を視察したときのことを・・・

⇒「誰のための被災地視察か 稲田朋美防衛相の“頑張ってますアピール”ではなかったか」

と揶揄している。
最近の産経新聞の稲田タタキは異常である。

「来月3日に予定されている内閣改造で退任が確実視される防衛相の激励がどれほど隊員の心に響いただろうか。」(千葉倫之)

 愚衆が「自民党にお灸を据える」と民主党政権を誕生させ、自民党が下野したとき稲田朋美氏は「私はこの国を守りたい」を著した。
数少ない保守派の女性政治家である。

 安倍首相が靖国神社で稲田朋美氏を見つけて政治家になることをすすめた。
いま、安倍首相を憎む反日メディアは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とばかりに稲田氏を攻撃している。
たしかに彼女には軽率なところはあったかもしれない。
しかし内閣改造まで踏ん張ることだ。
そうすれば再起の芽はまだある。
長谷川幸洋氏も行政刷新担当大臣だったときの稲田氏の交渉術や調整力を高く評価している。

それにつけても長年に亘って産経抄を担当した石井英夫氏のような優れたコラムニストが産経に居なくなったのは残念なことだ。

さてその産経抄子が今日は朝日新聞に喰って掛かった。

⇒産経抄(20107/4/15)
「安倍首相は悪である」演繹法を誤用するマスコミ報道 


 一般的な原理から、事実関係を推理・説明することを「演繹(えんえき)」という。AはBである。BはCである。ゆえにAはCである-という「三段論法」は、演繹によって判断を求める演繹法の代表的なものだとされる。これを用いた結論が真であるためには前提の正しさと、飛躍がないことが不可欠だろう。

 ▼安倍晋三首相は、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、野党が要求する閉会中審査への出席を決めた。自ら説明を尽くすという考えに異存はないが、マスコミがその中身をきちんと伝えるかというと心もとない。

 ▼これまでの一連のマスコミ報道を追うと、演繹法が誤用されている印象が濃い。安倍首相は悪である。加計学園理事長は安倍首相の友人である。ゆえに不正がなされたに違いない。そんな根拠のない前提のもとで、飛躍した論理が流布されてはいないか。

 ▼『ビルマの竪琴』の作者として知られるドイツ文学者、竹山道雄は唯物史観を批判する評論の中でこう説いた。「まずある大前提となる原理をたてて、そこから下へ下へと具体的現象の説明に及ぶ行き方は、あやまりである」。

 ▼その上で、さらに続ける。「『上からの演繹』は、かならずまちがった結論へと導く。(中略)事実をこの図式に合致したものとして理解すべく、都合のいいもののみをとりあげて都合の悪いものは棄(す)てる」。

 ▼衆参両院が10日開いた閉会中審査で、加計学園誘致を進めた当事者の加戸守行・前愛媛県知事が行った証言について、翌11日付の朝日新聞と毎日新聞の朝刊は、一般記事中で一行も取り上げなかった。安倍政権の対応を批判する前川喜平・前文部科学事務次官の主張と真っ向から食い違うため、都合が悪いと棄てたのだろう。


(引用終わり)

「演繹法」と「帰納法」などという難しい論理学用語など使わずとも、朝日新聞は共産党の赤旗と同じイデオロギー紙であるというだけで事足りる。
要するにイデオロギー先にありきで、それに基づいてフェイクニュースを乱発するのである。

朝日新聞は前川助平のタレコミを利用して加計学園問題を演出し、蓮舫の二重国籍問題を追及するのはヘイトだ差別だと主張している。
日本に取って害あって益なしの新聞である。

⇒アゴラ言論プラットフォーム(同上)
近視眼も程度が過ぎる朝日新聞(山田 肇)


 幼稚園で教育勅語を教えるとは何事と批判されていた森友学園の籠池泰典前理事長が、官僚による安倍総理大臣への忖度の証言者として持ち上げられた。文部科学省元幹部の再就職先を組織的に斡旋していた首謀者の一人である前川喜平前事務次官も、「お友達」への利益誘導の証言者として持ち上げられている。

目先の事件を報道するのはメディアの務めだが、半年、一年前の自らの報道をケロッと忘れるとはあまりに近視眼的すぎないか。

そして、今度は蓮舫氏の戸籍公開問題である。朝日新聞は社説で「本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。」と主張した。これ幸いと、蓮舫氏は戸籍を公開しない方向に舵を切り直した。

しかし、昨日の記事に書いたように、蓮舫氏は国務大臣当時に、わが国政府の立場と明確に異なる「尖閣は領土問題」という意見を表明した。民主党政権の事業仕分けでスーパーコンピュータについて議論した際には、「2位じゃだめなんでしょうか」と発言し物議を醸した。

いずれも中国寄りの発言で、二重国籍が影響していたとしたら大問題である。

戸籍の公開は差別につながると言う前に、蓮舫氏が有力政治家として、また、国務大臣として日本の政治を歪めてこなかったかを検証するのはメディアの仕事である。朝日新聞は多くの国民の信頼をすでに失い購読者数の減少が続いているが、失地回復を目指すのであれば、蓮舫氏の二重国籍問題を徹底的に調査するのがよい。


(引用終わり)

比べるのも稲田防衛相に失礼だが、蓮舫は人の上に立つ政治家ではない。

自民党として来年の総選挙まで引き続き頑張って欲しいと願っていることだろうが、早々に民進党代表を辞任し、党を崩壊させることが最後のご奉公である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:18  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.15 (Sat)


噓つき前川を評価する阿呆な面々


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「面従腹背」が座右の銘の官僚は日本を滅ぼす

前川助平擁護の声は凄い。
テレビの素人コメンテーターが印象だけで「堂々としている」と高く評価していたことは⇒前記事でご紹介したが、素人は別にして、同じような事をいう物書きが居て驚いた。

⇒J-CAS News(2017/7/14)
前川・前文科次官の泰然自若ぶりとボス庇う政権側の暗さが好対照


(前文略)

山本地方創生大臣や萩生田官房副長官や義家副文部科学大臣やサブの官僚たちは、みんな下を向いて暗い顔で書類を読んでいた。ソラで答えている人はいない。言い間違いが怖いのか、あるいは記憶力が足りないのか。加えて、出ましたっ。ロッキード事件の時のように、萩生田官房副長官が「記憶にございません」のセリフ。
これに対するに、前川・前文部科学省事務次官だけは、何も見ないでソラで悠々と答えている。手ぶらで答弁台の前に進み出てきて、時々左右に顔の向きを変えながら、淀みなく答える。日付についてもメモもない。衆議院でも参議院でも態度は同じ、泰然自若である。言葉遣いも丁寧で激高することもなかった。役者である
自民党議員によって、何とか前川氏が信用ならない人物と印象付けようとする意図が見え隠れしたが、これは茶番である。テレビカメラというものは、口で糊塗しても、映った人物の本質はクッキリと炙り出される恐ろしさがあるもの。7時間以上ぶれずに答えた前川氏を信用ならない嘘つきと感じた人間は1人もいまい。むしろ、よってたかってボスを庇う政権側の体質が炙り出されたと思う。(黄蘭)


 7時間以上テレビを見ていたのなら、「行政が歪められた」と主張する鉄面皮の前川助平に続いて、「行政が正された」と切々と主張した加戸守行・前愛媛県知事の姿を筆者は観たであろう。
これこそ魂の叫びである。
その本質論については一切触れない黄蘭なる筆者は恐らく反日メディアの手先であろう。

 黄蘭とはどんな人物か知らないが、ググって見ると随分昔から評判が悪いらしい。
「いくら何でも下手すぎる『日本歌謡界の甘さ』浮き彫り(2009/12/18)の⇒記事に「いく何でも下手すぎる『自称プロ記者の甘さ』下手すぎ」と皮肉られている。

まあこんな馬鹿を相手にすることもないが、「日付についてはメモもない」で泰然自若としていた男が、自分の一番大切な辞職届けを出した日にちを間違えた。
その日は松野文科相は出張中だったと分かって慌てて訂正しているではないか。

⇒「前川喜平氏、大臣への辞意申し出は京都視察中? 松野博一文科相が疑義」(2017/7/11)

日本の官僚が前川のように「服従背面」をモットーとしているようでは日本の将来は危ない。
怪しげなバー通いを「貧困女子の実態調査」だと弁明して「不適切」だったと審査会で弁解するような男は信用できない。

Ponkoは黄蘭の解釈とはまったく逆に、あの薄ら笑いを浮かべていかにも自信ありげに振舞う姿に違和感を覚えた。信用できない男だと直感した。

「朝日新聞にリークしたのではないか」と二度も問われた前川は「イエス」とも「ノー」とも答えなかった。
答えられにかったのである。
「ノー」と答えて後日、その嘘がばれて身が危うくなることを避けたのである。
前川が信用できない人間であることはこの事だけで明白である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:28  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |