FC2ブログ

2017.07.14 (Fri)


テレビが世論を誘導する現実を見た


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日テレ「スッキリ」でわかったこと

今日、何気に加藤浩二が司会する日本テレビ「スッキリ」を観ていて面白いことに気付いた。
スッキリJudgeのコーナーで「公用車で保育園送迎の送り迎えは?・・・あり? なし?」をやっていた。

金子恵美総務省政務官が子どもを保育園に子どもを送るのに公用車を使っているのは私的利用だと週刊新潮がバッシングした。

⇒「金子恵美」代議士に公用車の私的使用疑惑 また“魔の2回生"

夫・宮崎謙介元代議士の不貞が「週刊文春」に報じられるも、金子恵美代議士(39)は離婚の危機を乗り越え、昨年より総務大臣政務官として活動している。「健気な妻」としてバラエティ番組にも出演する金子氏に、公用車の私的使用疑惑が浮上した。

さて、この問題は是か非かということでテレビのリモコンで青ボタン(あり)か赤ボタン(なし)を押せという趣向だった。
これは間違いなく「否」だろうと予想していると、案の定、赤ボタンを押す視聴者が先行し、グングンと数字が伸びていく。

スッキリ1

しかし・・・ アレレ?・・・スタジオでは意外な事に「あり」、つまり金子議員が公用車を使うの「あり」だという意見が続出し、遂に加藤MCとコメンテーターの全員が「あり」ということになった。

すると、途中から「あり」(青ボタン)を押す視聴者が急増し、みるみる内に「なし」(赤ボタン)の数字を上回った。

スッキリ2

コメンテーター全員が同じコメントをすると視聴者が簡単に影響を受けるという現実をまざまざと見た。
当ブログでよく取り上げるTBS「サンモニ」は政権を批判する一方的なコメンテーターしか登場しない。
これではボンヤリテレビを見ている世代は簡単に洗脳されるわけだ。

後でわかったが、金子議員は議員会館にある保育所に子供を預けてから仕事に出かけていたのである。
加藤浩二も「それほど遠いわけでもないし」とコメントしていた。

過去記事でご紹介したように、加計学園問題に関する閉会中審査の評価について、TBS「ひるおび」は伊藤惇夫(政治評論家)と田崎史郎氏がやや激しく論争していて、田崎氏はクビになるかもというコメントも頂いたが、それにあらぬか今日はいつもの田崎氏の姿が見えない。
その代わりに元TBS解説員の龍崎隆とTBS岩田夏弥記者がコメンテーターになっている。

tbs

岩田夏弥は⇒10日のTBS「Nスタ」で・・・

岩田夏弥
「ある自民党の議員は『国民が納得するわけはない。総理が答弁しなきゃ意味がない自分で撒いた種なんだから』とまで話しているんですね。」


とレポートしている。

記者が「官邸筋」とか「ある自民党議員」とか言う時は大抵嘘で、自分で勝手に言ったり書いたりしていると最近どこかで読んだことがある。
さもありなん。

伊藤惇夫
「野党は早くやれというが、しっかり準備してやった方がいい」


しっかり準備すると言ったって、証拠は何も無いのだから、安倍首相をいじり倒して勝った勝った!と印象操作するしか手は無いのである。

中国で囚われていたノーベル平和賞の劉暁波氏が死去された。
謹んで哀悼の意を表したい




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:31  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.14 (Fri)


安倍首相は「悪魔の証明」が出来るのか?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国民はメディアに騙されて大局を見失うな

加計学園問題を巡る閉会中審査に安倍首相が出席することになった。
自民党の国対委員長がいままで拒否していたが、安倍首相がみずから出席すると言い出したためという。

国民に対する説明が不十分だという世論調査の結果が8割強だというのである。
しかし10日の閉会中審査で野党4党と前川助平は首相の関与を具体的に証明できたのか。
否である。

そこに安倍首相が出席して「関与していない」という「悪魔の証明」が出来るわけはない。
水掛け論に終わるならまだいいが、下手をすれば野党とマスメディアの挑発に乗せられて生真面目な安倍首相がまた爆発する恐れすらある。
百害あって一利なしである。

「野党側が首相からどんな言質を取ることができるのか、正念場である。質問者は山尾志桜里辻元清美森ゆう子など、首相の権威などに忖度しない女性がいい。安倍をとことん追い詰め、怒って暴言を吐けば安倍政権は崩壊する」(J-CASニュース 元木昌彦)

今日のTBS「Nスタ」は安倍首相が一転して国会で説明することになったのは、「自民党の"総理のご意向"の忖度ミスか」と揶揄した。

しかし、岸井成格は、本当は安倍首相がみずから言い出したのではなくて、あたかもそのように自民党の国対が話しを作った。「そういうことはよくやるんですよ」としたり顔で解説していた。

ナレーション
「これまで安倍首相は国会のことは国会で決めて欲しいと主張してきました」


と首相の翻意を嘲笑う。

時事通信社が7日から10日に実施した世論調査では内閣支持率は29.9%(前月比-15.2ポイント)に急落した。
安倍総理は説明責任を果たしていないと回答したのが79.9%だという。

世論が突然このように変わるのは恐ろしいことだ。
反日マスメディアはおのれの世論誘導の効果にニンマリしていることだろう。

岸井成格
「安倍総理は内閣改造で基本的には骨格は変えないと言っている。それでは新鮮味が出ないと思う。この内閣改造で支持率を上げて国民の信頼を回復しようというのは難しい」


と御宣託。
あくまで支持率を落としたいらしい。

岸井成格2

 加計孝太郎理事長、和泉首相補佐官、前川助平など7名を出席させろと解説していたが、文部科学省が行政を歪めたとする肝心の家戸前知事の出席には触れなかった。
いまさら、あの前川のいかにも自信たっぷりの顔は見たくもない。

反日メディアはいつまでこの不毛な議論を続けようというのか。
安倍首相が出席しても「悪魔の証明」は不可能である。

むしろ「私だったら10分で論破できる」といった高橋洋一氏に出席してもらうのが一番だ。
岩盤規制を突破するための国家戦略特区とそれに抵抗した獣医師会と文科省という構図を再度明らかにすべきだからである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:19  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |