FC2ブログ

2017.07.01 (Sat)


都議選前日、朝日新聞の印象操作


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

反日メディアの報道に騙されるな

いよいよ明日、都議選が行われる。
反日メディアが小池劇場を捏造して都民を騙し、小池百合子を都知事にした。
その結果はご覧のとおりである。
すでに決まっていた豊洲市場移転を中止し、一年以上も放ったらかして一日何百億円も失った。
都議選直前になって「決められない小池」のイメージを払拭しようとして築地と豊洲の両方を活かすというとんでもない結論を出した。
豊洲に決めればいままでの一年近くは何だったのかと問われ、築地残留派の票を失う。
かといって豊洲移転を中止すれば、豊洲派の票を失う。
だから二兎を追ったのである。

五輪ボート競技会場やバレーボール会場も変更を検討したが、すったもんだの挙句、結局元のさやに収まった。
だったら一体あの騒ぎは何だったのか。
要するに思いつきだけで人気取りを狙う悪しきポピュリズム政治の典型なのである。
何か仕事らしい仕事をしたのかと問われて、サッカー会場の天井を造るのを止めたことで建築費を何百万か何千万削減したと胸を張ったが、真夏の暑さの中でのプレイは選手にも観客にも過酷な結果となるだろう。

にも関わらず、反日メディアスクラムの結果、明日の都議選は民進党という泥舟から逃げ出した議員や小池劇場にあやかろうとするドシロウト政治家が当選を果たし都政を混乱させるだろう。
都民の自業自得だから知ったことではないが、国政が影響されることは真っ平御免だ。

ところが安倍憎しの朝日新聞を始めとする反日左翼メディアは安倍止めろコールを止めない。
今日の朝日新聞は自民党のゆかりの場所秋葉原で演説した安倍首相に対して観客から「安倍帰れコール」が起きたと嬉しそうに報じている。

朝日新聞(2017/7/1)
首相演説に「辞めろ」「帰れ」の声 都議選で初の街頭に

 安倍晋三首相(自民党総裁)は1日夕、東京都千代田区のJR秋葉原駅前で、都議選(2日投開票)の応援演説を、初めて街頭で行った。学校法人「加計学園」の獣医学部新設などをめぐり政権への批判が高まっており、聴衆の一部から「安倍辞めろ」「安倍帰れ」コールが巻き起こった。
 同駅前には、自民党の支援者が集まり、日の丸の小旗を振る姿などが見られた。一方で、「安倍政治を許さない」「国民をなめるな」「臨時国会をいますぐ開け」などの横断幕やプラカードを掲げる一団も。党関係者が「自民党青年局」と書かれた旗を林立させて、プラカードなどを見えなくしようとした。
 首相の演説が始まっても「辞めろ」「帰れ」コールはやまない。これに対し、首相が「人の演説を邪魔するような行為を自民党は絶対にしない」「憎悪からは何も生まれない。こういう人たちに負けるわけにはいかない」と反論する一幕もあった。
 首相はこれまで、ヤジが飛ぶ可能性が高い街頭で演説は行わず、党支援者が多い小学校の体育館に限っていた。都議選での街頭演説は、この日が最初で最後となった。


 反日メディアの「自民党にお灸を据える」「一度民主党にらせてみたら」という無責任な世論誘導で自民党は野に下った。
そして反撃の衆院選、安倍晋一議員は秋葉原の駅前に立った。
あの夜のことは忘れない。家族全員で応援に出かけた。
駅前は安倍氏を応援する人だかりで一杯だった。
朋友の麻生太郎議員が演説し、安倍議員が演説した。
2005年の小泉郵政改革に反対して落選した静岡の城内 実議員も居た。
城内氏は国会の採決の時に安倍氏に呼ばれて説得されていた映像がテレビでご覧になった方もいるだろう。
刺客の片山さつきに僅か748票の僅差で破れたが、苦節4年、城内 氏は一人で街頭に立ち演説して再び当選した。

その秋葉原で安倍首相が「帰れコール」に遭ったという。
安倍首相が「こういう人たちに負けるわけにはいかない」とはよくぞ言った。
国会の委員会でも安倍首相は同じ態度を取ったが、パヨクメディアは安倍一強だ、思い上がっていると批判した。

朝日新聞はマスコミを批判する麻生氏も攻撃した。

朝日新聞(同上)
「マスコミ、かなり情報が間違っている」麻生副総理

2017070201.jpg
街頭演説する麻生太郎副総理=1日、東京都世田谷区、寺本大蔵撮影

■麻生太郎副総理兼財務相(発言録)

 ここにいるマスコミの人は言っているだけだから。責任はなんもとらんわけです、この人たちは。それは事実でしょうが。しかも、かなりの部分、情報が間違っている。間違いありませんよ、俺、書かれている方だからよくわかる。読んだらこれも違う、これも違うなと。たぶん他の人も違うんだ。そんなものにお金まで払って読むかと。結果として、新聞は部数が減っている。自分でまいた種じゃないか。この間、ある新聞社の社長がそう言ったのがすごく印象に残っている。(東京都内での街頭演説で)


麻生氏の言う通りだ。
ところが朝日新聞は「唐突に持論をまくし立てた」と批判した。

朝日新聞(同上)
麻生氏、唐突に持論展開 自民幹部のメディア批判続く

 麻生太郎副総理は1日、東京都議選(2日投開票)の応援演説で「マスコミは言っているだけで責任は何もとらない」などとメディア批判を展開した。

「マスコミ、かなり情報が間違っている」麻生副総理

 麻生氏は「マスコミはかなりの部分、情報が間違っている。書かれている方だからよく分かる」と主張。「そんなものにお金まで払って読むかと。結果、新聞は部数が減っている。自分でまいた種じゃないか。この間、ある新聞社の社長がそう言った」などと、唐突に持論をまくし立てた。
 前日の6月30日、自民党の二階俊博幹事長が応援演説で、「私らを落とすなら落としてみろ。(新聞を)買ってもらっていることを忘れちゃダメじゃないか」と発言。安倍晋三首相も同日、「色々な報道によって、政策がなかなか届かなくなってしまっている」と述べ、閣僚の問題発言などで自民党に逆風が吹いていることの責任を、メディアに転嫁する発言が相次いでいた。(寺本大蔵)


二階幹事長は中国寄りで気に入らないが、「落とすなら落としてみろ」には快哉を叫んだ。
稲田朋美防衛大臣にもこのくらいの気概を持って欲しいと思う。

森友学園の前理事長籠池氏がアキバの会場に100万円札束を持って再び現れて借りたものは返すと言った。
マスコミの前で100万円の札束は偽者だったとバレてしまったのに、懲りずにまだやっている。
所詮、前川も籠池もこのようなピエロに過ぎないのである。

朝日新聞は慰安婦強制連行、性奴隷の捏造記事を誤報だとして謝罪したが、世界の誤解を解くためにその後何らかの行動を起こしたのか?

朝日が喧伝した吉田清治の本や講演が真っ赤な嘘だと分かって、ご子息は韓国の謝罪碑を撤去しようとし、元自衛官が謝罪碑を書き換えたために韓国の検察に引っ張られて韓国に拘留されている。
これに対して朝日新聞はなんらの行動を取ったのか。
知らぬ顔の半兵衛である。

いかに朝日新聞が無責任な売国新聞であるかこの一件の対応を見ても分かる。
本来ならば韓国の検察と先頭に立って交渉すべきであるし、誤報(捏造)を認めた時点で海外の主要紙、お友達のニューヨークタイムズやワシントンポストその他の世界中のメディアに社費を投じて全面広告を出すべきだった。

その売国新聞がいまさら何を言うかである。

反日テレビ番組のあまりの偏向報道に腹を立てて、テレビに向かって毒づいていたPonkoがブログというはけ口を見つけたのが今から12年の2005年だった。
その後、2007年に高山正之氏の「日本人が勇気と自信を持つ本 朝日新聞の報道を正せば明るくなる」を読んでその思いは確信となった。



高山氏はその後も天敵の朝日新聞を批判し続けている。
しかし朝日新聞は一向に変わらない。

高山氏の言うとおり、朝日新聞という反日メディアが倒れることで日本は少しは明るくなるのではないか。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.01 (Sat)


稲田大臣を防衛した産経抄の変心


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経抄の資質を問う

 昨日の産経抄は稲田防衛相を「お子様だ」とこき降ろした。
その産経抄子が僅か3ヶ月前には「稲田大臣の資質を問う」と書いた朝日新聞に喰って掛っているのである。

「思想や考え方で、持って生まれた性質まで否定するとは随分差別的な発想ではないか」

というのである。

だったら、反日メディアのネガティブキャンペーンで不利になった都議選の自民党候補者を応援する熱意のあまり、つい口を滑らせた稲田防衛相を「お子様大臣だ」と決め付けるのは不当ではないか。

産経抄の資質を問いたい。

⇒産経新聞(2017/3/11)
【産経抄】「稲田大臣の資質を問う」朝日新聞は随分差別的な発想ではないか


 「学校も先生も大きらい。いままでなんかいも死のうとおもった」。9日付の小紙朝刊に、東電福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難し、いじめを受けた中学1年の男子生徒の手記全文が載っていた。住み慣れた自宅を離れ、新たな居場所を求めた先で黴菌(ばいきん)扱いされた生徒の心境を思うと、胸がつぶれる。

 ▼朝日新聞と福島大の今井照(あきら)教授が今年1~2月に実施した共同調査によると、避難先でいじめや差別を受けたり、被害を見聞きしたりしたことがある避難者は62%に上る(2月26日付同紙朝刊)。大人でもそうなのである。

 ▼「お米はすべて福島県産を使用しています」。安倍晋三首相夫人の昭恵さんも時折利用する首相官邸2階の食堂には、こんな貼り紙がある。政府は風評被害払拭を図っているものの、人の心に巣くう偏見や思い込みは、なかなか取り除けない。

 ▼根拠のない不条理ないじめや差別が後を絶たない背景には、新聞やテレビ、一部政治家らが過度に放射能の危険をあおったこともある。大人社会の偏見は子供に伝染し、心をむしばむ。小紙も轍(てつ)を踏まぬよう肝に銘じたい。

 ▼「稲田大臣の資質を問う」。朝日新聞は10日付の社説でこう記し、教育勅語を評価した稲田朋美防衛相の資質に重大な疑義を表明した。手元の岩波国語辞典を引くと資質とは「生まれつき」「天性」のことである。思想や考え方で、持って生まれた性質まで否定するとは随分差別的な発想ではないか。

 ▼教育勅語は、友人とは互いに信じ合い、行動は慎み深くし、他人に博愛の手を差し伸べるなどの徳目を教えている。避難してきた同級生をいじめる子供らや、扇情的な言説に陥りがちなメディアにこそ、読んで心に刻んでもらいたい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:37  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |