2017.04.18 (Tue)


保守の論客 渡部昇一氏の死を悼む


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

忘れ得ぬ数々の功績

保守論壇の代表とも言える渡部昇一氏が17日、86歳で他界された。
もっと長生きして保守論壇を引っ張って行って欲しかった。

大東亜戦争でイヤというほど味わった日本人の強さに恐れをなしたアメリカが日本を二度と立ち直らせないように企んだ。
傍観者の支那も、濡れ手に粟のロシアもそれに加担した。

日本を二度と立ち直らせないためにアメリカ占領軍はWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)で日本人を洗脳し東京裁判史観を植えつけて今日に至っている。
「歴史修正主義」というレッテル貼りをして日本人が正しい歴史認識を持たないように押さえ込んでいるのである。
渡部氏はそのWGIPと東京裁判史観批判する先人だった。

大ベストセラーとなった「知的生活の方法」は読んでいない。
渡部氏の存在を知るようになったのはPHP研究所が刊行した多分「日本を○○する人々」シリーズである。

いま手元に5冊の「日本を○○する人々」シリーズがある。
いずれも渡部氏が3人の共著の一人として名を連ねている。
Ponkoは「日本を○○する人々」シリーズを読んで、政治への関心を深めて行った。
そこには実名が挙げられ、その反日的言動が批判されていた。

そのシリーズものの目次の一部と実名をご紹介しておこう。

⇒●「日本を貶める人々」(渡部昇一、新田 均、八木秀次 2004年2月)
【目次から】

"保守"の仮面を被った売国政治家は誰か
田中真紀子、野中広務、河野洋平、橋本龍太郎、中山正暉、田英夫、

テロ国家・北朝鮮の"走狗"は誰か
小田実、和田春樹、姜尚中、坂本義和、吉田康彦

無知と嘘で靖国神社を貶めるのは誰か
梅原 猛、北岡伸一、山崎正和、五百旗頭真、北岡伸一

日本の伝統、歴史を歪めるのは誰か

山折哲雄

⇒●「日本を蝕む人々」(渡部昇一、屋山太郎、八木秀次 2005年6月)

誤った歴史観で中国を増長させてきたのは誰か
林健太郎、猪木正道、加藤紘一、本多勝一

日本よりも中国の国益に "貢献" しているのは誰か
平山郁夫、広岡知男、五百旗頭 真、榊原英資、小林陽太郎、北城恪太郎、野田毅、岡本行夫、山崎正和、北岡伸一

無知と嘘で歴史を歪めているのは誰か
北岡伸一、田中 均、梅原 猛、

人権を振りかざして日本を蝕むのは誰か
池田大作、古賀 誠、

●「日本を虐げる人々」(渡部昇一、松浦光修、八木秀次 2006年5月)

"ネオ東京裁判史観" を喧伝するのは誰か
半藤一利、保阪正康、高橋哲哉、司馬遼太郎、

粗雑かつ恣意的な考証で祖国を断罪するのは誰か
大江健三郎、王毅、二階俊博、加藤紘一

中国を愛し、日本を虐げる亡国政治家・官僚は誰か
栗山尚一、田中 均、後藤田正晴、野田英二郎、浅井基文

利益に与るために国益を踏みにじる輩は誰か
北城恪太郎、柳井正、加藤紘一

父祖を貶め、日本人の誇りと未来を奪うのは誰か
前原誠司、河野洋平、

皇統断絶を目論む "白い共産主義者" は誰か
岩男寿美子、古田貞二郎、佐藤幸治

●「日本を弑(しい)する人々」(渡部昇一、稲田朋美、八木秀次 2008年6月)

日本の不名誉を黙過する "外交専門家" は誰か
岡崎久彦、岡本行夫、栗山尚一、

偽りの歴史解釈で日本に一方的な譲歩を迫るのは誰か
加藤紘一、村田晃嗣

私益と私情のために国を断罪する "権力者" は誰か
渡邉恒雄

昭和天皇の「不快感」を政治利用する不逞の輩は誰か
小沢一郎、『産経』を除いた新聞各紙

「人権」の名の下に日本国民の人権を奪うのは誰か
猪口道子、原武史、冬柴鉄三、前原誠司、

●日本を讒(ざん)する人々(渡部昇一、金美齢、八木秀次 2009年10月)

国民を欺いて「市民中心社会」の実現を目指すのは誰か
輿石 東

保守論壇誌「諸君!」を休刊に追い込んだのは誰か
斉藤貴男

文民統制の名を借りて言論封殺を謀る人民は誰か
秦郁彦、朝日、毎日、読売、五百旗真
日本の名誉回復を阻む歴史観に拘泥する "論客" は誰か
石破茂

日本を主体性なきハンディキャップ国家へと導くのは誰か
櫻田淳、岡本行夫

敗北に抱きしめられた「敗戦利得者」は誰か
北岡伸一、ジョン・ダワー

昭和史=侵略の歴史」という "定説" にしがみつくのは誰か
半藤一利、保阪正康、秦郁彦

他国との摩擦回避に血道を上げる不作為の "人士" は誰か
櫻田淳、石破茂

国際社会の現実が見えていない「現実主義者」は誰か
石破茂、村田晃嗣、NHK

個人主義を唱導して共同体を破壊するのは誰か
田嶋陽子


なおこれは目次に載った氏名だけを列記している。

何度読み返しても同感する内容である。

なお⇒「国を語る作法」(渡部昇一 2003年5月)も読み返すべき本である。
大きな字で読みやすい。

「アメリカは北朝鮮に対して打つ手がない」(54頁)は現在の朝鮮半島有事を迎えたいの感慨深い。
当時はトランプ大統領の出現は想像だに出来なかった。
今こそ北朝鮮を叩き潰すチャンスである。

戦後70年以上も経って渡部氏らの努力によってようやく日本人も目覚めてきた。
それには真実を伝えるネットの普及が大いに寄与している。
既成メディアは反日勢力の一部であり、それをネットが突き崩そうとしている。

渡部氏の理想とする日本はいつ実現するのだろか。

【追記】次のような著作もある

⇒歴史の真実 日本の教訓(2005年5月)

⇒日本国憲法無効宣言(渡部昇一 南出喜久治 2007年4月)






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |