2017.05.03 (Wed)


匍匐前進から立ち上がった安倍首相


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

憲法改正の期日も明言

2017050402.jpg

 今日、安倍総理はついに憲法改正の期日を明言した。
しかし、憲法9条を変えるとは言っていない。
自衛隊の存在を明記すると言っている。
実に巧妙である。
なぜなら、震災時の救助活動や復興活動に自衛隊が多大の尽力をしていることで、国民は自衛隊の存在を理解するようになった。
それは自衛隊本来の任務ではないが同時に国を守ることの必要性も国民は感じたはずである。
自衛隊の存在を憲法に明記することで交戦権を認めないという部分はフェイドアウトさせる狙いではないのか。

テレ朝「報ステ」(2017/5/3)
安倍総理「2020年に新憲法」
改憲で9条に自衛隊明記


国会答弁で憲法改正に明確な態度を示さなかったVTRを次々と見せた上で・・・

ナレーション
「その国会での議論がまだ煮詰まってもいないのに、今日になって憲法の施行の時期まで口にしたのはどんな思惑があるのでしょう。

2017050401.jpg

憲法反対運動での蓮舫の挨拶
「総理の 総理による 総理のための憲法改悪には絶対に反対をしなければいけないと改めて訴えさせてください!」


蓮舫は安倍首相のレガシーづくり(売名のための歴史的な実績作り)だと今日、記者会見で安倍首相を批判した。
的はずれも甚だしい。
本質論をせずに印象を論ずる。
子供の喧嘩である。
政治家としてはあってはならないことだ。

集会の参加者
「自分が生きてきた人生とこの70年はつながっている。だからこの9条を大事にして日本の宝にして、逆に日本から戦争してはいけないという発信をしていかないといけない」


安倍首相のビデオメッセージを流した集会を・・・

後藤謙次(ジャーナリスト)
「今日集まっていている人達は安倍総理の原点である憲法9条の改正を改正を切望している人達だ。その人達に対して2006年に初めて内閣総理大臣になった時の総裁選の公約に掲げた憲法9条の改正は忘れていないというメッセージを送りたい。
もうひとつは国会の憲法審査会の審議が遅々として進んでいない事に対する苛立ちがあったのではないか。
(中略)
自分でゴールを決めてそれが出来ないとなると自分の首を絞めることになる。
(中略)
賭けに出たということも出来る」


憲法改正に「教育の無償化」も入っている。
Ponkoはこれには疑問がある。
それは理想かもしれないが、コストがかかる。9条改正と抱き合わせて人気取りの疑惑も浮かぶ。

報ステも民主党政権時代に自民党がバラマキ政策だと一斉に反対する映像を流した。
座ったまま議員が反対のプラカードを掲げている。
民進党と同じではないか。
テレビカメラ向けではなくて議長向けであるから少しは許せるが。

日本維新の会も教育の無償化を掲げいるので、3分の2のために維新の協力が必要と言うことなのかとナレーション。
教育の無償化をしても貧困家庭は救われない、憲法改正とは関係ないとNPO法人や学者の意見のVTR。
収入の多い家庭にも無償化すれば格差の助長につながるとの指摘もあるとか。

後藤
「本丸は憲法9条だ。堂々と9条からやるならやると、時間がかかってもやるという姿勢が必要だ」


9条改正に反対なくせに・・・

この後、「朝日新聞襲撃から30年・・・ネットで飛び交う「反日』」と題して、あれから「反日」や「反日勢力」という言葉が安易に使われる時代になったと批判。

このブログは「反日勢力を斬る」とそのまんまである。
12年以上前にこのブログを始めた頃は「反日」という言葉はあまり普及していなかったと記憶している。
この間、「反日」という言葉が普及したのは、それだけ反日勢力の反日活動が活発化して来た事、そしてそれに気づいた人達が増えてきたということの証左である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  憲法改正  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.03 (Wed)


劣悪な憲法守って70年の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

9条改正の必要なしとNHKが世論調査結果を発表

今日は憲法記念日。
安倍首相がいよいよ東京五輪が開催される2020年に憲法を改正すると英断を示し、野党4党と反日メディアが大騒ぎしている。

⇒安倍晋三首相のビデオメッセージ全文(産経新聞)

反日NHKは今日午後7時のニュースで憲法9条は変えるべきではないというフェイクニュースを流した。
世論調査の結果だというのである。

「82%が平和主義を掲げた日本憲法を誇りに思う」そうである。
フェイクニュースを流しやすい設問になっている。

NHKニユース(2017/5/3)
NHK世論調査 憲法の改正 必要43% 必要なし34%
日本国憲法が施行されて、3日で70年です。NHKはことし3月、全国の18歳以上の4800人を対象に、個人面接法で憲法に関する世論調査を行い、55.1%に当たる2643人から回答を得ました。

憲法が果たした役割

この中で、今の憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ、「改正する必要があると思う」が43%、「改正する必要はないと思う」が34%、「どちらともいえない」が17%でした。
また、「戦争の放棄」を定めた憲法9条を改正する必要があると思うか聞きました。
「改正する必要があると思う」が25%、「改正する必要はないと思う」が57%、
「どちらともいえない」が11%
でした。

このほか、憲法に対する3つの考えを挙げ、そう思うかどうか聞きました。
「平和主義をかかげた今の憲法を誇りに思う」という考えについて、「そう思う」(44%)、「どちらかといえばそう思う」(38%)が合わせて82%、「そうは思わない」(5%)、「どちらかといえばそうは思わない」(10%)が合わせて15%でした。
「憲法は時代の変化に応じて柔軟に変えるべき」という考えについては、「そう思う」(37%)、「どちらかといえばそう思う」(36%)が合わせて73%、「そう思わない」(10%)、「どちらかといえばそうは思わない」(14%)が合わせて24%でした。
「憲法は自分の生活と密接に関係している」という考えについては、「そう思う」が26%、「どちらかといえばそう思う」は34%、「そう思わない」が12%、「どちらかといえばそうは思わない」は25%でした。

憲法の影響に対する評価

今の憲法が日本や国民に与えた影響について3つの点を挙げ、それぞれ肯定的な意見と否定的な意見のどちらに近いか聞きました。

「平和主義」については、「戦争をしない平和主義が定着した」という意見に「近い」(52%)、「どちらかといえば近い」(21%)と答えた人が合わせて73%でした。一方、「自分たちで国を守ろうとする意識が失われた」という意見に「近い」(12%)、「どちらかといえば近い」(12%)を合わせると24%でした。
同じ方法で調査を行った2002年と比較すると、「平和主義が定着した」という人が15ポイント増え、「自分たちで国を守ろうとする意識が失われた」というのは13ポイント減りました。
また、「自由・権利」については、「自由や権利を大切にしようとする考え方がいきわたった」という意見に「近い」(25%)、「どちらかといえば近い」(22%)が合わせて47%でした。「自由や権利ばかり主張し、責任や義務をおろそかにする風潮を生み出した」という意見には、「近い」(22%)、「どちらかといえば近い」(25%)を合わせると48%でした。

「民主的な政治」については、「国民が自ら民主的な政治に参加するという考え方がいきわたった」という意見には、「近い」(26%)、「どちらかといえば近い」(28%)が合わせて54%でした。「国民におもねる政治や風潮を生み出した」という意見に、「近い」(14%)、「どちらかといえば近い」(22%)は合わせて36%でした。


(以下略)

 日本がいままで何とか平和で居られたのは憲法のお陰ではなく、米国と言う同盟国が居たこと、国内の警察や海上保安庁、自衛隊などの町や国を守る組織が機能しいていたからだ。
それと中国や朝鮮半島が未熟な国内政治や経済を正常化するのに忙しくて日本に脅威を与える余裕が無かったからだ。
その間、日本は中国を何千億というODAで援助し、朝鮮半島には米などの無料援助を実施してきた。
その恩をいま仇で返しているのが中国と朝鮮半島である。

まったく日本人のお人好しにはあきれるしかない。
日本人がいままでは馬鹿だったとしても、中国が尖閣諸島の領有権を主張し、韓国が竹島を占領し、北朝鮮が日本のEEZ圏内にミサイルをぶっ放して来たら、少しは正気になってもいい筈だ。

北朝鮮が暴発寸前の今となっても対話で平和的に解決しようとパヨクやマスメディア言っている。
大部分の日本人もそう考えている。
そう思うオバカさんの日本人と、そう思わせる工作員が日本のメディアで働いているのは間違いない。

政界も法曹界も学会もそうである。
日本学術会議は軍学共同の軍事研究は一切しないと表明した。
そんな馬鹿なことを言っているのは日本だけである。
日本の各界に暗躍する姿なき工作員の恐ろしさを痛感する。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:39  |  憲法改正  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |