FC2ブログ

2017.04.30 (Sun)


北朝鮮を攻撃するなとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


いま戦争が起これば韓国も日本も耐えられない。
妄動するな。(姜尚中)

戦争しないで解決するのが本当の強い国家だ(田中優子)

先制攻撃は非常に危ない(西崎文子)

日米合同訓練は武力による威嚇で憲法違反だ(青木理)

戦争になれば一番被害を受けるのは日本。
日本人は危機意識が薄い(岸井成格)


毎週お馴染み、放送法第4条違反のTBS「サンモニ」は今日も報道の自由満開!
北朝鮮のミサイル発射については一言も批判せず、日米は戦争を煽っている、中国が北への石油を止めれば過去の日本が戦争に突入した二の舞だと変な理屈をこねて北朝鮮を擁護した。

日本のメディアには外国の工作員が多数侵入していると言われるが、さもありなんと毎週思う。
日本に害をもたらす番組とテレビ局は明らかに放送法第4条違反であり、排除すべきである。

TBS「サンモニ」(2017/4/30)
緊張続く朝鮮半島
北朝鮮また弾道ミサイル発射

姜尚中
「開戦前夜ではない。満州事変から2年後、信濃毎日の主筆が「関東防空大演習を笑う」という社説を書いた。今読むと含蓄が深い。こういう時だからこそ妄動しないことだ。いま戦争が起これば韓国も日本も耐えられない。プーチン大統領が言う様に六カ国協議を再開すべきだ」

田中優子(法政大学学長)
「こういう時は『屈しない』とか『断固として戦う』とか言うと強い国家だとか強い指導者だと評価されてしまう。本当に強い国家や指導者は戦争しないで解決する。北朝鮮に議論の場に出てきなさいというのが一番大事なことだ。是非そうして欲しい。
もうひとつは緊張が高まれば必ず儲かる組織がある。そういう人たちの犠牲になってはならない」

西崎文子(東京大学大学院教授)
「トランプ政権100日目だが成果に乏しい。シリア攻撃と北朝鮮でオバマ政権との違いを出したいと思っている。軍事力行使や先制攻撃という言葉は逆に選択肢を狭めてしまう。そこが非常に危ない。
日本はアメリカが追い込まれて行かないようにアメリカともキチっと対話すべきだ」

青木理
「日本が平和的・外交的に解決しようというメッセージが非常に薄いのが凄く気になる。
一方で『あらゆる選択肢がテーブルの上にある』と(トランプ大統領が)言ったのを(安倍首相が)『高く評価する』とか『心強い』とか、カールビンソンに(海自の)護衛艦が付いている状況だ。
これは歴史的な事だ。
憲法9条で2項を変えようとする人は居るが、1項を変えようとする人は余程の右派でなければ居ない。
『武力による行使』だけでなく『武力による威嚇』も放棄するとなっている。
『あらゆる選択肢がテーブルの上にある』というのも護衛艦がカールビンソンと訓練するのも武力による威嚇としかボクには思えない」

関口 宏(司会)
「そう言われてもしょうがない」

青木
「これは憲法違反だと思うし、習近平やプーチンいうように平和的に解決するよう日本はもっと発信しなければいけない」

岸井成格
「関係国があらゆるルートを通じて外交努力を傾けて米朝の直接対話に持って行こうとしている。それが難しければ中国を入れた三者協議とか、北朝鮮に急接近しているロシアも入れて4者協議とか、六カ国協議に戻す努力をすべきだ。その努力を一番日本はやるべきだ。
米朝が一触即発で、もし万一、武力衝突になれば一番被害を受けるのは日本だ。
そういう意識が日本人には薄すぎる。
なんしてでも武力衝突にならないよう平和努力で外交的な決着をつけることがいま一番必要だ」


青木理の憲法違反は論外だとしても、過去何度も六カ国協議を開いても北朝鮮の核実験と弾道ミサイル保有を阻止できなかったではないか。
核を持たせてしまった今、何を協議しようと言うのか。

北朝鮮を開戦に追い込み、徹底的に破滅させる。そのために日本が少しぐらい傷を負っても仕方が無いとさえ思う。
それ以外に方法はないと思う。
もしかしたら拉致被害者も取り戻せるかもしれない。
年老いた被害者の家族の喜ぶ姿が見られれば、少しぐらい傷を負っても、それは戦後70年もノウノウとして日本を守ることをしなかったツケであると思えばいい。

この番組のプロデューサーやディレクターやコメンテーター達はアメリカから攻撃されたくない北朝鮮の工作員だと思えてしかたがない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:49  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |