FC2ブログ

2017.06.26 (Mon)


小池ファーストに勝たせてはいけない


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

都政が国政を動かす愚を犯すな

 7月2日の都議選を控えたラストサンデーが昨日終り、メディア各社は週末行った世論調査の結果を発表した。
すでにブログ友が詳細を紹介しているので繰り返さないが、小池ファーストの党が第一党を占める勢いだという。
非常に危機感を覚える。

 小池百合子は小泉元首相を真似て反対勢力という悪役を作り、それと闘うヒロインを演じて東京愚民の浅墓なホピュリズム迎合を利用して都知事になった。
都政のドン内田なにがしの名前は連日のようにマスメディアに流れたが、具体的にはどのような悪者だったのかいまだに理解できない。
なにやら都政は腐敗していたらしい。
そこをどう改善するのか、カタカナ英語を撒き散らすだけの小池の政策はいまだに不明である。

都知事選の時、鳥越俊太郎を都知事にして一年以内に追い出す方法もあるのではないかと書いた。
世論を誘導するサヨクメディアの小池旋風の仕掛けに危機感を持ったからである。
その予感は当たった。

 都知事選の結果によっては国政にも悪影響を及ぼす危険が十分ありうる。

評論家らの議席獲得予想によれば・・・

●児玉克哉(一般社団法人社会貢献推進国際機構・理事長)

都民ファーストの会 47議席
自民党       40議席
公明党       23議席
共産党       11議席
民進党        5議席
生活者ネット     1議席

●鈴木哲夫(政治評論家)日刊ゲンダイ

都民ファーストの会 48議席
自民党         41議席
公明党         22議席
共産党         13議席
民進党          1議席
生活者ネット       2議席

●角谷浩一(政治評論家)

自民党         46議席     
都民ファーストの会 41議席
公明党         22議席
共産党         12議席
民進党          2議席
生活者ネット      2議席

角谷氏の予想は自民党が議席第一党だが、都民ファと公明党が手を結んだから、あわせて連立与党となる。
朝日芸能ニュースは小池の都民ファーストは大敗の可能性もあるというが、残念ながら希望的観測である。
なぜならば、かつて東京都民は「青島ダァー!」の作家兼テレビタレント青島幸男を都知事に選んだり、元グラドルの蓮舫をトップ当選させたり、山本タローを当選させる情報弱者が多いからである。

⇒Asagei plus(2017/6/26)
都議選に黄色信号?小池百合子を追い込む10の弱点
30議席を割る可能性も


(前略)

 攻勢を強める自民党に対して、迎え撃つ都民ファーストの会陣営の公認候補の顔ぶれは、経験不足で知名度と評判がいまひとつとの声も多い。
「すごい人材がそろった!」
 公認予定者48人が集まった都民ファーストの会の総決起大会で、小池氏は絶賛。だが、元キー局アナや歌手、教育コンサルタントなどの肩書が並ぶものの、半数は政治未経験の顔ぶれだった。
 須田氏も都民ファーストの会の候補者には、厳しい意見だ。
「立派な肩書があっても政治に関しては素人。演説を聞いてもあまりピンとこない。都議選は候補者を選ぶより政党名で選ぶケースが多く、小池知事の『顔』があれば、個々の候補者の資質はあまり関係ないのかもしれませんが」
 ここにきて、都民ファーストの会の執行部も楽勝ムードから、徐々に危機感を募らせているという。
「たとえ候補者に知名度があっても、政治家としては素人が多いだけに、マスコミの取材を受ける時は、党の許可を取ってから。街頭でも自分の意見を言わないように指示されています」(都政担当記者)
 候補者の中には民進党などから“移籍”した議員経験者も多く含まれているが、「選挙に受かりたいだけで政治信条は何もない。永田町では、『ちょっと待て そこの都民ファースト 元民進』と標語のように皮肉られています」(自民党関係者)
 さらに執行部内の“不協和音”も聞こえてきた。小池氏の特別秘書を務める野田数氏(43)も週刊誌で「ハレンチ豪遊」を撮られたり、アントニオ猪木氏(74)から公金の横領を告発(野田氏は否定)されるなど、スキャンダルが続いている。
「実は都民ファーストの幹部は不仲で、マスコミを使ってのリーク合戦が起きています。小池氏の側近のある人物には、カネを使い込んだ疑惑があり、すでに週刊誌が動いて取材しています」(前出・都政担当記者)
 都議選を前に何やらガタガタの状況に、小池氏も執行部と距離を置き始めているというのだが‥‥。
「舛添要一前都知事(68)の政治資金問題でメディアに頻繁に出演し、知名度を上げた音喜多駿都議(33)の評判の悪さが噴出しています。大した実績もないのに偉そうな口調で威張るのが鼻につくようです。嫌われているのが本人の耳にも入っていて選挙後に都民ファーストを離れる話も聞かれます」(前出・都政担当記者)


(中略)

さまざまなほころびが見え始めた小池都政。都民ファーストの会は都議選で公明党などの支持勢力を得て過半数を目指すが、足をすくわれれば「大敗」も現実味を帯びてきているようだ──。

(抜粋終り)

おときたナニガシはブログを書いたり、小池に抱きついて都議選で落選しないように必死だが、選挙後に都民フを離党するだと?
そんなことはありえないだろう。

問題は公明党が自民党と手を切って都民フと手を結んだことだ。
国政とのネジレ現象になる。
安倍首相も憲法改正の目途がついたら公明党を切るべきだ。
そして都議選後、自民党は直ちに小池百合子を自民党から除名すべきである。

自民党内にも安倍首相が発表した憲法改正論議を否定する石破茂や船田元などの抵抗勢力がある。
船田元などは女系天皇もアリと言っているから、この男も除名すべきかもしれない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:17  |  反日マスメディア  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |